120件中 31 - 40件表示
  • 五島列島

    五島列島から見た東シナ海

    五島列島(ごとうれっとう)は、九州の最西端、長崎港から西に100kmに位置し、北東側から南西側に80km(男女群島まで含めると150km)にわたって大小あわせて140あまりの島々が連なる列島。全島が長崎県に属し、人口は約7万人。自然海浜や海蝕崖、火山景観など複雑で変化に富んだ地形で、ほぼ全域が西海国立公園に指定されるなど豊かな自然景観を有している。島々には多くのカトリック教会が点在し、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界遺産登録を目指す取組みが進められていて、五島観光のひとつとして注目されている。昭和時代には、東シナ海で操業する漁船団の先端基地として栄えた。近年漁獲高は減少しているものの、いまも漁業が重要な産業であり、海産物が名物である。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た宇久氏

    その後中世に至るまで五島列島の政治勢力に大きな変化はみられなかったが、中世に至ると松浦水軍の松浦党に属した宇久氏が鎌倉時代以降に勢力を伸ばし、宇久島から五島列島のほぼ全域を支配下に収める。宇久氏は14世紀後半に宇久島から拠点を五島列島の南端で最大の島である福江島に移し、玉之浦納の反乱による衰退などを経ながらも、松浦党の中心勢力を統合した近接する平戸島の平戸松浦氏とも良好な関係を維持しつつ戦国大名となった。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た北松浦郡

    五島列島は北東から南西に長く伸びているため、全体を大きく二つに分けて、五島最大の福江島を中心とする南西の島々を「下五島(しもごとう)」、2番目に大きな中通島を中心とする北東部を「上五島(かみごとう)」と呼ぶこともある。現在の行政区域では下五島が五島市、上五島が南松浦郡新上五島町に属する。「下五島」の呼び名はあまり使われないが、「上五島」は「中通島」以上によく使われる呼び名である。また、中通島の北にある宇久島、小値賀島などの島々も、行政区域としては佐世保市、北松浦郡小値賀町に属するもののフェリー・貨物船航路や警察の管轄区域など上五島と共通することも多いため、五島列島の一部とみなされることが多い。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見たカトリック教会

    五島列島(ごとうれっとう)は、九州の最西端、長崎港から西に100kmに位置し、北東側から南西側に80km(男女群島まで含めると150km)にわたって大小あわせて140あまりの島々が連なる列島。全島が長崎県に属し、人口は約7万人。自然海浜や海蝕崖、火山景観など複雑で変化に富んだ地形で、ほぼ全域が西海国立公園に指定されるなど豊かな自然景観を有している。島々には多くのカトリック教会が点在し、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界遺産登録を目指す取組みが進められていて、五島観光のひとつとして注目されている。昭和時代には、東シナ海で操業する漁船団の先端基地として栄えた。近年漁獲高は減少しているものの、いまも漁業が重要な産業であり、海産物が名物である。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た五島市

    五島列島は北東から南西に長く伸びているため、全体を大きく二つに分けて、五島最大の福江島を中心とする南西の島々を「下五島(しもごとう)」、2番目に大きな中通島を中心とする北東部を「上五島(かみごとう)」と呼ぶこともある。現在の行政区域では下五島が五島市、上五島が南松浦郡新上五島町に属する。「下五島」の呼び名はあまり使われないが、「上五島」は「中通島」以上によく使われる呼び名である。また、中通島の北にある宇久島、小値賀島などの島々も、行政区域としては佐世保市、北松浦郡小値賀町に属するもののフェリー・貨物船航路や警察の管轄区域など上五島と共通することも多いため、五島列島の一部とみなされることが多い。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た大瀬埼灯台

    明治に入り、富江領は本藩(福江藩)へ合併されたがほどなく廃藩置県となり、福江県・平戸県を経て現在のように長崎県の一部になった。その後、鎖国政策の江戸時代には辺境の離島であった五島にも文明開化の波が押し寄せ、地勢学上の重要性から大瀬埼灯台や女島灯台などが建設されている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た若松島

    五島列島は長崎県に属し、九州西端の長崎県本土の西に位置し、北東側から中通島、若松島、奈留島、久賀島、福江島の五つの大きな島などからなる。国際水路機関による定義では、最も南西の福江島西端が日本海と東シナ海の境界とされている。ただし、一般的には五島列島周辺の海域を「日本海」と呼ぶことはほぼ皆無で、「五島列島は東シナ海に浮かぶ島々」と紹介されることがほとんどである。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た福江藩

    江戸時代の五島列島は大半が福江藩(五島藩)五島氏の領地となり、小値賀島とその属島および中通島の最北端部は平戸藩の領地となっていた。このほか、福江藩の分家として福江島富江に富江陣屋を置いた富江領(交代寄合)があり、中通島の一部などにも富江領が存在したが、福江領と富江領の領民間で漁業権などをめぐる衝突がしばしば起こった。五島氏の領地は明治維新に至るまで続き、異国船の往来が増えた幕末に石田城が築城されて今日も福江の中心部に美しい石垣が残っている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た小値賀町

    五島列島は北東から南西に長く伸びているため、全体を大きく二つに分けて、五島最大の福江島を中心とする南西の島々を「下五島(しもごとう)」、2番目に大きな中通島を中心とする北東部を「上五島(かみごとう)」と呼ぶこともある。現在の行政区域では下五島が五島市、上五島が南松浦郡新上五島町に属する。「下五島」の呼び名はあまり使われないが、「上五島」は「中通島」以上によく使われる呼び名である。また、中通島の北にある宇久島、小値賀島などの島々も、行政区域としては佐世保市、北松浦郡小値賀町に属するもののフェリー・貨物船航路や警察の管轄区域など上五島と共通することも多いため、五島列島の一部とみなされることが多い。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た新上五島町

    五島列島は北東から南西に長く伸びているため、全体を大きく二つに分けて、五島最大の福江島を中心とする南西の島々を「下五島(しもごとう)」、2番目に大きな中通島を中心とする北東部を「上五島(かみごとう)」と呼ぶこともある。現在の行政区域では下五島が五島市、上五島が南松浦郡新上五島町に属する。「下五島」の呼び名はあまり使われないが、「上五島」は「中通島」以上によく使われる呼び名である。また、中通島の北にある宇久島、小値賀島などの島々も、行政区域としては佐世保市、北松浦郡小値賀町に属するもののフェリー・貨物船航路や警察の管轄区域など上五島と共通することも多いため、五島列島の一部とみなされることが多い。五島列島 フレッシュアイペディアより)

120件中 31 - 40件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード