252件中 71 - 80件表示
  • 裸の町 (五木寛之)

    裸の町 (五木寛之)から見た五木寛之五木寛之

    『裸の町』(はだかのまち)は、五木寛之作の推理・ミステリー小説。及び、1968年10月5日から1969年4月5日まで、NETテレビ(現・テレビ朝日)系列にて放映されたテレビドラマ。裸の町 (五木寛之) フレッシュアイペディアより)

  • 千葉乗隆

    千葉乗隆から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之(龍谷大学聴講生)指導。千葉乗隆 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌田東二

    鎌田東二から見た五木寛之五木寛之

    霊の発見 五木寛之 平凡社 2006鎌田東二 フレッシュアイペディアより)

  • 志村有弘

    志村有弘から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之風狂とデラシネ』勉誠出版、2003志村有弘 フレッシュアイペディアより)

  • 中間小説

    中間小説から見た五木寛之五木寛之

    1960年『小説中央公論』、1963年『小説現代』、1967年『問題小説』、1968年『小説宝石』『小説セブン』『小説エース』『サンデー毎日読物専科』などが創刊され、従来の純文学作家として出発したのではない、最初から中間小説の書き手となった作家、小説現代新人賞でデビューした五木寛之や、井上ひさし、三好徹、有吉佐和子、司馬遼太郎、佐藤愛子などが人気を集め、第二次中間小説ブームと言われるようになった。また週刊誌ブームによって競争の激化した『週刊新潮』他も、中間小説発表の舞台となった。中間小説誌は創刊と淘汰が続く中で、『オール讀物』『小説新潮』『小説現代』が御三家と呼ばれた。その後、大衆文学、中間小説という言葉に変わってエンターテイメントという言葉が使われるようになり、1970年代にはエンターテイメント性を強く打ち出した『野性時代』が創刊された。中間小説 フレッシュアイペディアより)

  • 内山田洋とクール・ファイブ

    内山田洋とクール・ファイブから見た五木寛之五木寛之

    二人の海峡(1977年5月25日) 作詞 五木寛之/作曲 内山田洋/編曲 横内章次内山田洋とクール・ファイブ フレッシュアイペディアより)

  • 野間省伸

    野間省伸から見た五木寛之五木寛之

    「電子書籍によって単純に紙書籍がなくなるとは考えない。電子書籍という読む手段が増えることで新しい読者が発掘され、紙書籍の需要にも刺激を与える」と考えている。上巻を約1ヶ月間ネットで無料公開した五木寛之の『親鸞』は、公開後に書店での売り上げが上下巻とも25%以上伸びた。野間省伸 フレッシュアイペディアより)

  • 帯津良一

    帯津良一から見た五木寛之五木寛之

    健康問答 本当のところはどうなのか?本音で語る現代の「養生訓」。 五木寛之共著 平凡社 2007.4 のちライブラリー帯津良一 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木一郎

    荒木一郎から見た五木寛之五木寛之

    1984年の自伝的小説『ありんこアフター・ダーク』で直木賞候補となった、と自称。落選の理由は、荒木によると、選考委員の五木寛之から嫉妬されたことであったという。その他、『シャワールームの女』(大和書房)や『雨の日にはプッシィ・ブルースを』(河出書房新社)といったハードボイルド・ミステリー小説を書いている。荒木一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 内灘闘争

    内灘闘争から見た五木寛之五木寛之

    小説『内灘夫人』五木寛之著。1968年に東京新聞連載、1969年新潮社より単行本刊行。内灘闘争に関わった学生のその後と全共闘学生の関わりを描く。内灘闘争 フレッシュアイペディアより)

252件中 71 - 80件表示

「五木寛之」のニューストピックワード