315件中 31 - 40件表示
  • 幻冬舎

    幻冬舎から見た五木寛之五木寛之

    角川書店の編集者であった見城徹が、当時の社長・角川春樹のコカイン密輸事件をきっかけに退社し、仲間5人と1993年11月12日に設立した。社名は五木寛之の命名による(五木が提示した3案から見城が選んだ)。幻冬舎のロゴマークに描かれている「槍を高くかざした原始人」のモデルは見城本人で、自らがポーズをとって描かせたものである。幻冬舎 フレッシュアイペディアより)

  • 兼松衆

    兼松衆から見た五木寛之五木寛之

    ミッツ・マングローブ SG「東京タワー」(作詩/五木寛之 作曲/立原岬)編曲 演奏(2018年)兼松衆 フレッシュアイペディアより)

  • 岡良一

    岡良一から見た五木寛之五木寛之

    岡市政では様々な業績を残している。中でも、在任期間中に泉鏡花文学賞を創設したことでも知られている。また、娘婿の五木寛之は同文学賞の選考委員を第1回より務めている。岡良一 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ金沢

    テレビ金沢から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之の新金沢百景(不定期、『新金沢小景』の特別編として年間約3本を制作・放送)テレビ金沢 フレッシュアイペディアより)

  • ジャズ

    ジャズから見た五木寛之五木寛之

    さらばモスクワ愚連隊 (1968年) - 五木寛之原作、堀川弘通監督ジャズ フレッシュアイペディアより)

  • 作家の肖像

    作家の肖像から見た五木寛之五木寛之

    1977年に著者が評論家としてデビューして以来、執筆してきた評論、解説の中から、主として「作家論」と言える作品を収録した評論集。取り上げられている作家は、五木寛之、野坂昭如、筒井康隆、星新一、小松左京、光瀬龍、矢野徹、田中光二、赤川次郎、阿久悠、林真理子、小泉喜美子、佐藤愛子、田辺聖子、池波正太郎、都筑道夫、鮎川哲也、横溝正史、江戸川乱歩、太宰治、埴谷雄高の21人である。作家の肖像 フレッシュアイペディアより)

  • カヤカベ教

    カヤカベ教から見た五木寛之五木寛之

    通称「カヤカベ教」といわれる秘密の信仰集団が世間の注目を浴びたのは第二次世界大戦後のことである。調査を行った元龍谷大学学長、千葉乗隆が五木寛之に語ったところによると、鹿児島県旧牧園町の小学校で給食の牛乳をどうしても飲まない児童がいた。不思議に思った担任の教師が家庭に連絡すると、保護者は自分たちの宗派では、日によっては牛乳を飲まない習わしであると答え、日本では珍しい食物タブーを持つ集団の存在が浮かび上がったという。これを機に1964年(昭和39年)、龍谷大学宗教調査班が、鹿児島大学、京都女子大学などの協力を得て、調査に乗り出した。カヤカベ教 フレッシュアイペディアより)

  • あずさの男性構造学

    あずさの男性構造学から見た五木寛之五木寛之

    『あずさの男性構造学』(あずさのだんせいこうぞうがく)は、中島梓によるエッセイ集。「男性論」を中心としたエッセイ集であり、著者にとっては初のエッセイ集でもある。また竹宮惠子、糸井重里、五木寛之との対談があわせて収録されている。あずさの男性構造学 フレッシュアイペディアより)

  • フアン・デ・ディオス・フィリベルト

    フアン・デ・ディオス・フィリベルトから見た五木寛之五木寛之

    五木寛之の「遥かなるカミニト」でも、登場人物の女性の口から、フィリベルトの人生について語った部分がある。フアン・デ・ディオス・フィリベルト フレッシュアイペディアより)

  • 烏尾峠

    烏尾峠から見た五木寛之五木寛之

    明治以降1960年代前後まで、筑豊炭田で炭鉱業が盛んであったころには、筑豊地方最大の都市・飯塚と、多くの炭鉱を擁する田川とを結ぶ道として重要な役割を果たした。炭鉱地帯に暮した人々が越えた当時の情景は、五木寛之の小説『青春の門』などに描かれており、『青春の門』に題材をとった山崎ハコの歌曲「織江の唄」の歌詞にも「カラス峠」として名が登場する。烏尾峠 フレッシュアイペディアより)

315件中 31 - 40件表示

「五木寛之」のニューストピックワード