285件中 31 - 40件表示
  • 歩兵第55連隊

    歩兵第55連隊から見た五島列島五島列島

    9月 - 軍旗拝受、第18師団隷下となる、以後は五島列島富江付近で上陸訓練を重ねる歩兵第55連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 深川造船所

    深川造船所から見た五島列島五島列島

    この時期、深川汽船は15隻の船舶を保有、その総トン数は19,805tに達し、これらが就航する定期航路も若津から大連・シンガポール・ジャワへ向かう南洋線、同じく大連・営口・天津へ向かう北清線、若津から三角・阪神地方を経由して東京へ至る東京線、若津から長崎・佐世保・伊万里・博多・関門・高浜・今治・多度津などを経由して大阪に至る大阪線。若津から長崎の五島列島へ向かう長崎五島線、そして鹿児島と種子島・屋久島の間を結ぶ鹿児島種子屋久線の6路線を数えていた。また、傭船として運用されていた船舶については傭船料や運賃が高騰、その利益によって大正初期に起きた事業不振の際の欠損金613,000円や事業整理費用を埋め合わせて有り余る巨額の利益を会社にもたらした。この利益によって簿価33万9千円の船価償却が行われ、さらに7万円分の株式配当がこの時期に行われている。深川造船所 フレッシュアイペディアより)

  • 五島汽船

    五島汽船から見た五島列島五島列島

    長崎市と五島列島福江島の五島市を結ぶ航路。五島汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 島田吉蔵

    島田吉蔵から見た五島列島五島列島

    島田は迫害を逃れ五島列島に移住した潜在キリシタン一家の末子として江袋で生を受け、父・文作、母・自勢のもと、特に母から厳しい教育とキリシタンとして育てられた。1867年ごろ、五島にカトリック司祭が来ている話を聞くと、キリシタン達が密かに司祭に会いに行き、彼も母に連れられミサを初めて与った。その後、江袋のキリシタン達は相次いで洗礼を受け、吉蔵も姉・千代のあとを追って長崎で受洗した。家族全員が受洗し母は偽装のために使用した神棚を破壊した。このことが世間に知れ渡り吉蔵は母の助けにより迫害の難を逃れた。母から「司祭になるように」と言われた吉蔵は長崎の大浦天主堂横の司祭館に身を寄せ司祭になる勉強を始め、キリシタン検挙による迫害から久賀島への逃避を経て、香港に向かった。途中、髷を切り落とし神学生としての生活を送り、帰国した。1873年(明治6年)、禁教令が解かれ吉蔵らはじめ日本人神学生は本格的に東京で神学を修め、1887年(明治20年)3月17日、日本人では禁教令廃止後初めて司祭叙階した。故郷の五島で初ミサを挙げ、熊本、大分、鹿児島など九州各地へ布教し教会を開設した。また、鹿児島でプロテスタント信者や漢学者とのやり取りや浪人たちに襲われたりしたが彼はそれにも怯まなかった。第2次世界大戦を潜り抜けて1948年(昭和23年)、最後の司牧地である鯛の浦教会で死去、同地に埋葬された。島田吉蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 明星院 (五島市)

    明星院 (五島市)から見た五島列島五島列島

    五島では最も古くからある寺院で空海により真言宗へ改宗し、五島列島の大半を治めた福江藩五島氏代々の祈願寺とされ栄えた。明星院 (五島市) フレッシュアイペディアより)

  • 有川神楽

    有川神楽から見た五島列島五島列島

    有川神楽(ありかわかぐら)は、長崎県新上五島町有川郷(旧有川町)有川神社に伝わる神楽である。鯛ノ浦地区を除く旧有川町内各地と西海市平島の神社の例祭の際に奉納される。平成14年(2002年)2月12日、有川神楽を含む五島列島の6つの神楽が五島神楽として国の選択無形民俗文化財に指定された。有川神楽 フレッシュアイペディアより)

  • 山神神社 (新上五島町続浜ノ浦郷)

    山神神社 (新上五島町続浜ノ浦郷)から見た五島列島五島列島

    また、当社横には五島列島で1ヶ所のみ現存する平戸藩・続代官屋敷跡がある。山神神社 (新上五島町続浜ノ浦郷) フレッシュアイペディアより)

  • 雄嶽日枝神社

    雄嶽日枝神社から見た五島列島五島列島

    標高439.2m。古称は「御(雄)嶽(おんたけ)」といい、古くから山岳信仰の対象とされてきた。1合目辺りには一の宮神社があり、8合目には二の宮神社址がある。山頂には本宮である山王宮が鎮座している。また、古くから近海における航海時の標識としての役割を果たしており、遣唐使が五島列島を寄港地とした際には航海の安全を当山に祈念したと伝えられる。雄嶽日枝神社 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川栄治

    吉川栄治から見た五島列島五島列島

    吉川 榮治(よしかわ えいじ、1949年8月 - )は、国文学者(古今和歌集などを研究)。滋賀大学理事、副学長、教育学部教授。元代々木ゼミナール古文科講師。長崎県五島列島福江島出身。吉川栄治 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和60年台風第13号

    昭和60年台風第13号から見た五島列島五島列島

    台風13号が九州に上陸した翌日の9月1日には、8月29日に九州の南海上を西進し、東シナ海で停滞していた台風12号が進路を北東に変え、8月31日 - 9月1日にかけて五島列島を通り対馬海峡から日本海へと進み、九州では2つの台風が奇襲することとなり、高潮や大雨、漁船の遭難が相次いだ。昭和60年台風第13号 フレッシュアイペディアより)

285件中 31 - 40件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード