156件中 91 - 100件表示
  • 沢忠助

    沢忠助から見た五稜郭五稜郭

    近藤死後は、土方歳三の側近として付き従い、蝦夷地へ渡って箱館戦争まで同行。土方の戦死に居合わせたともいわれており、それによると、腹部を銃弾によって貫かれた土方は「やられた」と一言発して落馬し、沢が駆け寄って抱き起こした時にはもう事切れていたという。陸軍奉行添役安富才助と共に、土方の遺体が五稜郭へ運ばれるのを見届けたといわれる。沢忠助 フレッシュアイペディアより)

  • 柳川熊吉

    柳川熊吉から見た五稜郭五稜郭

    浅草料亭の息子に生まれる。新門辰五郎が幅を利かせていた浅草で顔役となり、幕臣などとも交流があったと言われる。安政3年(1856年)、五稜郭築城のため自ら人員を率いて蝦夷地へ渡り築城動員を補佐。その後、箱館で江戸流柳川鍋を商売として生活していたが、箱館戦争が勃発し、敗北して賊軍とされた旧幕府軍の遺体が埋葬を許されずに箱館市中に放置されると言う惨状に堪えられず、実行寺住職・松尾日隆ら寺々や有志と協力して遺体を回収・埋葬して回った。明治政府に咎めを受けたものの、結果的に熊吉は処罰される事はなかった。柳川熊吉 フレッシュアイペディアより)

  • 古川節蔵

    古川節蔵から見た五稜郭五稜郭

    しかし福澤の世話で幕府の旗本・古川家の養子となると名を古川節蔵と改め、戦いを好まない諭吉が止めるも聞かず、旧幕府軍・榎本軍に加わる。慶應4年(1868年)6月、「長崎丸」艦長として榎本武揚艦隊本隊に先駆けて江戸湾を脱出。明治維新、戊辰戦争時には榎本武揚らと共に函館五稜郭に立て篭り新政府軍に抵抗。「軍艦高雄」(第二回天)の艦長となる。1869年(明治2年)には高雄艦長として宮古湾海戦に榎本武揚、土方歳三らと参加するも途中暴風雨に遭い機関を損傷、速度が上がらず「ストーンウォール号(甲鉄)奪還作戦」の奇襲には参加出来ずに追撃され、田野畑村沖羅賀浜(現在の岩手県下閉伊郡)へ座礁させ自沈。高雄を捨て総員退去を命じ、上陸後降伏し新政府軍に捕えられ、約一年間拘束された。古川節蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 滝川具綏

    滝川具綏から見た五稜郭五稜郭

    伝習第二大隊頭取改役として宇都宮城の戦い、会津戦争を転戦、仙台で伝習士官隊隊長に昇進、榎本武揚の艦隊と合流、箱館戦争に参加、五稜郭の開城により降伏。家督は明治2年5月弟の規矩次郎が継ぐ。滝川具綏 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人居留地

    外国人居留地から見た五稜郭五稜郭

    箱館は、1854年から米国船の寄航が認められ、1859年正式開港、元町一帯が居留地と定められた。1868年には幕府反乱軍が箱館を占領し、五稜郭で箱館戦争が起こっている。諸外国は中立を守った。箱館の居留地は、ほとんど有名無実で、実際には外国人は市街地に雑居した。現在も赤レンガの倉庫やカトリック教会、正教会の教会堂が残る。外国人居留地 フレッシュアイペディアより)

  • 松尾城 (上総国)

    松尾城 (上総国)から見た五稜郭五稜郭

    藩校の教授であった磯辺泰の縄張りにより、函館五稜郭や、信濃国龍岡城などに見られる西洋風の稜堡式(ただし、星型ではなく歪な形となっている)で、九十九里浜を望む木戸川東岸の台地上に築き、中央の最高地に藩庁を、土塁で区切った部分に太田家の家紋にちなんだ「桔梗台」と名付けた台地を造成し、藩知事邸を造り、長屋門を設置した。その他城内に兵舎や物産会所、米倉などを建設し、郭外には侍屋敷を町割りして土塁と堀で囲む計画となっていた。松尾城 (上総国) フレッシュアイペディアより)

  • 星亮一

    星亮一から見た五稜郭五稜郭

    箱館五稜郭(物語・日本の名城)(成美堂出版)1988-10星亮一 フレッシュアイペディアより)

  • 新選組!! 土方歳三 最期の一日

    新選組!! 土方歳三 最期の一日から見た五稜郭五稜郭

    新選組!に引き続き、実際に箱館まで土方に追従してきた伍長(続編では頭取)・島田魁と旗持ち・尾関雅次郎も登場した。また、続編のための主要人物として、榎本武揚と大鳥圭介が登場、この2人と土方との3人による五稜郭内の場面における舞台さながらの長セリフによる「ディスカッション」がドラマの大勢を占めることになった。ちなみに榎本役は本編で友情出演した草彅剛(SMAP)から歌舞伎役者の片岡愛之助 (6代目)に変更された。箱館の土方に欠かせない市村鉄之助や新選組末期に活躍した相馬主計らも登場、伝承されているエピソードを巧みに魅せている。そして、回想シーンとして「ぜひ登場させたかった」という会津における近藤に送られた戒名に纏わるエピソードに斎藤一と松平容保が、「自分とずっと見続けてくれた視聴者のプレゼント」(いずれも三谷談)として試衛館の仲間(山南敬助・沖田総司・井上源三郎・藤堂平助・永倉新八・原田左之助)による会話シーンが、それぞれ新撮で組み込まれた。だが、近藤勇のみラストで土方歳三が戦死直前のシーンでの出演のみとなっている。これは、近藤役の香取慎吾がドラマ『西遊記』のロケの為、海外に行っていたので収録が不可能だった為である。新選組!! 土方歳三 最期の一日 フレッシュアイペディアより)

  • 永井岩之丞

    永井岩之丞から見た五稜郭五稜郭

    戊辰戦争では養父と共に蝦夷地へ脱走し、函館の五稜郭に立て籠もって戦った。永井岩之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 日蘭関係

    日蘭関係から見た五稜郭五稜郭

    1857年(安政4年)、箱館ではオランダの築城技術をもとに五稜郭の建造工事がはじまった。なお、この年は咸臨丸が南ホラント州のキンデルダイクで完成し、日本へ送られて長崎海軍伝習所の練習艦となった年でもあった。この船は、のちに勝海舟、福澤諭吉、ジョン万次郎らを乗せて太平洋を横断することとなる。日蘭関係 フレッシュアイペディアより)

156件中 91 - 100件表示