252件中 21 - 30件表示
  • ザ・フォーク・クルセダーズ

    ザ・フォーク・クルセダーズから見た五木寛之五木寛之

    1967年、アルバム『ハレンチ』を音源として、フォークルの歌がラジオでさかんに取り上げられるようになった。京都では『イムジン河』、神戸では『帰って来たヨッパライ』が頻繁にラジオで流されるようになった。やがて、こうした状況を察知した各レコード会社がデビューの話を持ちかける。加藤は反対したが、北山の説得に応じて「それでは一年だけなら」とのことで一年限りのプロ活動を承認。プロデビューに当たっては、平沼らに代わってはしだのりひこが参加する(北山は声が良くスター性のある杉田二郎を3人目に推薦したが(「背を揃えるため」という理由は後付けであった)、加藤がプロ活動の条件にはしだの加入を主張したとのこと)。『帰って来たヨッパライ』は1968年に開始されたオリコンで史上初のミリオンヒットになるなど、当時の日本のバンドによるシングル売り上げ一位となる爆発的売れ行きを見せ、一躍メンバーは時の人になった。そして『帰って来たヨッパライ』、『悲しくてやりきれない』などの楽曲を含むアルバム『紀元弐阡年』により、大衆音楽への新たな方向性を切り開いた。1968年10月17日、大阪でのさよならコンサート(この公演では平沼と芦田も第一幕に参加している。北山は井村が抜けているにもかかわらず、これが初代のメンバーといっている)を開き、同日の『11PM』に出演。約束通りに解散した。『青年は荒野をめざす』(五木寛之作詞)が本グループとして最後のシングル曲になり、1968年12月に発売されている。『週刊平凡』1968年9月19日号によると、累計売上は14億5000万円。ザ・フォーク・クルセダーズ フレッシュアイペディアより)

  • 幻冬舎

    幻冬舎から見た五木寛之五木寛之

    角川書店の有力編集者であった見城徹が、当時の社長・角川春樹のコカイン密輸事件をきっかけに退社し、仲間5人と1993年11月12日に設立した。出版社を設立するよう見城に勧めたのが五木寛之であり、社名も五木の命名による(五木が提示した3案から見城が選んだ)。幻冬舎のマークに描かれている「槍を高くかざした人間」のモデルは見城本人で、自らポーズをとって描かせたものである。幻冬舎 フレッシュアイペディアより)

  • 見城徹

    見城徹から見た五木寛之五木寛之

    1975年、角川書店に入社。『野性時代』副編集長を経て、『月刊カドカワ』編集長に。編集長時代には部数を30倍に伸ばし、雑誌界の伝説となる。つかこうへい『蒲田行進曲』、有明夏夫『大浪花諸人往来』、村松友視『時代屋の女房』、山田詠美『ソウルミュージックラバーズオンリー』、景山民夫『遠い海から来たCOO』の5つの直木賞作品を担当し、森村誠一『人間の証明』、五木寛之『燃える秋』、村上龍『トパーズ』等々のベストセラーを手がけ、名編集者として名を馳せる。このカドカワ時代に培った芸能人、ミュージシャンとの親交も深く、坂本龍一、松任谷由実、尾崎豊らとの関係は、様々なメディアで今も語り継がれる。41歳にして取締役編集部長に昇進。見城徹 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ深夜便

    ラジオ深夜便から見た五木寛之五木寛之

    宇田川清江(司会)、下重暁子(作家)、五木寛之(作家)、三上寛(歌手)ラジオ深夜便 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ金沢

    テレビ金沢から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之の新金沢百景(不定期、『新金沢小景』の特別編として年間約3本を制作・放送)テレビ金沢 フレッシュアイペディアより)

  • 水中花

    水中花から見た五木寛之五木寛之

    原作は五木寛之の小説で、五木は自ら主題歌の作詞を手がけた。水中花 フレッシュアイペディアより)

  • 馬渕玄三

    馬渕玄三から見た五木寛之五木寛之

    馬渕 玄三 (まぶち げんぞう、1923年7月 - 1997年5月15日)は、日本の音楽ディレクターである。五木寛之の小説の主人公「艶歌の竜」こと「高円寺竜三」のモデルとして知られる。馬渕玄三 フレッシュアイペディアより)

  • 面白半分

    面白半分から見た五木寛之五木寛之

    吉行淳之介が朝日新聞に掲載したエッセイの「『日本軽薄派』という雑誌を作ってみたい」という一文を見た佐藤が、吉行の協力を取り付けて、「面白くてタメにならない雑誌」として刊行。編集長は吉行の後、野坂昭如、開高健、五木寛之、藤本義一、金子光晴、井上ひさし、遠藤周作、田辺聖子、筒井康隆、半村良、田村隆一が交代で務めた。面白半分 フレッシュアイペディアより)

  • 梁潤玉

    梁潤玉から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之 『神の発見』 2007年4月1日梁潤玉 フレッシュアイペディアより)

  • リトルターン

    リトルターンから見た五木寛之五木寛之

    『リトルターン』(Little Tern)は、ブルック・ニューマン作の絵本形式の寓話。作中に描かれている絵はリサ・ダークスの手によって描かれている。訳者は五木寛之リトルターン フレッシュアイペディアより)

252件中 21 - 30件表示

「五木寛之」のニューストピックワード