285件中 81 - 90件表示
  • マリア観音

    マリア観音から見た五島列島五島列島

    その多くは中国製の青磁、あるいは白磁の慈母観音像であった。慈母観音とは中国発祥の観音菩薩像で、稚児を抱き慈愛に満ちた造形表現となっており、肥前(長崎県)の浦上(現・長崎市浦上)や外海、五島などの潜伏キリシタンは、これに聖母マリアを投影してその像とした。その形状は地域によってさまざまであり、中には菩薩像の胸に十字架を彫刻したり、国内で窯焼きされたものもあったと考えられている。これらの像は、キリシタンとして信仰の灯を絶やさぬよう神(デウス)や聖母マリアへ祈りを捧げるのに使われたという。また、潜伏キリシタンがいた地方でも、平戸などマリア観音が用いられなかった地域もある。1873年(明治6年)に禁教令が解かれるまで、この状態は続いた。マリア観音 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎地方海難審判所

    長崎地方海難審判所から見た五島列島五島列島

    佐賀県・熊本県及び長崎県の本土・五島列島沿岸、福岡県の有明海沿岸、鹿児島県の八代海沿岸(阿久根市以北)長崎地方海難審判所 フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保海軍航空隊

    佐世保海軍航空隊から見た五島列島五島列島

    昭和18年5月30日 五島列島沖で対潜掃討。佐世保海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 伊一五三型潜水艦

    伊一五三型潜水艦から見た五島列島五島列島

    1928年(昭和3年)5月15日竣工(横須賀海軍工廠)。1946年(昭和21年)4月1日五島列島沖で海没処分。伊一五三型潜水艦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊一五六型潜水艦

    伊一五六型潜水艦から見た五島列島五島列島

    1929年(昭和4年)3月31日竣工(呉海軍工廠)。1946年(昭和21年)4月1日 五島列島沖で海没処分。伊一五六型潜水艦 フレッシュアイペディアより)

  • 梅 (駆逐艦)

    梅 (駆逐艦)から見た五島列島五島列島

    第三十一戦隊は旗艦の軽巡洋艦「五十鈴」と駆逐艦6隻を以って、南方に進出する戦艦「伊勢」「日向」を護衛することとなった。11月9日に五島列島有川湾を出撃し、馬公経由で南沙諸島長島に到着。その頃、に在泊中の、戦艦「大和」を主力とする第二艦隊(栗田健男中将・海兵38期)は度重なるB-24 の空襲を避け、日本本土に回航して整備を行う事となった。同日夕刻にブルネイ湾を出港した第二艦隊と翌11月17日に「桐」とともに合流。11月20日まで護衛に協力した後、馬公に帰投した。その後、マニラに進出してレイテ島行きの多号作戦に参加する事となる。梅 (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • ツクシマイマイ

    ツクシマイマイから見た五島列島五島列島

    九州と山口県西部、愛媛県の佐田岬半島、長崎県の五島列島・壱岐・対馬、鹿児島県の甑島列島、韓国の済州島など。ツクシマイマイ フレッシュアイペディアより)

  • 県央振興局

    県央振興局から見た五島列島五島列島

    1950年(昭和25年)7月 - 五島列島福江島に福江家畜保健衛生所を設置。県央振興局 フレッシュアイペディアより)

  • 深堀事件

    深堀事件から見た五島列島五島列島

    深堀側は最初に討ち入った10名は切腹、追加の9名は五島列島へ島流し。主の鍋島官左衛門は当時佐賀にいて長崎に不在であったとして御構い(処罰)なし。深堀事件 フレッシュアイペディアより)

  • シーホース (潜水艦)

    シーホース (潜水艦)から見た五島列島五島列島

    10月20日、シーホースは2回目の哨戒で東シナ海に向かった。10月29日から31日の間に、水上戦闘により3隻のトロール船と交戦した後、11月2日には種子島と都井岬に挟まれた海域で、佐伯からパラオに向かっていたオ112船団を発見した。このオ112船団には、すでに前日から僚艦トリガー (USS Trigger, SS-237) が追跡を続けており、2隻は深夜から攻撃を開始した。トリガーがでらごあ丸(日本郵船、7,148トン)と八幡丸(日之出汽船、1,852トン)を撃沈すると、シーホースも護衛艦による攻撃をかいくぐって、4時ごろにうめ丸(栃木汽船。5,859トン)を撃沈し、間髪入れず千早丸(拿捕船、元オランダ船チサロア、7,087トン)も撃沈した。このオ112船団は、後刻ハリバット (USS Halibut, SS-232) の攻撃により、さらに1隻の輸送船を失い、都合5隻の損害を出した。11月22日、シーホースはの地点で、3隻の護衛艦をやりすごした後に大洲丸(大同海運、3,323トン)に向けて4本の魚雷を発射し、命中させて撃沈した。11月26日にも五島列島宇久島北西約50キロ地点で221船団を発見し、対馬海峡に入る前に攻撃。11月27日に入った直後、タンカーさんらもん丸(三菱汽船、7,309トン)に向けて魚雷を発射し、1本が命中したが沈没する気配を見せなかったため、シーホースは約1時間後に再度攻撃。この2回目の攻撃でさんらもん丸は大爆発を起こし、沈没した。その後、11月30日から12月1日にかけても輸送船団を発見して攻撃し、4,800トンの貨物船の撃沈を報じたが、実際には魚雷が早期爆発を起こしたこともあって戦果は挙げられなかった。シーホースはこの攻撃で、全ての魚雷を使い果たした。12月12日、シーホースは53日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。シーホース (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

285件中 81 - 90件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード