431件中 111 - 120件表示
  • 粟田真人

    粟田真人から見た五島列島五島列島

    慶雲元年(704年)、白村江の戦い以来捕虜になっていた者を連れて五島列島福江島の西端 玉之浦へ漂着して帰国。功績により大和国に田20町、穀1000石を賜与された。慶雲2年(705年)4月、大納言の定員を2人削減するとともに、大宝令制定に伴い廃止されていた中納言が朝廷の議政官として復活し(「令外の官」の始まり)、高向麻呂・阿倍宿奈麻呂と共に任命された。入唐で得た知識を生かすべく慶雲の改革において、律令制施行直後の体制改革に参画。律令の実情に即した不具合の修正に参加した。粟田真人 フレッシュアイペディアより)

  • 富江町

    富江町から見た五島列島五島列島

    五島列島福江島の南部に位置する。富江町 フレッシュアイペディアより)

  • 三井楽町

    三井楽町から見た五島列島五島列島

    五島列島福江島の北西部に位置する。三井楽町 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・アップルトン・フィアリー

    ロバート・アップルトン・フィアリーから見た五島列島五島列島

    内海の島々、隠岐列島、佐渡、奥尻、礼文、利尻、対馬、竹島、五島列島、琉球北部、伊豆諸島などは、いずれも古くから日本領と認識されているが、これらの島々は日本が保持することになるであろうと考えられている。ロバート・アップルトン・フィアリー フレッシュアイペディアより)

  • 鰐川 (長崎県)

    鰐川 (長崎県)から見た五島列島五島列島

    鰐川(わにがわ)は、五島列島の福江島中央部の山内盆地から北東へ流れ、岐宿湾へ注ぐ二級河川である。流域は全て長崎県五島市に属する。鰐川 (長崎県) フレッシュアイペディアより)

  • メジロ

    メジロから見た五島列島五島列島

    北海道、本州、四国、九州、佐渡、隠岐、対馬、壱岐、五島列島に分布する。韓国南部にも分布する。メジロ フレッシュアイペディアより)

  • 策彦周良

    策彦周良から見た五島列島五島列島

    天文6年(1537年)周防国の戦国大名大内義隆の主催により、明に勘合貿易船(遣明船)を派遣を計画した際に、副使に任命される(正使は湖心蹟鼎)。寧波の乱以降、日明貿易の主体は大内氏に移っていたが、形式上は室町幕府の正式な使節であった。実際には翌々年の4月19日(1539年5月7日)に3隻に分乗した460名の船団を率い五島列島を出帆する。同5月2日温州府に到着。しばらく同地に滞在し、翌年3月2日北京に入城、朝貢任務を果たす。5月28日(7月2日)に北京を離れて寧波へ向かい、風待ちの後、帰国したのは同10年6月26日(1541年7月19日)であった。策彦周良 フレッシュアイペディアより)

  • フェリー椿

    フェリー椿から見た五島列島五島列島

    先に長崎 - 五島航路に就航したフェリー出島より小型であるが、航海区域となる東シナ海の海況および離島である五島列島の港湾設備を考慮して、復原性、操縦性に特に配慮して設計された。フェリー椿 フレッシュアイペディアより)

  • 岐宿町

    岐宿町から見た五島列島五島列島

    五島列島福江島の中部に位置する。岐宿町 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦弘定

    松浦弘定から見た五島列島五島列島

    平戸へ復帰した弘定は、昌と和議を結び、和議の証として昌の子・源三郎(松浦興信)を養子に迎えた。また、箕坪合戦の際、連合軍に加担した佐々の佐々氏や江迎の深江氏等を次々と降し勢力下に置き、明応7年(1498年)11月2日には、大智庵城を攻め、嫡流・相神浦松浦氏当主となっていた定の子政を滅ぼし、勢力を拡大。次代・興信以降の平戸松浦氏の基礎を作る。永正10年(1513年)には、五島列島を治める宇久氏家中の内乱(玉之浦納の反乱)で自刃した宇久囲の子・盛定が落ち延びてくると弘定はこれを保護している。松浦弘定 フレッシュアイペディアより)

431件中 111 - 120件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード