120件中 11 - 20件表示
  • 五島列島

    五島列島から見た福岡市

    五島列島までのアクセスは、福岡空港や長崎空港から福江空港に1日3往復程度の航空便があり、8月の2週間程度、関西国際空港から福江空港までの直行便が運航される。船便は長崎港からのフェリー・ジェットフォイル、博多港(福岡市)からのフェリーがある。上五島(中通島・小値賀島・宇久島)へは佐世保港からのフェリー・高速船もある。五島列島は、島同士はお互いに隣り合っているがほとんどが架橋されておらず、しかも鉄道はなく、バスも本数が多くないなど、公共交通機関はあまり便利とはいえない。五島列島を観光するならば一度に五島全部を見ようとせず、観光する島を絞って、事前にレンタカーや貸切タクシーの予約をしておくのも有効である。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た長崎空港

    五島列島までのアクセスは、福岡空港や長崎空港から福江空港に1日3往復程度の航空便があり、8月の2週間程度、関西国際空港から福江空港までの直行便が運航される。船便は長崎港からのフェリー・ジェットフォイル、博多港(福岡市)からのフェリーがある。上五島(中通島・小値賀島・宇久島)へは佐世保港からのフェリー・高速船もある。五島列島は、島同士はお互いに隣り合っているがほとんどが架橋されておらず、しかも鉄道はなく、バスも本数が多くないなど、公共交通機関はあまり便利とはいえない。五島列島を観光するならば一度に五島全部を見ようとせず、観光する島を絞って、事前にレンタカーや貸切タクシーの予約をしておくのも有効である。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た中国

    日本人の先祖の大部分がどこから来たのかについては多くの説があるが、五島列島は済州島や朝鮮半島などに近く、また最近でも中国やベトナムからの難民を乗せた船が何度も五島に流れ着くなどしており、大陸南部から海流にまかせて流されれば五島に着く可能性も充分にある。五島では島々が密集していながら地続きではなく、全体としてはかなり大きいといえる。五島列島のどこにいてもたいてい海が見える。このような自然環境は漁労民には大きな利点であった。遺跡などから考えると、縄文時代の生活は同じ時代の本土と変わらないものであったが、その後弥生時代になると本土発祥の生活様式などがやや遅れて五島に伝わってくるようになったと思われる。ただし、時代が下っても平安時代には後期遣唐使が最後の寄港地とするなど、本土から距離があるとはいえ大陸に近いということもあり、中央の文化と長く隔絶された状況ではなかった。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た旧石器時代 (日本)

    五島列島に人が住み着いたのは早く、一部には旧石器時代にすでに人が住みついていたという。島では旧石器時代以降、縄文時代や弥生時代の遺跡が非常に多く発見されている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た台風

    五島(下五島)では稲作も盛んである。夏場を過ぎると台風の被害を受けることが多いため、早稲の栽培が盛んで、多くの田では8月のお盆休みぐらいには稲刈りを終えてしまう。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見たサンゴ

    昭和の時代においては海産物の水揚げや新しい加工技術の導入や養殖の増加に加え、戦禍をほとんど受けなかったことやサンゴ等の特産物がブームになるなどの幸運もあり、五島の人口は増加していき、最盛期には15万人を数えた。この間、1962年(昭和37年)には五島の中心地福江市の中心市街地が全焼する福江大火による大規模な被害を受けたが、経済成長の時代の勢いもあって見事に復興してむしろ市街地の近代化に成功し、五島藩の城下町とはいえ「離島の小集落」という印象が強かったそれまでの福江市街地を生まれ変わらせている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た九州

    五島列島(ごとうれっとう)は、九州の最西端、長崎港から西に100kmに位置し、北東側から南西側に80km(男女群島まで含めると150km)にわたって大小あわせて140あまりの島々が連なる列島。全島が長崎県に属し、人口は約7万人。自然海浜や海蝕崖、火山景観など複雑で変化に富んだ地形で、ほぼ全域が西海国立公園に指定されるなど豊かな自然景観を有している。島々には多くのカトリック教会が点在し、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界遺産登録を目指す取組みが進められていて、五島観光のひとつとして注目されている。昭和時代には、東シナ海で操業する漁船団の先端基地として栄えた。近年漁獲高は減少しているものの、いまも漁業が重要な産業であり、海産物が名物である。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た禁教令

    1566年にイエズス会宣教師のルイス・デ・アルメイダらが五島にも来島してキリスト教(カトリック)の布教を行っている。これを受けて翌年に領主宇久純定の子の宇久純尭が洗礼を受け、1571年に家督を継いでキリシタン大名となっているが、五島のキリスト教はその直後から豊臣秀吉や江戸幕府によるキリスト教禁止政策(禁教令)よって一度はほぼ完全に衰退している。秀吉の時代には九州各地にかなりキリスト教が浸透していたが、キリシタンへの迫害が始まると多くは棄教するか潜伏キリシタンとなった。1597年に長崎で殉教した日本二十六聖人に中には五島出身の聖ヨハネ五島もおり、現在では福江島の堂崎天主堂 に彼の殉教を祈念する像が建立されている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見たアワビ

    五島列島の周囲は日本屈指の好漁場であり、五島の海産物は古くからよく知られている。現代においても五島の水産物は味がよく、例えば五島の鮑(アワビ)は現代でも中国で最高級品とされるほど有名である。鮑に限らず、同じ海産物であっても都会では味わえないうまさがあるというファンも多い。近年ではインターネットによる通信販売なども盛んになり、都会でも手軽に味わえるようになった。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た関西国際空港

    五島列島までのアクセスは、福岡空港や長崎空港から福江空港に1日3往復程度の航空便があり、8月の2週間程度、関西国際空港から福江空港までの直行便が運航される。船便は長崎港からのフェリー・ジェットフォイル、博多港(福岡市)からのフェリーがある。上五島(中通島・小値賀島・宇久島)へは佐世保港からのフェリー・高速船もある。五島列島は、島同士はお互いに隣り合っているがほとんどが架橋されておらず、しかも鉄道はなく、バスも本数が多くないなど、公共交通機関はあまり便利とはいえない。五島列島を観光するならば一度に五島全部を見ようとせず、観光する島を絞って、事前にレンタカーや貸切タクシーの予約をしておくのも有効である。五島列島 フレッシュアイペディアより)

120件中 11 - 20件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード