431件中 131 - 140件表示
  • 新上五島町立青方小学校

    新上五島町立青方小学校から見た五島列島五島列島

    略称「青小」(あおしょう)。五島列島の中通島に位置している。新上五島町立青方小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 山神神社 (新上五島町続浜ノ浦郷)

    山神神社 (新上五島町続浜ノ浦郷)から見た五島列島五島列島

    また、当社横には五島列島で1ヶ所のみ現存する平戸藩・続代官屋敷跡がある。山神神社 (新上五島町続浜ノ浦郷) フレッシュアイペディアより)

  • 新上五島町立今里小学校

    新上五島町立今里小学校から見た五島列島五島列島

    略称「今小」(いましょう)。五島列島の中通島に位置している。新上五島町立今里小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 新上五島町立浜ノ浦小学校

    新上五島町立浜ノ浦小学校から見た五島列島五島列島

    略称「浜小」(はましょう)。五島列島の中通島に位置している。新上五島町立浜ノ浦小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 金剛丸

    金剛丸から見た五島列島五島列島

    1950年7月、朝鮮戦争のためアメリカ軍の傭船となる。1951年10月26日、釜山から佐世保港へ向かう途中、ルース台風のため五島列島宇久島沖で座礁し、傭船解除となる。離礁不可能のため、1953年10月に売却され、現地で解体された。金剛丸 フレッシュアイペディアより)

  • 明星院 (五島市)

    明星院 (五島市)から見た五島列島五島列島

    五島では最も古くからある寺院で空海により真言宗へ改宗し、五島列島の大半を治めた福江藩五島氏代々の祈願寺とされ栄えた。明星院 (五島市) フレッシュアイペディアより)

  • ティノサ (潜水艦)

    ティノサ (潜水艦)から見た五島列島五島列島

    6月7日、ティノサは7回目の哨戒で東シナ海に向かった。6月15日未明、ティノサはの地点で爆発音と砲声を聴取し、その方向にレーダーの手ごたえがあった。やがて輸送船団を発見し、魚雷を6本発射するも命中しなかった。6月18日午後にはの五島列島沖合いで、3本マストを持つ150トン級のトロール船を発見し、ティノサは浮上して攻撃したが相手は意外としぶとく、ティノサは弾薬の無駄遣いを抑制するため油を浸したボロ布をいくつか投げつけ、さらに重油をかけた上で火を放つことで、ようやく撃沈することができた。6月22日夕刻にもの地点で50トン級サンパンを発見して機銃で撃ち沈めた。6月23日には僚艦シーライオン (USS Sealion, SS-315) およびタング (USS Tang, SS-306) と会合。3隻は福江島と甑島列島を結ぶ海域を新たな哨戒海域に設定した。7月3日夜半、ティノサはの五島列島南南西16キロ地点で門司に向かっていたタモ20B船団を発見。ティノサは艦尾発射管から魚雷を2本、艦首発射管から魚雷を4本発射し、魚雷は3本が貨客船賀茂丸(日本郵船、8,524トン)に命中してこれを撃沈。応急タンカー崑山丸(大連汽船、2,733トン)にも魚雷を命中させて撃沈した。7月10日にはの地点で100トン級トロール船を撃沈した。7月30日、ティノサは54日間の行動を終えて真珠湾に帰投。西海岸のハンターズ・ポイント海軍造船所に回航されオーバーホールに入った。また、艦長がリチャード・C・リーサム少佐(アナポリス1934年組)に代わった。ティノサ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ミナミヤモリ

    ミナミヤモリから見た五島列島五島列島

    中国、台湾、日本に分布する。日本国内の詳細な自然分布域は、九州南部、大隅諸島(馬毛島・種子島・屋久島を除く)、トカラ列島(小島・小宝島・宝島を除く)、奄美諸島(枝手久島を除く)、沖縄諸島、先島諸島(嘉弥真島、波照間島、北小島を除く)であり、神奈川県、静岡県、和歌山県、八丈島、屋久島、五島列島には移入個体群が定着している。ミナミヤモリ フレッシュアイペディアより)

  • 番岳 (長崎県五島市伊福貴町)

    番岳 (長崎県五島市伊福貴町)から見た五島列島五島列島

    番岳(ばんだけ)は長崎県五島市、五島列島椛島にある標高264mの山。番岳 (長崎県五島市伊福貴町) フレッシュアイペディアより)

  • 岩間好一

    岩間好一から見た五島列島五島列島

    出身地は五島列島の新上五島町。生年月日は特定されていないが、岩間の逮捕履歴などの推測で1968年生まれと推定される。幼少期に岩間父の姉が中部地方に引っ越さないかと岩間の親戚を誘い、岩倉に越してきた。その後岩間が16歳の頃に現在の家に引っ越している。一度は地元市役所で仕事に就き水道局の臨時職員となったものの解雇された。近所の女性によると、この解雇を契機として精神に異常をきたし始めたという。その後はキャノンの工場で派遣社員として働いたが、職場いじめのストレスから110番にいたずら電話をかける癖がつくようになり、2006年1月20日には一日1072回ものいたずら電話をかけた。このうち約100回は「ばかやろう」「逮捕してみろ」などという罵詈雑言であったが、それ以外は無言であった。警察が「あなたね、いい加減にしないと逮捕するよ」と警告すると、当時の岩間は「できるものならやってみろ」と啖呵を切って返したが、結果的には本当に逮捕されることとなった。判決は懲役1年4か月であった。さらに、逮捕歴はこれに留まらなかった。1990年12月に新車購入したトヨタ・MR2を2009年に八剱町の軽専門自動車販売店で廃車手続きした際、手違いが起きたらしく、「車と金を返せ」といって怒鳴り込むなどして同店へ7, 8回訪問。このとき、店長や修理工と傷害沙汰になったため、店長の通報で現行犯逮捕された。20日という最長の期間で拘留されたのちに起訴。岩間好一 フレッシュアイペディアより)

431件中 131 - 140件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード