315件中 51 - 60件表示
  • 仏教伝道文化賞

    仏教伝道文化賞から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之:B項 - 仏教を著書・メディア・講演で多くの人に伝える。仏教伝道文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢望郷歌

    金沢望郷歌から見た五木寛之五木寛之

    作詞は五木寛之、作曲は弦哲也。金沢望郷歌 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡真太郎

    片岡真太郎から見た五木寛之五木寛之

    大阪府に生まれる。鈴木信太郎に師事。1948年、関西学院大学在学中に第3回行動美術展に初入選。1959年にシェル美術賞展佳作賞を受賞し、その後も朝日選抜新人展、第3回ふらんす・クリティック賞絵画展、「現代美術の動向」展などに出品。1961年には神戸市立美術館の新鋭作家展に『神将』を招待出品し、神戸新聞社賞を受賞する。同作品は1963年の京都国立近代美術館開館展にも招待出品された。1960年代に高橋和巳、五木寛之、永井龍男、曽野綾子等の挿絵や装丁を担当し、1974年に第5回講談社出版文化賞・さしえ賞を受賞した。多摩美術大学講師、助教授、教授を歴任。1976年に立軌会会員となり、ここを中心に活躍する。1979年にはパリのサロン・オンフルール「海」展に出品した『北の海』で大賞を受賞している。2006年、兵庫県文化賞を受賞。片岡真太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 隠し念仏

    隠し念仏から見た五木寛之五木寛之

    隠し念仏は総称であり、地域や流儀(平安時代の真言密教の呪術がそもそもの起源のものも多い)などによって呪術的儀式は異なる。さらに排他的秘密主義のために、その儀式は土俗化しており全貌はいまだに明らかではないが、五木寛之によると、最近では少しずつその秘密儀式の一部などを公開する動きも出ているという。隠し念仏 フレッシュアイペディアより)

  • 古岡秀人

    古岡秀人から見た五木寛之五木寛之

    筑豊炭田の監督の息子として生まれ、5歳の時に坑内事故で父を失う。父は五木寛之の父と友人同士で、その関係から五木は古岡を「おやじさん」と呼び習わしていた。古岡秀人 フレッシュアイペディアより)

  • 東由多加

    東由多加から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之『五木寛之雑学対談』講談社、1975年東由多加 フレッシュアイペディアより)

  • 角川oneテーマ21

    角川oneテーマ21から見た五木寛之五木寛之

    養生の実技―つよいカラダでなく(五木寛之角川oneテーマ21 フレッシュアイペディアより)

  • スローセックス

    スローセックスから見た五木寛之五木寛之

    肌を重ねる時間を楽しむという行為について日本で知られるきっかけの一つとなったのは、五木寛之が『愛に関する十二章』(角川書店、2002年)で紹介したポリネシアン・セックスである。アダルトビデオ(AV)のような男性本位のセックス、男女ともに絶頂に達するセックスといった結果を求める行為ではなく、過程を大事にするスタイルがあってもいいという提案は反響を呼び、女性誌などでも特集された。スローセックス フレッシュアイペディアより)

  • 松永伍一

    松永伍一から見た五木寛之五木寛之

    農民のほか、切支丹、落人など敗者、弱者への共感を叙情的に歌い上げる作風で知られる。児童文学、美術関係の評論、いわさきちひろの画集編纂、五木寛之との対談、小説など多岐にわたる著述を残した。松永伍一 フレッシュアイペディアより)

  • サーブ・900

    サーブ・900から見た五木寛之五木寛之

    しかし1980年代後半に作家の五木寛之が自分の「900」を作品に取り上げ、広告のイメージキャラクターに登場したことや、そのクラシカルなスタイルに人気が高まり、バブル景気時に一時的なブームが起き、輸入台数は大きく伸びた。その後1993年に代理権がミツワ自動車の手に移った。サーブ・900 フレッシュアイペディアより)

315件中 51 - 60件表示

「五木寛之」のニューストピックワード