285件中 91 - 100件表示
  • 大日本沿海輿地全図

    大日本沿海輿地全図から見た五島列島五島列島

    最も詳細に描かれた地図。北は宗谷岬、南は屋久島、東は国後島、西は五島列島までの海岸線および内陸河川の形状をつぶさに描く。その他、地図内には国郡名、境界線、領主名、村落、寺社名、河川名、磯・浜の種類、田畑、塩田なども記入し、海岸線のみならず、詳細な地図情報が記載されている。なお、大図には緯線・経線は記入されていない。大日本沿海輿地全図 フレッシュアイペディアより)

  • 黒井明

    黒井明から見た五島列島五島列島

    同年11月、霞ヶ浦海軍航空隊教官となり、大尉へ進級。1932年(昭和7年)「愛宕」乗組みとなり同艦飛行長となる。翌年連合艦隊基本演習に参加し、3月4日の発艦飛行演習中に高知県室戸岬沖で行方不明となる。海軍省が認定した殉職日は3月10日であった。同年、白川兵曹は五島列島付近で殉職した。黒井ら海兵51期の航空機での殉職者は14名である。米沢海軍武官会会員。黒井明 フレッシュアイペディアより)

  • ツシマヒラタクワガタ

    ツシマヒラタクワガタから見た五島列島五島列島

    似た特徴を持つ国内亜種としては壱岐のイキヒラタクワガタや五島列島のゴトウヒラタクワガタが知られる。ツシマヒラタクワガタ フレッシュアイペディアより)

  • 五ツ嶋奈良男

    五ツ嶋奈良男から見た五島列島五島列島

    五ツ嶋 奈良男(いつつしま ならお、1912年12月22日 - 1973年5月6日)は、長崎県南松浦郡奈良尾村(のち奈良尾町、現:新上五島町)出身の大相撲力士。最高位は大関。現役時代は出羽海部屋に所属。本名は金崎伊佐一。四股名は出身地の五島列島に、下の名は生まれた町の名に因んでつけたものである。現役時代の体格は173cm、112.5kg。得意手は左四つ、巻き落とし、下手捻り。五ツ嶋奈良男 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立中五島高等学校

    長崎県立中五島高等学校から見た五島列島五島列島

    長崎県立中五島高等学校(ながさきけんりつ なかごとうこうとうがっこう)は、長崎県南松浦郡新上五島町宿ノ浦郷にある県立高等学校。五島列島の中部中通島の南部に位置している。長崎県立中五島高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立富江高等学校

    長崎県立富江高等学校から見た五島列島五島列島

    長崎県立富江高等学校(ながさきけんりつ とみえこうとうがっこう)は、かつて長崎県五島市にあった県立高等学校。閉校するまで五島列島の最南端にある高等学校であった。略称は「富校」(とみこう)」。長崎県立富江高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • あきつ丸

    あきつ丸から見た五島列島五島列島

    1944年11月15日 - ヒ81船団に加入してマニラへの陸軍部隊の輸送任務中、五島列島沖において、アメリカ海軍潜水艦「クイーンフィッシュ」の雷撃を受け弾薬が誘爆炎上、転覆沈没。輸送中の兵員含め2,300名戦死。あきつ丸 フレッシュアイペディアより)

  • 杜氏

    杜氏から見た五島列島五島列島

    長崎県北松浦郡小値賀町。五島列島の杜氏集団。すでに人数が減少。消滅の危機。杜氏 フレッシュアイペディアより)

  • 瓜生島

    瓜生島から見た五島列島五島列島

    別府湾内には、瓜生島の隣に久光島という島があって、瓜生島と共に沈んだとされる。また、日本国内では、高麗島(長崎県五島列島)や万里ヶ島(鹿児島県甑島列島)に関して、瓜生島と殆ど同じ沈没伝説が伝わっている。瓜生島 フレッシュアイペディアより)

  • カナブン

    カナブンから見た五島列島五島列島

    日本では本州・四国・九州のほか、佐渡島・伊豆諸島・隠岐諸島・対馬・壱岐島・五島列島・種子島・屋久島・黒島に生息する。海外では朝鮮半島・済州島・中国大陸に見られる。低地から山地まで全般的に生息している。カナブン フレッシュアイペディアより)

285件中 91 - 100件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード