178件中 11 - 20件表示
  • 五島列島

    五島列島から見た藤原広嗣

    740年(天平12)に大宰少弐藤原広嗣が乱を起こしたが敗れ、肥前国松浦郡の値嘉嶋長野村(ちかのしまながのむら、現在の宇久島)で逮捕され、断首されている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た粟田真人

    704年 第7次遣唐使船(粟田真人・山上憶良)帰朝の際に玉之浦へ漂着。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見たヨシノサツキ

    漫画「ばらかもん」は五島列島を舞台とした作品で、作者のヨシノサツキは長崎県五島市在住である。2015年にはアニメ化された。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た宇久純尭

    1566年にイエズス会宣教師のルイス・デ・アルメイダらが五島にも来島してキリスト教(カトリック)の布教を行っている。これを受けて翌年に領主宇久純定の子の宇久純尭が洗礼を受け、1571年に家督を継いでキリシタン大名となっているが、五島のキリスト教はその直後から豊臣秀吉や江戸幕府によるキリスト教禁止政策(禁教令)よって一度はほぼ完全に衰退している。秀吉の時代には九州各地にかなりキリスト教が浸透していたが、キリシタンへの迫害が始まると多くは棄教するか潜伏キリシタンとなった。1597年に長崎で殉教した日本二十六聖人に中には五島出身の聖ヨハネ五島もおり、現在では福江島の堂崎天主堂 に彼の殉教を祈念する像が建立されている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見たルイス・デ・アルメイダ

    1566年にイエズス会宣教師のルイス・デ・アルメイダらが五島にも来島してキリスト教(カトリック)の布教を行っている。これを受けて翌年に領主宇久純定の子の宇久純尭が洗礼を受け、1571年に家督を継いでキリシタン大名となっているが、五島のキリスト教はその直後から豊臣秀吉や江戸幕府によるキリスト教禁止政策(禁教令)よって一度はほぼ完全に衰退している。秀吉の時代には九州各地にかなりキリスト教が浸透していたが、キリシタンへの迫害が始まると多くは棄教するか潜伏キリシタンとなった。1597年に長崎で殉教した日本二十六聖人に中には五島出身の聖ヨハネ五島もおり、現在では福江島の堂崎天主堂 に彼の殉教を祈念する像が建立されている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た弘法大師

    五島は九州本土と離れており、大きな工場などもないため、大瀬埼灯台などの雄大な景観や美しい砂浜など手付かずの自然が残っている。素朴な風土やキリシタンの歴史を物語る多くの古いカトリック教会など、五島の観光は他では味わいがたい風情がある。遣唐使の停泊地であったことから遣唐使に関する文物も残されており、福江島には道の駅:五島ふるさと館がある。五島へは弘法大師空海も唐への往復の際に立ち寄っている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た王直

    また、戦国時代には倭寇(後期倭寇)頭目で貿易商人の王直が宇久氏の協力の下で活動の一拠点としている。このように、中世以降の歴史においてもは大陸や朝鮮半島に近いことが五島の運命を決定している。種子島への鉄砲伝来にも主導的な役割を果たしたといわれる王直は「五峰王直」の名でも知られるが、この五峰とは五島の別称である。五という数字を尊ぶ中国の発想から、ヤマトにおける「ちかのしま」は中国からは「五峰」または「五島」と呼ばれるようになり、それが日本にも伝わって五島の呼び名が定着したといわれる。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た景行天皇

    713年 『肥前風土記』「景行天皇九州巡幸の時,従者に命じて五島内を視察させ、海・陸の産物,住民のこと等詳しく報告を受ける。」とある。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た山上憶良

    704年 第7次遣唐使船(粟田真人・山上憶良)帰朝の際に玉之浦へ漂着。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た麻続王

    古事記の国産みにおいて、イザナギ・イザナミが大八州を生んだ後、更に「児島」「小豆島」「大島」「女島」「知訶島(ちかのしま)」「両児島(ふたごのしま)」を生むが、この中の知訶島が五島列島である。古くは福江島を「おおぢか(大知訶、大値嘉)」と呼び、上五島の島を「こぢか」と呼んでおり、現在行政区画上ではたまたま五島列島に入れられていないものの五島列島の一部としてその北に位置する小値賀島(おぢかじま)がその呼称の名残とされる。『日本書紀』天武天皇4年夏4月18日(675年5月17日)の条に「三位麻続王に罪があって因幡に流罪とした際、その子らを伊豆大島とともに「血鹿嶋」に流した」とある。「両児島(ふたごのしま)」についても、五島の南西に離れて浮かぶ男女群島のことであるとするのが通説である。五島列島に比してかなり小さい男女群島は現在の行政区画では五島市 に入るが、この島も女島灯台が設置されるなど近年に至るまで重要な島であった。これらのことからも、古代において五島列島や周辺の島々が中央にもよく知られていたことが分かる。五島列島 フレッシュアイペディアより)

178件中 11 - 20件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード