186件中 11 - 20件表示
  • 北海道道571号五稜郭公園線

    北海道道571号五稜郭公園線から見た五稜郭五稜郭

    起点:北海道函館市五稜郭町(五稜郭公園)北海道道571号五稜郭公園線 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭公園前停留場

    五稜郭公園前停留場から見た五稜郭五稜郭

    市電の停留場としては最も五稜郭公園に近いが、それでも本電停と五稜郭公園との間は最大で約850mの距離がある。もっと近くまで行きたい場合は、バス等、ほかの交通機関を利用する必要がある。五稜郭公園前停留場 フレッシュアイペディアより)

  • 函館競輪場

    函館競輪場から見た五稜郭五稜郭

    記念競輪(GIII)は夏季に開催され、2006年までは『いさり火杯争奪戦』・2008年からは『黒船杯争奪戦』の名称で行われてきた(2007年は「ふるさとダービー」開催のため記念競輪は開催せず)が、2010年より名称を『五稜郭杯争奪戦』に変更した。また現役時代に函館を中心として活躍し、オールスター競輪で兄弟ワンツーを成し遂げた藤巻昇・藤巻清志兄弟を称え『藤巻兄弟杯争奪戦』が開催されている。函館競輪場 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田川

    亀田川から見た五稜郭五稜郭

    北海道函館市北部の 袴腰山(袴腰岳)を源に黒井川と赤井川として南に流れる。途中合流し、タタラ沢川の源流部をかすめ新中野ダム(なかの湖)へ流入する。公立はこだて未来大学の東を流れ、笹流川と合流、五稜郭付近まで北海道道347号赤川函館線に沿って流れ、大森浜より津軽海峡に注ぐ。亀田川 フレッシュアイペディアより)

  • 山田顕義

    山田顕義から見た五稜郭五稜郭

    明治元年(1868年)5月、柏崎を拠点に新政府軍は、奥羽越列藩同盟の海からの補給路を完全に遮断するために、新潟港を手中に収める必要があった為、山田は「衝背作戦」を発案し実行した。この作戦のための兵士を乗せた輸送艦が柏崎に入港した7月、越後口海軍参謀(陸軍参謀兼海陸軍参謀)に命じられる。25日、官軍は占拠した長岡城を長岡軍に奪還されるが、同日、新政府軍が阿賀野川口東にある松ヶ崎・大夫浜に上陸。その間、同盟軍の退路を断つとともに新潟の占領に成功。また、29日には再度長岡城を占拠することに成功した。8月末頃、山田は援軍要請のため京に赴いたが、長州藩の衰退で増援はできなかった。9月4日に米沢藩、9月10日に仙台藩、9月22日に会津藩が相次いで降伏し、他、東北諸藩もこれに続いたため、新政府軍の戦略計画は変更になった。幕府海軍副総裁・榎本武揚は、指揮下の艦隊を率いて江戸を脱出、会津藩などの残存兵を吸収して、10月に蝦夷地に上陸。榎本軍は新政府(箱館府)が置かれていた五稜郭を占拠した。新政府は、榎本軍と対戦するため青森に兵力を集めた。11月、青森口陸軍参謀(海軍参謀含)に命じられる。榎本軍・旧幕臣・同盟軍は蝦夷島政府(蝦夷共和国)を樹立して、新政府からの独立を試みた。明治2年(1869年)4月、新政府軍は箱館攻撃を開始、輸送艦三隻(一隻1,500名程)に乗り青森を出発し、江差北方の乙部村に上陸。五稜郭の戦いで勝利し、戊辰戦争は終結した。山田顕義 フレッシュアイペディアより)

  • 龍岡城

    龍岡城から見た五稜郭五稜郭

    龍岡城(たつおかじょう)は、長野県佐久市田口にある日本の城跡。幕末期に築城され、龍岡藩(田野口藩)の藩庁が置かれていた。日本に二つある五芒星形の西洋式城郭のうちの一つであり、もう一つの西洋式城郭である函館の五稜郭との対比から龍岡五稜郭、あるいは桔梗城とも呼ばれている。国指定の史跡。龍岡城 フレッシュアイペディアより)

  • 新選組

    新選組から見た五稜郭五稜郭

    新選組は宇都宮城の戦い、会津戦争などに参加するが、会津では斎藤一らが離隊。残る隊士たちは蝦夷地へ向かった榎本らに合流し、二股口の戦い等で活躍する(蝦夷共和国も参照)。新政府軍が箱館に進軍しており、弁天台場で新政府軍と戦っていた隊士たちを助けようと土方ら数名が助けに向かうが、土方が銃弾に当たり戦死し、食料や水も尽きてきたため、新選組は降伏した。旧幕府軍は箱館の五稜郭において新政府軍に降伏した(箱館戦争)。新選組 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田役所土塁

    亀田役所土塁から見た五稜郭五稜郭

    亀田役所土塁 フレッシュアイペディアより)

  • 柳野城

    柳野城から見た五稜郭五稜郭

    柳野城 フレッシュアイペディアより)

  • 金光與一郎

    金光與一郎から見た五稜郭五稜郭

    明治2年(1869年)4月12日、イギリス船ヤンシイ号で新政府軍の一員として江差へ上陸し新武隊雀部八郎(監軍)の指揮のもと木古内方面に進軍。木古内、矢不来、七重浜と転戦しながら五稜郭正面に布陣(箱館戦争)。旧幕府軍降伏後の同年5月24日に引揚命令が下ったことにより、洋船富士山丸で引揚。同年6月1日品川沖に着陣。同年6月2日、江戸屋敷へ帰陣し藩主章政より労いの酒肴を賜る。金光與一郎 フレッシュアイペディアより)

186件中 11 - 20件表示

「五稜郭」のニューストピックワード