315件中 21 - 30件表示
  • かもめのジョナサン

    かもめのジョナサンから見た五木寛之五木寛之

    日本では1974年6月20日に新潮社より五木寛之の訳(下訳はのち東大教授となる國重純二)で出版され、(当時)120万部のベストセラーとなり、その後も読まれ続けており、270万部を超えるロングセラー。かもめのジョナサン フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見た五木寛之五木寛之

    霊験あらたかと言われる浅草寺では毎日、家の宗派と無関係に先祖供養を受け付けている。浅草界隈を長年取材している五木寛之によれば、宗派を問わず全く無関係な人でも供養を申し込めるため、五重塔内の位牌には昭和天皇、マザーテレサ、ダイアナ妃の位牌まで存在するという。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 色川武大

    色川武大から見た五木寛之五木寛之

    夏堀正元、井出孫六、黒井千次らと同人誌『層』発刊。また近藤信行、平岡篤頼、古井由吉等の同人誌『白猫』にも参加。有馬頼義主宰の若手作家の文学サロン「石の会」では高井有一、高橋昌男、五木寛之、佃實夫、萩原葉子、室生朝子、中山あい子、後藤明生、森内俊雄、渡辺淳一、梅谷馨一、立松和平らを知る。色川武大 フレッシュアイペディアより)

  • 演歌

    演歌から見た五木寛之五木寛之

    1966年、五木寛之は馬淵玄三をモデルにした小説「艶歌」を発表した。同作ではレコード社内での艶歌と外来音楽のプロデューサーが互いの進退をかけて売り上げを競う筋書きであり、艶歌のプロデューサーのモデルが馬淵とされる。このモデルの人物は馬淵と比べて、五木の手によって脚色されており、演歌 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ深夜便

    ラジオ深夜便から見た五木寛之五木寛之

    宇田川清江(司会)、下重暁子(作家)、五木寛之(作家)、三上寛(歌手)ラジオ深夜便 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た五木寛之五木寛之

    文壇との交際が広い。文壇を含む文化人との交流は麻雀が切っ掛け。1976年に『青空ふたり旅』として出版された五木寛之との対談をきっかけに、まず「話の特集」の矢崎泰久がベトナムに行く時の壮行麻雀大会に五木に連れて行かれ、そこで矢崎、ばばこういち、阿佐田哲也に会い、この後、長谷川和彦と知り合い、長谷川に近代麻雀に出ないかと誘われて田村光昭に会い、その繋がりで長門裕之、黒鉄ヒロシ、畑正憲らと知り合った。世代的に上の人との付き合いが多い理由について、「吉田拓郎なんかは、自分がリーダーシップを取って周りの人間を引っ張っていくタイプでしょう。僕はそういうの不得意なんです。高校時代、タテ関係が希薄で女性も多い弓道部にいたせいかもしれないけど、下の世代に対する訓練ができていないんですよ」と、40代のころは話していた。ほかにも沢木耕太郎は歌詞集『ラインダンス』に、村上龍は『綺麗ごと』に寄稿し、町田康は「新しい恋」を作詞している。活動分野は違ってくるが、三谷幸喜は『You Are The Top〜今宵の君』の劇中歌である「You are the top」を作詞しており、またタモリとは同郷でもあって親しい。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 面白半分

    面白半分から見た五木寛之五木寛之

    吉行淳之介が『朝日新聞』に掲載したエッセイの「『日本軽薄派』という雑誌を作ってみたい」という一文を見た佐藤が、宮武外骨の雑誌『面白半分』(1929年)に倣った雑誌の出版を発案した。吉行の協力を取り付けるが、所属していた大光社が閉鎖されたため、城南洋紙の社長・青沼繁汎の援助を得て、「面白くてタメにならない雑誌」として刊行した。創刊号は96ページ、150円、3万部発行。編集長は吉行の後、野坂昭如、開高健、五木寛之、藤本義一、金子光晴、井上ひさし、遠藤周作、田辺聖子、筒井康隆、半村良、田村隆一、一松二生が交代で務めた。面白半分 フレッシュアイペディアより)

  • 冴木彩乃

    冴木彩乃から見た五木寛之五木寛之

    BSフジ『五木寛之 風のCafé』」(2013年10月 - 2016年9月)番組アシスタント冴木彩乃 フレッシュアイペディアより)

  • 雨の日には車をみがいて

    雨の日には車をみがいてから見た五木寛之五木寛之

    『雨の日には車をみがいて』(あめのひにはくるまをみがいて)は、1988年6月に角川書店より単行本として刊行された五木寛之の小説。雨の日には車をみがいて フレッシュアイペディアより)

  • 須磨佳津江

    須磨佳津江から見た五木寛之五木寛之

    定時のアンカーとは別に、2005年から放送されている五木寛之をパーソナリティーに迎えた月1回のトークコーナー「わが人生の歌がたり」(2009年度まで)、「歌の旅びと」(2011年度から2014年度まで)のアシスタントを務めた。須磨佳津江 フレッシュアイペディアより)

315件中 21 - 30件表示

「五木寛之」のニューストピックワード