24件中 11 - 20件表示
  • 福野夜高祭

    福野夜高祭から見た五所川原立佞武多五所川原立佞武多

    大行燈は高さ2丈1尺(約6.36m)で、小さな車輪が付いたソリ状の摺木(ずりき)といわれる台車の左右に、練り廻すための台棒といわれる約7.8mの太い丸太2本を、そこに横棒を前後4本ずつ井桁に縄を用いて組む。摺木(ずりき)の中心には心棒を刺し、その心棒には下側から「御神燈」「七津屋氏子」などと書かれた連楽(れんがく、他地区では田楽(でんがく)ともいわれる)といわれる長方形の立方体の行燈、その前後に吊物(つりもん)といわれる行燈、その上に傘に水引幕を張った傘鉾(かさぼこ)、そして最上部には山車といわれる御所車や神輿、舟形を模った行燈がのせられている。連楽、吊物、山車は、約2ヶ月掛け木枠や竹枠、針金を用い立佞武多(たちねぷた)のように立体的に精巧な型枠を作り、そこに色とりどりの彩色をした和紙に蠟引きを施し貼ったものである。夜になり中に火が燈るとよりいっそう山車や吊物が鮮やかに立体的に浮かびあがる。なお、大行燈の山車、前後の吊物のテーマは各町決まっている。また中行燈は高さ約5m、小行燈は高さ約3.5m-4mで、形状は大行燈と同じである。福野夜高祭 フレッシュアイペディアより)

  • 徒歩暴走族

    徒歩暴走族から見た五所川原立佞武多五所川原立佞武多

    北海道札幌市の繁華街である大通やすすきのの狸小路などに出没する者達や、青森県青森市の青森ねぶたや五所川原市の五所川原立佞武多のカラス族、西日本では兵庫県姫路市の姫路ゆかたまつりや相生市の相生ペーロン祭、広島県広島市のとうかさん、東京都目黒区の自由が丘女神まつりなどが有名である。札幌では寒さが厳しい屋外の他に、地下街にも出没する。特攻服などの衣装を身につけ、構成員が自分の名前やグループ名を連呼したり、道路の真ん中を陣取って歩いたり円陣を組んだりする。徒歩暴走族 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽鉄道

    津軽鉄道から見た五所川原立佞武多五所川原立佞武多

    1999年から毎年8月の五所川原立佞武多の時期には「真夏のストーブ列車」も運行されている。津軽鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • さくまあきら

    さくまあきらから見た五所川原立佞武多五所川原立佞武多

    青森県と縁があり、“青森通”を自称している。仕事や取材で訪れた際に親しくなった人々を「親戚のよう」と語る。青森県知事の三村申吾とは、五所川原立佞武多に招待されたことや、三村申吾が桃太郎電鉄をプレイしていたことなどから意気投合し、今ではメール友達の仲である。さくまあきら フレッシュアイペディアより)

  • 津軽自動車道

    津軽自動車道から見た五所川原立佞武多五所川原立佞武多

    またこの地域は特別豪雪地帯に指定されており、日本海からの突風による地吹雪で視界不良が頻発する国道101号の安全性確保や、五所川原市街地をバイパスする事で8月の五所川原立佞武多まつりをはじめ五所川原市中心部の交通規制実施時・混雑時にも迂回路として機能し、定時性を確保する事で西北五地方からつがる総合病院など救急指定病院への搬送時間を短縮するなどの役割のほか、物流効率化により同地方の基幹産業である農産物の輸送や域内の交流促進、観光客誘致など産業面・文化面で地域を支えるという目的も併せ持ち、この道路は単に広域幹線道路の一部であるという枠に収まらない。津軽自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 桃太郎電鉄シリーズ

    桃太郎電鉄シリーズから見た五所川原立佞武多五所川原立佞武多

    歴史ヒーロー:上杉鷹山、立佞武多、伊達政宗、源義経、武蔵坊弁慶、坂上田村麻呂、金売吉次、仙台四郎、野口英世桃太郎電鉄シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 浦安市

    浦安市から見た五所川原立佞武多五所川原立佞武多

    9月19日 第1回ウラヤス・フェスティバルが開催される。さいたま竜神(埼玉県さいたま市)、弘前ねぷた(青森県弘前市)、五所川原立佞武多(青森県五所川原市)、大牟田大蛇山(福岡県大牟田市)などの山車が参加したパレードが開催された。浦安市 フレッシュアイペディアより)

  • 吉幾三

    吉幾三から見た五所川原立佞武多五所川原立佞武多

    立佞武多 c/w 民謡はふるさと (2001年4月25日 同TKDA-72112)吉幾三 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県

    青森県から見た五所川原立佞武多五所川原立佞武多

    祭りは青森ねぶた祭、弘前ねぷたまつり、五所川原立佞武多、八戸三社大祭などが有名である。県内では縄文時代の遺跡が数多く出土し、三内丸山遺跡(青森市)や二ツ森貝塚、是川遺跡(八戸市)などで住居や土器および土偶が発見されている。青森県 フレッシュアイペディアより)

  • 新・光神話 パルテナの鏡

    新・光神話 パルテナの鏡から見た五所川原立佞武多五所川原立佞武多

    業界において「最初にして最大」の企画として、ピットとパルテナを題材としたねぶたを作製、2011年8月4・5・6日の立佞武多に出展するという企画が実施された。出展された立佞武多は台座含めて10メートル近くの巨大なものである。この模様は3DSのサービス・ニンテンドービデオで同年8月5日から8月25日まで動画配信された。新・光神話 パルテナの鏡 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「五所川原立佞武多」のニューストピックワード