186件中 21 - 30件表示
  • 大野右仲

    大野右仲から見た五稜郭五稜郭

    著書『函館戦記』によれば、大野は明治2年(1869年)5月11日、千代ヶ岡陣屋で箱館市中に向かう土方歳三と合流し、共に一本木関門へ向かった。箱館港において旧幕府軍蟠竜丸が新政府軍朝陽丸を轟沈させたため、土方に命じられて弁天台場方面へ進撃。敗走する兵が続出していたが、大野は「奉行(土方)が、敗走兵を必ず関門で食い止めてくれる」と信じていたという。しかし、敗走兵が留まる様子が無いことに驚き千代ヶ岡陣屋へ引き返したところ、同役の大島寅雄・安富才助らから土方の戦死を知らされた。なお、土方を訪ねて五稜郭へ来た相馬主計に土方の死を伝えたともいわれている。また、大野は弁天台場で新選組隊士らと共に降伏したとされるが、異論もある。大野右仲 フレッシュアイペディアより)

  • 渡島支庁

    渡島支庁から見た五稜郭五稜郭

    美原4丁目に庁舎を移転するまでは、五稜郭近隣の函館市五稜郭町26番1号(現在は函館市中央図書館が建っている)に庁舎を構えていた。渡島支庁 フレッシュアイペディアより)

  • 5月18日 (旧暦)

    5月18日 (旧暦)から見た五稜郭五稜郭

    明治2年(グレゴリオ暦1869年6月27日) - 榎本武揚らが最後の拠点・五稜郭を開城し新政府軍に降伏。戊辰戦争が終結し維新政府が全国を統一5月18日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 10月25日 (旧暦)

    10月25日 (旧暦)から見た五稜郭五稜郭

    明治元年(グレゴリオ暦1868年12月8日) - 榎本武揚らが北海道・箱館の五稜郭を占領10月25日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 函館 (小惑星)

    函館 (小惑星)から見た五稜郭五稜郭

    函館山(標高334m)からの夜景や五稜郭、トラピスチヌ修道院など観光スポットが多数ある。マシュー・ペリー(Matthew Calbraith Perry(1794-1858))が1854年7月、開港のため訪れた街でもある。函館 (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 小芝長之助

    小芝長之助から見た五稜郭五稜郭

    土方の戦死の知らせを聞いて、本営五稜郭より一本木関門まで遺体を引き取りに行った。小芝長之助 フレッシュアイペディアより)

  • 6月15日 (旧暦)

    6月15日 (旧暦)から見た五稜郭五稜郭

    元治元年(グレゴリオ暦1864年7月18日) - 五稜郭が江戸幕府の箱館奉行所としての業務を開始6月15日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 千代ヶ岱陣屋

    千代ヶ岱陣屋から見た五稜郭五稜郭

    5月15日に弁天台場が降伏した後、残るは五稜郭と千代ヶ岱陣屋だけとなった。新政府軍からは降伏勧告が出され、五稜郭からも撤退命令が出されたが、中島三郎助はこれらを拒絶。小彰義隊の渋沢成一郎らは湯の川へ脱走した。千代ヶ岱陣屋 フレッシュアイペディアより)

  • 平山金十郎

    平山金十郎から見た五稜郭五稜郭

    平山金十郎(ひらやまきんじゅうろう、天保10年(1839年) - 明治34年(1901年)9月1日) 武蔵国出身で蝦夷地に移住。箱館戦争直前に八王子千人同心出身者らと五稜郭を襲撃するクーデターを計画したが未遂に終わった。旧姓・清水。名は敬作。平山金十郎 フレッシュアイペディアより)

  • 沢忠助

    沢忠助から見た五稜郭五稜郭

    近藤死後は、土方歳三の側近として付き従い、蝦夷地へ渡って箱館戦争まで同行。土方の戦死に居合わせたともいわれており、それによると、腹部を銃弾によって貫かれた土方は「やられた」と一言発して落馬し、沢が駆け寄って抱き起こした時にはもう事切れていたという。陸軍奉行添役安富才助と共に、土方の遺体が五稜郭へ運ばれるのを見届けたといわれる。沢忠助 フレッシュアイペディアより)

186件中 21 - 30件表示

「五稜郭」のニューストピックワード