前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示
  • 函館市

    函館市から見た五稜郭五稜郭

    日本三大夜景の1つである函館山からの夜景、元町・末広町の重要伝統的建造物群保存地区、函館港周辺、五稜郭、湯の川温泉、トラピスチヌ修道院など、市内には多数の観光スポットがあり、函館市電などで繋がれている。また、隣接する町に大沼国定公園があり、観光は函館都市圏にとって重要な産業となっている。2015年(平成27年)度末までに、大沼と函館中心部の中間より大沼寄りに北海道新幹線・新函館駅(仮称。現函館本線・渡島大野駅)が完成予定である。函館市 フレッシュアイペディアより)

  • 榎本武揚 (小説)

    榎本武揚 (小説)から見た五稜郭五稜郭

    北海道厚岸にある福地屋旅館の当主。元憲兵。昭和18年当時、東條英機と対立する石原莞爾を信奉していた義理の弟(妹の夫)を、国賊として通報した過去がある。妹は兄を非人と罵りながら病死した。厚岸の高校教師Kが演劇部で久保栄の『五稜郭血書』を基に芝居をする際に、榎本武揚に対する見解の相違でKと対立する。福地の祖母は榎本武揚と会ったことがある。榎本武揚 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 亀田川

    亀田川から見た五稜郭五稜郭

    北海道函館市北部の袴腰山(袴腰岳)を源に黒井川と赤井川として南に流れる。途中合流し、タタラ沢川の源流部をかすめ新中野ダム(なかの湖)へ流入する。公立はこだて未来大学の東を流れ、笹流川と合流、五稜郭付近まで北海道道347号赤川函館線に沿って流れ、大森浜より津軽海峡に注ぐ。亀田川 フレッシュアイペディアより)

  • 中川嘉兵衛

    中川嘉兵衛から見た五稜郭五稜郭

    中川 嘉兵衛(なかがわ かへえ、文化14年1月14日(1817年3月1日) - 明治30年(1897年1月4日)は三河国額田郡伊賀村(現・愛知県岡崎市)出身の実業家。北海道函館市の五稜郭の濠の天然氷「函館氷」を切り出し売り出した。中川嘉兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道の観光地

    北海道の観光地から見た五稜郭五稜郭

    ファイル:Hakodate Goryokaku Panorama 1.JPG|国の史跡 五稜郭北海道の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭タワー

    五稜郭タワーから見た五稜郭五稜郭

    五稜郭タワー(ごりょうかくタワー)は、北海道函館市の特別史跡五稜郭に隣接する展望塔。五稜郭タワー株式会社が経営する民間の観光施設である。五稜郭タワー フレッシュアイペディアより)

  • 新選組

    新選組から見た五稜郭五稜郭

    新選組は宇都宮城の戦い、会津戦争などに参加するが、会津では斎藤一らが離隊。残る隊士たちは蝦夷地へ向かった榎本らに合流し、二股口の戦い等で活躍する(蝦夷共和国も参照)。新政府軍が箱館に進軍しており、弁天台場で新政府軍と戦っていた隊士たちを助けようと土方ら数名が助けに向かうが、土方が銃弾に当たり戦死し、食料や水も尽きてきたため、新選組は降伏した。旧幕府軍は箱館の五稜郭において新政府軍に降伏した(箱館戦争)。新選組 フレッシュアイペディアより)

  • 土方歳三

    土方歳三から見た五稜郭五稜郭

    戊辰戦争では旧幕軍側指揮官の一人として武名を顕し、またいわゆる「蝦夷共和国」では軍事部門の責任者に任ぜられて軍才を揮った。明治2年5月11日、箱館五稜郭防衛戦にて戦死。享年35。土方歳三 フレッシュアイペディアより)

  • 函館競輪場

    函館競輪場から見た五稜郭五稜郭

    記念競輪(GIII)は夏季に開催され、2006年までは『いさり火杯争奪戦』・2008年からは『黒船杯争奪戦』の名称で行われてきた(2007年は「ふるさとダービー」開催のため記念競輪は開催せず)が、2010年より名称を『五稜郭杯争奪戦』に変更した。また現役時代に函館を中心として活躍し、オールスター競輪で兄弟ワンツーを成し遂げた藤巻昇・藤巻清志兄弟を称え『藤巻兄弟杯争奪戦』が開催されている。函館競輪場 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田役所土塁

    亀田役所土塁から見た五稜郭五稜郭

    亀田役所土塁 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示

「五稜郭」のニューストピックワード