194件中 41 - 50件表示
  • 五木寛之

    五木寛之から見た野坂昭如

    対論 野坂昭如 講談社 1971 のち文庫五木寛之 フレッシュアイペディアより)

  • 五木寛之

    五木寛之から見た幻冬舎

    みみずくの散歩 幻冬舎 1994 のち文庫五木寛之 フレッシュアイペディアより)

  • 五木寛之

    五木寛之から見た岩波書店

    辺界の輝き 日本文化の深層をゆく 沖浦和光 岩波書店 2002五木寛之 フレッシュアイペディアより)

  • 五木寛之

    五木寛之から見た文藝春秋

    幻の女 文藝春秋 1968 のち文庫五木寛之 フレッシュアイペディアより)

  • 五木寛之

    五木寛之から見た旺文社文庫

    狼のブルース 講談社 1970 のち旺文社文庫五木寛之 フレッシュアイペディアより)

  • 五木寛之

    五木寛之から見た東京書籍

    物語の森へ 全・中短篇ベストセレクション 東京書籍 1996五木寛之 フレッシュアイペディアより)

  • 五木寛之

    五木寛之から見たペギー葉山ペギー葉山

    夜明けのメロディー(作曲:弦哲也/歌:ペギー葉山、NHK・ラジオ深夜便の歌、2010年)五木寛之 フレッシュアイペディアより)

  • 五木寛之

    五木寛之から見たリチャード・バック

    1974年、執筆活動を再開し、リチャード・バックの「かもめのジョナサン」の翻訳を刊行、ベストセラーとなる。1975年、日刊ゲンダイでエッセイ『流されゆく日々』の連載を開始した。このエッセイは、現在も続く長寿連載となる。ただし、このエッセイは1週間にわたって引用が続くこともあるなど、自著や過去の連載記事を引用することが多い。1976年、『青春の門・筑豊編』により、第10回吉川英治文学賞を受賞した。1981年からは再び執筆活動を一時休止し、西本願寺の龍谷大学の聴講生となり、仏教史を学ぶ。五木寛之 フレッシュアイペディアより)

  • 五木寛之

    五木寛之から見た山崎ハコ

    織江の唄(作曲:山崎ハコ/歌:山崎ハコ、1981年)五木寛之 フレッシュアイペディアより)

  • 五木寛之

    五木寛之から見た冠二郎

    五木は、「のぶひろし」のペンネームで、清酒「日本盛」のCMソングを作詞した。「日石灯油=現・ENEOS灯油」(日本石油=現・JX日鉱日石エネルギー)のCMソングも五木の作詞。立原岬のペンネームで「旅の終りに」(冠二郎)等も作詞した。また、五木寛之の名では「青年は荒野をめざす」(ザ・フォーク・クルセダーズ)、「金沢望郷歌」(松原健之)、「愛の水中花」(松坂慶子)などの作詞を手がけている。五木寛之 フレッシュアイペディアより)

194件中 41 - 50件表示

「五木寛之」のニューストピックワード