315件中 11 - 20件表示
  • 秋の夜長と上手につきあう17の知恵

    秋の夜長と上手につきあう17の知恵から見た五木寛之五木寛之

    作詞:五木寛之、作曲:武満徹、編曲:田辺信一秋の夜長と上手につきあう17の知恵 フレッシュアイペディアより)

  • 集英社新書

    集英社新書から見た五木寛之五木寛之

    集英社新書(しゅうえいしゃしんしょ、SHUEISHA SHINSHO)は、株式会社集英社が発行している新書レーベル。1999年12月に刊行開始。第1号は、五木寛之著『知の休日』。装幀は原研哉。カバーには水の上を船で行く人のイラストが描かれ、"A pilot of wisdom"という言葉が入っている。集英社新書 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川英治文学賞

    吉川英治文学賞から見た五木寛之五木寛之

    第10回(1976年) 五木寛之 『青春の門』(筑豊編ほか)吉川英治文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 馬渕玄三

    馬渕玄三から見た五木寛之五木寛之

    馬渕 玄三 (まぶち げんぞう、1923年7月 - 1997年5月15日)は、日本の音楽ディレクターである。五木寛之の小説の主人公「艶歌の竜」こと「高円寺竜三」のモデルとして知られる。馬渕玄三 フレッシュアイペディアより)

  • 文春文庫

    文春文庫から見た五木寛之五木寛之

    創刊ラインナップは、五木寛之『青年は荒野をめざす』、北杜夫『怪盗ジバコ』、柴田翔『されど われらが日々―』、石川達三『花の浮草』、井上靖『おろしや国酔夢譚』、司馬遼太郎『最後の将軍』、松本清張『象の白い脚』、小林秀雄『考えるヒント』、畑正憲『ムツゴロウの青春記』、J・アダムソン/藤原英司訳『野生のエルザ』の10点文春文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 福永光司

    福永光司から見た五木寛之五木寛之

    同郷の五木寛之と交流があり、共著も出している。福永光司 フレッシュアイペディアより)

  • 水中花 (小説)

    水中花 (小説)から見た五木寛之五木寛之

    『水中花』(すいちゅうか)は、1979年に新潮社から刊行された五木寛之の小説。水中花 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 山藤章二

    山藤章二から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之「重箱の隅」(1975-1976)〔単行本同名 文藝春秋 1979(文春文庫 1984)〕山藤章二 フレッシュアイペディアより)

  • 梶山季之

    梶山季之から見た五木寛之五木寛之

    土木技師の父が朝鮮総督府に勤務していたため、朝鮮の京城で生まれた。五木寛之は南大門小学校の後輩である。子供の時から作家志望で、小学3年頃には科学冒険小説を書いて級友に読ませていた。1942年京城中学校入学。成田豊は当時からの親友。敗戦後引き揚げ両親の郷里、広島県佐伯郡地御前村(現廿日市市)で育つ。広島二中(現広島観音高)を経て広島高等師範学校国語科に入学。在学中に同人誌『天邪鬼』を創刊、後に地元の同人誌を糾合し広島文学協会を設立、同人誌『広島文学』に参加するなど精力的に活動した。同人誌のメンバーだった美那江夫人と出会う。また『中国新聞』学芸部の金井利博と知り合い、広島ペンクラブの設立、運営にも加わった。『天邪鬼』に一文を寄せていた作家原民喜の自殺に衝撃を受け、金井とともに原を記念する詩碑の建立に奔走した。梶山季之 フレッシュアイペディアより)

  • 沖浦和光

    沖浦和光から見た五木寛之五木寛之

    『辺界の輝き 日本文化の深層をゆく』五木寛之共著 岩波書店, 2002(五木寛之こころの新書、講談社, 2006)沖浦和光 フレッシュアイペディアより)

315件中 11 - 20件表示

「五木寛之」のニューストピックワード