285件中 11 - 20件表示
  • 長崎県立奈留高等学校

    長崎県立奈留高等学校から見た五島列島五島列島

    長崎県立奈留高等学校(ながさきけんりつ なるこうとうがっこう, Nagasaki Prefectural Naru High School)は、長崎県五島市にある県立高等学校。五島列島を構成する島の一つである奈留島にある。略称は「奈留高」(なるこう)。長崎県立奈留高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 王直

    王直から見た五島列島五島列島

    1540年には日本の五島に来住し、1542年に松浦隆信に招かれて平戸に移った。そして1553年に烈港が再び明軍によって攻撃されると王直は活動拠点を五島や平戸に移したとされている。地方官憲や郷紳らと通じ、養子や甥の王汝賢らを幹部に密貿易を拡大。1543年(日本暦天文12)ともされる日本への鉄砲伝来にも「五峯」が関っていたとも言われ、王直の乗るジャンク船が種子島へ漂着、同乗していたポルトガル人が日本に鉄砲を伝えたとされる。このジャンク船はアユタヤを出航し、双嶼に向かっていた。また、豊後国の戦国大名である大友宗麟とも接触をもったと考えられている。王直 フレッシュアイペディアより)

  • 南松浦郡

    南松浦郡から見た五島列島五島列島

    南松浦郡(みなみまつうらぐん)は、長崎県の五島列島に位置する郡である。南松浦郡 フレッシュアイペディアより)

  • 新上五島町

    新上五島町から見た五島列島五島列島

    新上五島町(しんかみごとうちょう)は、長崎県五島列島の中通島・若松島とその周囲の島を町域とする町である。現在では南松浦郡唯一の地方自治体となっている。新上五島町 フレッシュアイペディアより)

  • 隠れキリシタン

    隠れキリシタンから見た五島列島五島列島

    幕末の開国後の1864年(元治元年)、長崎の大浦天主堂を浦上(現・長崎市浦上)在住の信者が訪ねてきたこと(「信徒発見」と呼ばれる)から、潜伏キリシタンの存在が国内外で知られるようになった。その後、浦上の他にも長崎県の外海や五島などでも信仰を表明する者が多数あらわれた。しかしキリスト教はいまだ禁教であったため、信仰を表明した信者は投獄や拷問によって棄教を迫られ、あるいは全国に配流されるなどの大規模な弾圧にあった(浦上四番崩れ・五島崩れ)。明治政府によるキリスト教弾圧は諸外国の非難・批判を招くことになり、いわゆる『外圧』によって1873年(明治6年)に、江戸幕府以来の『キリシタン禁教令』が解かれることとなる。それ以降はキリスト教信者ということだけで重罪に処されることが無くなり、一部を除く多くのキリシタンたちが堂々とキリスト教信仰を表明し、再宣教のために来日したパリ外国宣教会などによって、祖先の信じたカトリック教会の信仰に復帰することとなった。現在では日本国憲法により『信教の自由』が保証されているため、定義上潜伏キリシタンは現存しない。隠れキリシタン フレッシュアイペディアより)

  • 西帰浦市

    西帰浦市から見た五島列島五島列島

    済州島の南部にあり、北側は済州市と漢拏山に接し、南側は朝鮮海峡や五島列島を臨む。五島列島とはわずか180キロメートルの距離である。西帰浦市 フレッシュアイペディアより)

  • 河童

    河童から見た五島列島五島列島

    北海道のミントゥチが伝承しかないのに対し、九州、五島列島、沖縄などでは近世の目撃が非常に多い。河童 フレッシュアイペディアより)

  • 宇久町

    宇久町から見た五島列島五島列島

    宇久町(うくまち)は、長崎県北松浦郡の離島にあった町。五島列島最北端に位置する。近隣の文化圏は佐世保市。2006年(平成18年)3月31日に佐世保市へ編入された。宇久町 フレッシュアイペディアより)

  • 本城 (肥前国)

    本城 (肥前国)から見た五島列島五島列島

    五島列島北部の小値賀島の、北東端の半島にある標高111.3mの本城岳に建てられた。南北は断崖、東側は山麓と海に囲まれ、山頂から五島列島およびそこを往来する船舶を一望できる要衝だった。土塁や空堀、石塁などが現在に残る。本城 (肥前国) フレッシュアイペディアより)

  • 小黒島

    小黒島から見た五島列島五島列島

    小黒島(こくろしま)は、五島列島の小値賀島の南にある島。長崎県北松浦郡小値賀町に属する。小黒島 フレッシュアイペディアより)

285件中 11 - 20件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード