431件中 61 - 70件表示
  • 新上五島町立東浦小学校

    新上五島町立東浦小学校から見た五島列島五島列島

    新上五島町立東浦小学校(しんかみごとうちょうりつ ひがしうらしょうがっこう)は長崎県南松浦郡新上五島町阿瀬津郷にある公立小学校。略称「東小」(ひがししょう)。五島列島の中通島に位置している。新上五島町立東浦小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍黒麻呂

    安倍黒麻呂から見た五島列島五島列島

    天平12年(740年)10月に藤原広嗣の乱にて逃亡中であった藤原広嗣を肥前国松浦郡値嘉嶋長野村(現在の長崎県北松浦郡宇久町小浜郷長野。五島列島の宇久島のうち)で捕縛した。黒麻呂の出自は不明だが、乱の鎮圧軍の将だった阿倍虫麻呂と同族の武人と推察される。当時、黒麻呂は無位・進士だった。その後、天平宝字5年(761年)時点で日向守になっている。安倍黒麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 740年

    740年から見た五島列島五島列島

    11月16日(天平12年10月23日)- 肥前国松浦郡値嘉嶋(五島列島)に潜んでいた広嗣が安倍黒麻呂に捕まる。740年 フレッシュアイペディアより)

  • 伊号第三百六十七潜水艦

    伊号第三百六十七潜水艦から見た五島列島五島列島

    1946年4月1日 - 五島沖で海没処分。伊号第三百六十七潜水艦 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎村 (愛媛県)

    三崎村 (愛媛県)から見た五島列島五島列島

    正野・串・与侈などの集落では漁業が発達した。鰯、鰤のほか、磯に恵まれておりアワビ、サザエ、テングサなどの海藻類など。漁船によるもののほか、特に海士による素もぐり漁に特徴がある。漁法の特徴からみて沖縄や五島列島から伝わったものとの説もある。宇和島藩伊達秀宗が建立した野坂大権現の棟札には大蛸が抱えていた光る珠を海士が引き上げ祭ったという言われもあり、17世紀頃には既に海士漁が成立していたことを示すものとされる。1881年(明治14年)には串浦の岡崎孫太郎ら10数名が初めて朝鮮半島沿岸でアワビ取りに従事した。大正年間にピークを迎え、当時はほとんどの海士が海外出漁の経験があったとの記録がある。三崎村 (愛媛県) フレッシュアイペディアより)

  • 五島市立嵯峨島小中学校

    五島市立嵯峨島小中学校から見た五島列島五島列島

    1878年(明治11年)- 郡制の実施により、松浦郡が4分割され、五島列島部分(宇久・小値賀を除く)は南松浦郡に属することとなる。五島市立嵯峨島小中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 第十三号型駆潜艇

    第十三号型駆潜艇から見た五島列島五島列島

    第十七号駆潜艇:1941年7月31日竣工(石川島)。1945年4月28日、五島列島にてアメリカ潜水艦スプリンガー(SS-414)の雷撃により喪失。第十三号型駆潜艇 フレッシュアイペディアより)

  • 沖ノ神島神社

    沖ノ神島神社から見た五島列島五島列島

    沖ノ神島神社(沖ノ神嶋神社、神島(嶋)神社、おきのこうじまじんじゃ)は、長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷(野崎島)にある神社。境内の奇岩「王位石」で知られる。島内北端、標高305mの山の中腹の斜面(標高200m超)に建てられ、五島列島に所在する神社では最古の1つとされる。旧社格は郷社。沖ノ神島神社 フレッシュアイペディアより)

  • 二半岳

    二半岳から見た五島列島五島列島

    二半岳(にはんだけ)は、長崎県北松浦郡小値賀町、五島列島の野崎島にある山。標高306.4m。二半岳 フレッシュアイペディアより)

  • 山口仙二

    山口仙二から見た五島列島五島列島

    退院後も顔から胸に残ったケロイド痕に悩まされた。1951年に同校機械科を卒業したが、就職時には学徒動員先だった三菱造船をはじめ多くの企業で体格検査に不合格となった。そのため五島の父親のもとで駄菓子屋と農業をして生活した。1953年には土地を売って長崎市に戻り、1957年まで饅頭屋を営んでいた。山口仙二 フレッシュアイペディアより)

431件中 61 - 70件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード