315件中 81 - 90件表示
  • 風月堂 (東京都新宿区)

    風月堂 (東京都新宿区)から見た五木寛之五木寛之

    滝口修造、白石かずこ、天本英世、三枝成章、三國連太郎、ビートたけし、野坂昭如、五木寛之、岡本太郎、栗田勇、岸田今日子、長沢節、朝倉摂、谷川俊太郎、唐十郎、安藤忠雄、寺山修司、若松孝二、蛭子能収ら、若き才能が数多く集った。レコードのコレクションは充実しており、NHKも借用にくるほどであった。風月堂 (東京都新宿区) フレッシュアイペディアより)

  • 小説現代新人賞

    小説現代新人賞から見た五木寛之五木寛之

    第14 - 18回:柴田錬三郎、山口瞳、結城昌治、野坂昭如、五木寛之小説現代新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • みのもんたのワイドNo1

    みのもんたのワイドNo1から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之の世界 (1973年10月〜1974年3月)みのもんたのワイドNo1 フレッシュアイペディアより)

  • 石原正康

    石原正康から見た五木寛之五木寛之

    大学時代から角川書店でアルバイトとして編集に携わってきた。その後、見城徹に誘われ、幻冬舎の設立に携わる。五木寛之の『大河の一滴』や『人生の目的』、天童荒太の『永遠の仔』、村上龍の『13歳のハローワーク』などのミリオンセラーや多くのベストセラーを生み出した。石原正康 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原正彦

    藤原正彦から見た五木寛之五木寛之

    - 齋藤孝・中西輝政・曾野綾子・山田太一・佐藤優・五木寛之・ビートたけし・佐藤愛子・阿川弘之との対話集。藤原正彦 フレッシュアイペディアより)

  • 永遠の仔

    永遠の仔から見た五木寛之五木寛之

    1999年3月に幻冬舎より上・下巻が出版される。同年4月、TBS系列『王様のブランチ』内のおすすめの本を紹介するコーナーで編集者の松田哲夫が本作を紹介すると、売り上げが飛躍的に急増し、130万部を超えるベストセラーとなり、第121回直木三十五賞にノミネートされたが、好意的な評を寄せたのは五木寛之のみで、他の選考委員には総じて不評で、受賞には至らなかった。2000年には第53回日本推理作家協会賞を受賞、また同年の『このミステリーがすごい!』で国内部門1位に選ばれた。2004年10月に文庫化された(全5巻)。永遠の仔 フレッシュアイペディアより)

  • 大沢在昌

    大沢在昌から見た五木寛之五木寛之

    中学3年生の時に主な翻訳ミステリを読み切り、生島治郎、河野典生、五木寛之などの日本の作品にも親しむようになる。とくに生島の作品群に心酔、長文の手紙を送ったほどである。その後50枚から80枚の短編を20篇ほど書くが、生島治郎の影響が大きい。後の「佐久間公シリーズ」の元になる同名の高校生が活躍する5篇が含まれている。大沢在昌 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉乗隆

    千葉乗隆から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之(龍谷大学聴講生)指導。千葉乗隆 フレッシュアイペディアより)

  • 加古隆

    加古隆から見た五木寛之五木寛之

    五木寛之 日本人のこころ(2001年)加古隆 フレッシュアイペディアより)

  • ソンコ・マージュ

    ソンコ・マージュから見た五木寛之五木寛之

    対談集「心、風景、そして歌」1974年(アデイン書房)対談:五木寛之、水木しげる、野坂昭如、横尾忠則ソンコ・マージュ フレッシュアイペディアより)

315件中 81 - 90件表示

「五木寛之」のニューストピックワード