24件中 11 - 20件表示
  • 岸壁の母

    岸壁の母から見た二葉百合子二葉百合子

    この歌は、昭和47年(1972年)にはキングレコードから二葉百合子が浪曲調で吹き込んだ。LPレコード、シングル、テープを合わせて(250万枚)の大ヒットとなり、昭和51年(1976年)には中村玉緒主演で映画化された。さらに、昭和52年(1977年)に市原悦子主演でドラマ化(「岸壁の母」)された。今も二葉百合子の十八番として息長く歌い継がれている。岸壁の母 フレッシュアイペディアより)

  • 玉川良一

    玉川良一から見た二葉百合子二葉百合子

    『母のなみだ』(歌唱:二葉百合子玉川良一 フレッシュアイペディアより)

  • 演歌歌手

    演歌歌手から見た二葉百合子二葉百合子

    二葉百合子(ふたば ゆりこ)演歌歌手 フレッシュアイペディアより)

  • 夜明けの刑事

    夜明けの刑事から見た二葉百合子二葉百合子

     三船プロダクション制作の時代劇『荒野の素浪人』(NET)などで俳優としての頭角を表し始めていた坂上二郎の連続ドラマ初主演作品であり、「コント55号」での「コメディアン・坂上二郎」から「俳優・坂上二郎」としてのイメージを決定付けた作品でもある。本作は素朴で人情味豊かなキャラクターの刑事が主人公であるが故に地味な作風だが、人情話の要素を軸に、社会性の強いシリアス調のエピソードや、当時流行した歌や映画、風俗などを題材にしたエピソードなど、バラエティに富んだ内容となっている。キャスト面では坂上の他、石立鉄男、石橋正次、鈴木ヒロミツ、藤木敬士といった顔ぶれで、石立、石橋、鈴木の三人は本作の前番組『事件狩り』からのスピンオフ出演であった。中でも石立が演じた相馬課長は、『事件狩り』で自身が演じた主人公・大山竜介のキャラクターそのままに、強烈なリーダーシップを発揮する上司像で番組を引き締める存在だったが第82話で降板している。また第42話で石橋が降板し、第43話から水谷豊が加入するなど、途中でレギュラー出演者の変更があった。ゲスト出演者の顔触れも多彩で、第2話にはキャロル、第27話では当時、同じTBS系列放映、大映テレビ制作の人気ドラマ「赤いシリーズ」で主演も務めていた山口百恵のほか、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、中条きよし、二葉百合子といった当時の人気歌手やバンドが出演した。夜明けの刑事 フレッシュアイペディアより)

  • 家族で選ぶにっぽんの歌

    家族で選ぶにっぽんの歌から見た二葉百合子二葉百合子

    二葉百合子(岸壁の母)※テレビ最終出演家族で選ぶにっぽんの歌 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田まさと

    藤田まさとから見た二葉百合子二葉百合子

    『岸壁の母』(昭和29年10月)[平川浪竜作曲、歌:菊池章子(1972年、二葉百合子によって再ヒット)]藤田まさと フレッシュアイペディアより)

  • 葛飾区

    葛飾区から見た二葉百合子二葉百合子

    二葉百合子(演歌歌手・浪曲師)葛飾区 フレッシュアイペディアより)

  • 靖国神社

    靖国神社から見た二葉百合子二葉百合子

    「九段の母」(塩まさる、二葉百合子ほか)靖国神社 フレッシュアイペディアより)

  • 演歌

    演歌から見た二葉百合子二葉百合子

    母物…菊池章子・二葉百合子「岸壁の母」、金田たつえ「花街の母」など。演歌 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年の音楽

    1976年の音楽から見た二葉百合子二葉百合子

    17位 二葉百合子:『岸壁の母』1976年の音楽 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示