178件中 61 - 70件表示
  • 五島列島

    五島列島から見た福江港

    福江島への船便は長崎港から福江港のフェリー・ジェットフォイルがあり、特にジェットフォイルは長崎港から85分で長崎市の市街地と五島市中心部を直接結んでおり、1日4便以上、繁忙期は6?7便の運行となることもあって島外からのアクセスとして人気が高い。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見たかんころもち

    観光の土産物には、良質な海産物やその加工品の他、TVなどで取り上げられる事が増え全国的にも有名となってきた五島うどん、かんころもち、上質なことで知られる椿油などが評価が高い。多くが市街地の土産物屋や空港や港の販売店で購入できる。五島うどんはその名のとおり五島の名産品であり、椿油を練りこむ手延べ製法とそれによる細麺ながらの強いコシとゆでた後の伸びにくさが特徴。独特の製法の起源は不明であるが、一説では遣唐使が唐から伝えたものであり日本全国のうどんの元祖であるという。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た長崎の教会群とキリスト教関連遺産

    五島列島は全島が長崎県に属し、人口は約7万人となっている。自然海浜や海蝕崖、火山景観など複雑で変化に富んだ地形で、ほぼ全域が西海国立公園に指定されるなど豊かな自然景観を有している。島々には多くのカトリック教会が点在し、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界遺産登録を目指す取組みが進められていて、五島観光のひとつとして注目されている。昭和時代には、東シナ海で操業する漁船団の先端基地として栄えた。近年漁獲高は減少しているものの、現在も漁業が重要な産業であり、海産物が名物である。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た大浦天主堂

    幕末の1865年、長崎の大浦天主堂で浦上の潜伏キリシタンが信仰を表明し、これ以降続々と長崎各地で多くのキリシタンがその信仰を明らかにし始めたが、神道の国教化目的のため江戸幕府のキリスト教禁止政策を引き継いだ明治政府は、明治最初期に「浦上四番崩れ」と呼ばれる悲惨な宗教弾圧を引き起こした。この頃には五島各地のキリシタンにも、長崎で指導を受けた信徒によってカトリックの教義が伝えられて、多くのキリシタンが信仰を明らかにしていったが、これに対して五島藩はキリシタンを捕え、「五島崩れ」と呼ばれる弾圧を繰り返した。久賀島では、200名の信徒がわずか6坪の牢に8ヶ月間も押し込められ40名以上が死亡するという悲惨な「牢屋の窄(ろうやのさこ)」事件が起こっている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た鬼岳

    五島市街地から望める鬼岳(おにだけ、おんだけ)は山頂がなだらかな曲線をなしており、全面が芝生の公園となっているため冬季以外は家族連れの姿が多い。五島福江空港もこの鬼岳の北側山腹を拓いて作られている。五島は本土と離れた位置にあるため工場等がほとんど無く、空気が澄んでいるため市街地を一歩でれば正に「降るような星空」が見える。この条件を生かして鬼岳の山頂付近には鬼岳天文台も設置されており、夏休みなどには特に子供連れやカップルに人気が高い。鬼岳周辺には、この他ゴルフ場やリゾート施設、温泉施設などもある。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た大瀬埼灯台

    明治に入り、富江領は本藩(福江藩)へ合併されたがほどなく廃藩置県となり、福江県・平戸県を経て現在のように長崎県の一部になった。その後、鎖国政策の江戸時代には辺境の離島であった五島にも文明開化の波が押し寄せ、地勢学上の重要性から大瀬埼灯台や女島灯台などが建設されている。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た若松島

    長崎県に属する五島列島は九州本土の西に位置している。全域が西海国立公園に指定されており、北東側から中通島、若松島、奈留島、久賀島、福江島の五つの大きな島およびその周辺の小さな島々からなる。中通島の北にある宇久島、小値賀島と周辺の島々は現在の行政区域としては五島市・新上五島町とは違う佐世保市、北松浦郡小値賀町に属するが、歴史的つながりや地理的まとまりの他、フェリー・貨物船航路、警察の管轄区域などが上五島と共通していることから五島列島の一部とみなされることが多い。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た小値賀町

    長崎県に属する五島列島は九州本土の西に位置している。全域が西海国立公園に指定されており、北東側から中通島、若松島、奈留島、久賀島、福江島の五つの大きな島およびその周辺の小さな島々からなる。中通島の北にある宇久島、小値賀島と周辺の島々は現在の行政区域としては五島市・新上五島町とは違う佐世保市、北松浦郡小値賀町に属するが、歴史的つながりや地理的まとまりの他、フェリー・貨物船航路、警察の管轄区域などが上五島と共通していることから五島列島の一部とみなされることが多い。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た南松浦郡

    五島列島は北東から南西に長く伸びているため、全体を大きく二つに分けて、五島最大の福江島を中心とする南西の島々を「下五島(しもごとう)」、2番目に大きな中通島を中心とする北東部を「上五島(かみごとう)」と呼ぶこともある。現在の行政区域では下五島が五島市、上五島が南松浦郡新上五島町に属する。近世から五島藩(福江藩)の中心であった福江島には「下五島」の呼び名はあまり使われないが、「上五島」は「中通島」以上によく使われる呼び名である。五島列島 フレッシュアイペディアより)

  • 五島列島

    五島列島から見た奈留島

    長崎県に属する五島列島は九州本土の西に位置している。全域が西海国立公園に指定されており、北東側から中通島、若松島、奈留島、久賀島、福江島の五つの大きな島およびその周辺の小さな島々からなる。中通島の北にある宇久島、小値賀島と周辺の島々は現在の行政区域としては五島市・新上五島町とは違う佐世保市、北松浦郡小値賀町に属するが、歴史的つながりや地理的まとまりの他、フェリー・貨物船航路、警察の管轄区域などが上五島と共通していることから五島列島の一部とみなされることが多い。五島列島 フレッシュアイペディアより)

178件中 61 - 70件表示

「五島列島のできごと」のニューストピックワード