252件中 61 - 70件表示
  • 金沢望郷歌

    金沢望郷歌から見た五木寛之五木寛之

    作詞は五木寛之、作曲は弦哲也。金沢望郷歌 フレッシュアイペディアより)

  • 隠し念仏

    隠し念仏から見た五木寛之五木寛之

    隠し念仏は総称であり、地域や流儀(平安時代の真言密教の呪術がそもそもの起源のものも多い)などによって呪術的儀式は異なる。さらに排他的秘密主義のために、その儀式は土俗化しており全貌はいまだに明らかではないが、五木寛之によると、最近では少しずつその秘密儀式の一部などを公開する動きも出ているという。隠し念仏 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚博堂

    大塚博堂から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之 - アルバム「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」収録曲、「一冊の本」の歌詞に登場する。ラジオ番組、五木寛之の夜 (TBSラジオ)で、三雲孝江と博堂の事をトークをしていた。歌詞の五木寛之の所に色々な作家を当てはめて『やっぱり五木寛之がぴったりだな』と話したり、『歌詞に出てくる男と女の愛の憎しみってどの小説かな?』、『彼の声は低音はいいが、高いところの出ていいね(←正しい発言に訂正求む)』などと語る。大塚博堂 フレッシュアイペディアより)

  • 教養

    教養から見た五木寛之五木寛之

    教養小説 - Bildungsroman(ドイツ語)の訳語、人間形成小説の意で、そのままビルドゥンクスロマンともいう。主人公が人生の様々な試練を乗り越え、人格を形成してゆく様子を描いた長編小説。ドイツ文学では一つの伝統になっており、ゲーテ『ウィルヘルム・マイスターの修業時代』、ロマン・ロラン『ジャン・クリストフ』などがある。日本では下村湖人『次郎物語』、五木寛之『青春の門』など。教養 フレッシュアイペディアより)

  • 松田道雄

    松田道雄から見た五木寛之五木寛之

    『現代への視角』 五木寛之、久野収共著 三一新書 1972松田道雄 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼塚忠

    鬼塚忠から見た五木寛之五木寛之

    『何のために生きるのか』 五木寛之・稲盛和夫 /共著 致知出版社 15万部鬼塚忠 フレッシュアイペディアより)

  • 池田宗弘

    池田宗弘から見た五木寛之五木寛之

    C・W・ニコル作・五木寛之訳 『りんごの花さく湖』 ファンハウス、1991年。池田宗弘 フレッシュアイペディアより)

  • 冠二郎

    冠二郎から見た五木寛之五木寛之

    作詞家の三浦康照に弟子入り後1967年「命ひとつ」でデビュー。しかしデビュー後10年間はヒットに恵まれず、1977年にようやく自らも出演したテレビ朝日のドラマ『海峡物語』(1977年4月7日 - 9月29日)の主題歌「旅の終りに」(詩 立原岬=五木寛之 曲 菊池俊輔)がヒットしたものの「地味な歌手」というイメージを持たれ、苦節の時期を過ごす。冠二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎哲弥 こころのすがた

    宮崎哲弥 こころのすがたから見た五木寛之五木寛之

    10月:五木寛之(作家)宮崎哲弥 こころのすがた フレッシュアイペディアより)

  • ステッセルのピアノ

    ステッセルのピアノから見た五木寛之五木寛之

    『ステッセルのピアノ』は、1996年に出された五木寛之の小説。ステッセルのピアノ フレッシュアイペディアより)

252件中 61 - 70件表示

「五木寛之」のニューストピックワード