37件中 11 - 20件表示
  • 1931年の音楽

    1931年の音楽から見た二葉百合子二葉百合子

    6月23日 - 二葉百合子(東京都、演歌歌手)1931年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤 やす子

    内藤やす子から見た二葉百合子二葉百合子

    父は寿々木菊若、母は三原咲子の芸名を持つ浪曲師であったが、泰子の生後間もなく一家で東京都板橋区に移り、新聞販売店を始める。幼少期から三味線、長唄、小学校3年から柔道を習う(初段)。中学時代に二葉百合子の弟子になるが、三年で辞め、17歳のときアマチュアのロックバンドのボーカルとなる。マリファナはこの時代に覚える。内藤やす子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田まさと

    藤田まさとから見た二葉百合子二葉百合子

    『岸壁の母』(昭和29年10月)[平川浪竜作曲、歌:菊池章子(1972年、二葉百合子によって再ヒット)]藤田まさと フレッシュアイペディアより)

  • 沢村豊子

    沢村豊子から見た二葉百合子二葉百合子

    佃雪舟のもと5年の年季奉公・1年の御礼奉公の後、17歳の時に当時売り出し中の浪曲師・国友忠が主催する「浪曲教室」に参加する。「浪曲教室」においては講師として招かれた広沢虎造や二葉百合子をはじめとしたプロの浪曲師達、またプロ級の腕を持つ多数の素人(天狗連)の多種多様な節を弾きこなそうと精励する事によって腕を磨き、芸の幅を広めた。それ以来、国友忠の相三味線となり、約30年間務める事となる。その音締めが特徴の一つである。沢村豊子 フレッシュアイペディアより)

  • 歌謡浪曲

    歌謡浪曲から見た二葉百合子二葉百合子

    女流では関東の天津羽衣や二葉百合子、関西の二代目春野百合子、冨士月の栄、三代目日吉川秋水などの大きな流れ自体がほぼ歌謡浪曲そのものであった。つまり、浪曲界に籍を置きながら(三味線伴奏の旧来の浪曲も演じながら)、同時に歌謡界にも存在を示す(洋楽器伴奏の浪曲、または浪曲の色が薄い歌もリリースする)事が、特に女流においては主流となっていた。後に入門する弟子たちも境目をあまり大きく意識することなく、演歌歌手から浪曲師へ転じる例・兼業する例は近年においても珍しいものではない。歌謡浪曲 フレッシュアイペディアより)

  • 第18回日本レコード大賞

    第18回日本レコード大賞から見た二葉百合子二葉百合子

    大衆賞は、郷ひろみ、キャンディーズ、中村雅俊、二葉百合子、加山雄三の5組がノミネートされ、郷の受賞が決定した。第18回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ浪曲道場

    テレビ浪曲道場から見た二葉百合子二葉百合子

    浪曲専門の視聴者参加型番組で、毎回参加者たちが自慢ののどを競いあっていた。司会は大野しげひさと小鹿ミキが、審査員は三遊亭圓歌、二葉百合子、中村富士丸が務めていた。テレビ浪曲道場 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の音楽

    2011年の音楽から見た二葉百合子二葉百合子

    6日 - 前年に引退を表明した演歌歌手の二葉百合子が、東京・NHKホールでの最終公演を以て77年の歌手生活に幕。2011年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • この人○○ショー

    この人○○ショーから見た二葉百合子二葉百合子

    10月3日「この人二葉百合子ショー」この人○○ショー フレッシュアイペディアより)

  • 玉川カルテット

    玉川カルテットから見た二葉百合子二葉百合子

    二葉しげる(ふたば しげる):ギター担当。1939年生まれ。コミックバンドのメンバーを経て、1964年に上京し二葉百合子や4代目天中軒雲月に師事する。1965年に松浦と共に玉川ゆたかに誘われ加入。コブシ回しが売り物。メンバーの中で一番背が低く「金も要らなきゃ 女も要らぬ 私ゃも少し 背が欲しい」という一節は「玉川カルテット」の代名詞となっていた。身長145cm。玉川カルテット フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「二葉百合子」のニューストピックワード