252件中 51 - 60件表示
  • 久野収

    久野収から見た五木寛之五木寛之

    現代への視角 松田道雄,五木寛之共著 三一新書 1972久野収 フレッシュアイペディアより)

  • 朱鷺の墓

    朱鷺の墓から見た五木寛之五木寛之

    『朱鷺の墓』(ときのはか)は、五木寛之の小説及びそれを原作としたテレビドラマ作品である。朱鷺の墓 フレッシュアイペディアより)

  • 文士劇

    文士劇から見た五木寛之五木寛之

    中でも、文藝春秋社が主催した昭和期の文士劇は、1934年の『文藝春秋』の愛読者大会に始まり、第二次世界大戦後は(1952年から1977年まで25年間にわたって毎年開催され、三島由紀夫や五木寛之など当時の流行作家が出演することで、一般にも高い人気を誇っていた。文士劇 フレッシュアイペディアより)

  • 夜の花火

    夜の花火から見た五木寛之五木寛之

    夜の花火(よるのはなび)は、TBS系列の『木曜座』(木曜日22:00 - 22:54)にて、1981年4月2日から7月16日まで全16回放送されたテレビドラマ。毎日放送(MBS)制作。原作は五木寛之夜の花火 フレッシュアイペディアより)

  • 松原泰道

    松原泰道から見た五木寛之五木寛之

    『いまをどう生きるのか―現代に生かすブッダの智慧』五木寛之と 致知出版社 2008年松原泰道 フレッシュアイペディアより)

  • 有馬頼義

    有馬頼義から見た五木寛之五木寛之

    1960年代から、自宅に若手作家たちを集めて「石の会」を主宰。高井有一、高橋正男、色川武大、佃実夫、萩原葉子、室生朝子、後藤明生、森内俊雄、渡辺淳一、梅谷馨一、早乙女貢らが参加していた。1963年の『小説現代』創刊以来の新人賞選考委員を務め、受賞者の五木寛之、中山あい子、北原亞以子らもこの中におり、落選した立松和平も有馬家で作家修行をした。1970年には、『早稲田文学』編集長に就任。有馬頼義 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡真太郎

    片岡真太郎から見た五木寛之五木寛之

    大阪府に生まれる。鈴木信太郎に師事。1948年、関西学院大学在学中に第3回行動美術展に初入選。1959年にシェル美術賞展佳作賞を受賞し、その後も朝日選抜新人展、第3回ふらんす・クリティック賞絵画展、「現代美術の動向」展などに出品。1961年には神戸市立美術館の新鋭作家展に『神将』を招待出品し、神戸新聞社賞を受賞する。同作品は1963年の京都国立近代美術館開館展にも招待出品された。1960年代に高橋和巳、五木寛之、永井龍男、曽野綾子等の挿絵や装丁を担当し、1974年に第5回講談社出版文化賞・さしえ賞を受賞した。多摩美術大学講師、助教授、教授を歴任。1976年に立軌会会員となり、ここを中心に活躍する。1979年にはパリのサロン・オンフルール「海」展に出品した『北の海』で大賞を受賞している。2006年、兵庫県文化賞を受賞。片岡真太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 間章

    間章から見た五木寛之五木寛之

    中上健次 , 村上龍 , 坂本龍一 , 五木寛之 , 間章 , 山下洋輔 他、共著 『阿部薫1949-1978』(文遊社,2001年) ISBN 4892570362間章 フレッシュアイペディアより)

  • ノストラダムスの大予言

    ノストラダムスの大予言から見た五木寛之五木寛之

    1973年11月25日に初版が発行されると、3ヶ月ほどで公称100万部を突破した。これは『朝日新聞』1974年3月2日朝刊の広告によるものだが、同広告ではこの本が戦後のミリオンセラーとしては15冊目であることも謳われている。出版ニュース社の調査では、1974年のノンフィクション部門ベストセラー1位、総合部門2位(1位は五木寛之訳『かもめのジョナサン』)となった。1998年8月時点で発行部数は209万部、450版となった。ノストラダムスの大予言 フレッシュアイペディアより)

  • スローセックス

    スローセックスから見た五木寛之五木寛之

    肌を重ねる時間を楽しむという行為について日本で知られるきっかけの一つとなったのは、五木寛之が『愛に関する十二章』(角川書店、2002年)で紹介されたポリネシアン・セックスである。アダルトビデオ(AV)のような男性本位のセックス、男女ともに絶頂に達するセックスといった結果を求める行為ではなく、過程を大事にするスタイルがあってもいいという提案は反響を呼び、女性誌などでも特集された。スローセックス フレッシュアイペディアより)

252件中 51 - 60件表示

「五木寛之」のニューストピックワード