156件中 21 - 30件表示
  • 衝鋒隊

    衝鋒隊から見た五稜郭五稜郭

    会津が降伏すると他の旧幕府軍同様、仙台から箱館へ向かい、1869年(明治2年)5月、榎本武揚を筆頭とする五稜郭の旧幕府軍の降伏、それに先立つ古屋の戦死により解散した。衝鋒隊 フレッシュアイペディアより)

  • 小柳津要人

    小柳津要人から見た五稜郭五稜郭

    1868年(慶応4年)の戊辰戦争時には、志賀熊太に血判状を提出した後に脱藩して遊撃隊に加わる。1868年(明治元年)箱館に向かい、同地において官軍と戦い負傷する。五稜郭を嬰守するに至りて事のなすべからざるを知り、江戸に護送され、岡崎で謹慎を命ぜられる。数ヶ月して大学南校で学び、慶應義塾を経て廃藩置県を迎える。柳川英学校教員となり、1873年(明治6年)に丸善商社に入社し、後に大阪支配人、のち東京支配人となり、1900年(明治33年)には社長となった。また、大日本図書株式会社の重役にも就いている。小柳津要人 フレッシュアイペディアより)

  • 二股口の戦い

    二股口の戦いから見た五稜郭五稜郭

    二股口で土方軍が新政府軍の進撃を食い止めている一方で、松前と木古内は新政府軍に突破され、旧幕府軍は矢不来で守勢に回っていた。4月29日、土方は援軍を派遣したが矢不来は突破され、これにより退路を絶たれる恐れがあった土方軍は五稜郭への撤退を余儀なくされる。二股口の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 人吉城

    人吉城から見た五稜郭五稜郭

    幕末に築かれた石垣の一部には、ヨーロッパの築城技術である槹出工法(はねだしこうほう)を応用した「武者返し」と呼ばれる独特の石垣がある。この武者返しは城壁最上部に平らな石がやや突き出して積んであり、ねずみ返しのように城壁越えを阻止すると共に、割合簡単に落下させられるようになっており、城壁に張り付いた敵への攻撃にも使えるようにしている。この城壁は日本の城では他に函館の五稜郭と鶴岡城にしかない(城以外も含めればお台場にも見られる)珍しいもので、いずれも人吉城の石垣程の規模ではない。人吉城 フレッシュアイペディアより)

  • 伝習隊

    伝習隊から見た五稜郭五稜郭

    江戸開城時に、江戸の旧幕府軍の多くは新政府に帰順したが、伝習隊の多くは帰順しなかった。1868年(慶応4年)2月から4月にかけて、2000人から3000人の幕府歩兵隊や新選組などが江戸を脱走した際に、大鳥圭介に同行して伝習第一大隊、第二大隊の1100名ほどが脱走した。脱走した伝習隊などの約2000人は、4月12日に下総市川の国府台に集結して、大鳥圭介を総督(隊長)、土方歳三を参謀として部隊を編成した。その後、北関東に向かい、途中の小山で西軍を撃破した。さらに宇都宮へと進軍、宇都宮を奪還した。別行動を取った草風隊、回天隊などの旗本子弟の部隊約700人も合流(後の伝習士官隊)、北関東から北陸・会津で戦い、最後は北海道の五稜郭へと転戦する。(歩兵隊指揮は大川正次郎)伝習隊 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤公夫

    近藤公夫から見た五稜郭五稜郭

    特別史跡五稜郭跡保存整備委員会委員長、神奈備の郷・川づくり整備検討委員会委員、奈良県古都風致審議会会長、神戸市公園緑地審議会会長をつとめる。近藤公夫 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道函館商業高等学校

    北海道函館商業高等学校から見た五稜郭五稜郭

    1922年 - 元町校舎から五稜郭校舎に移転北海道函館商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 板橋刑場

    板橋刑場から見た五稜郭五稜郭

    慶応4年(1868年)、新選組の局長である近藤勇が平尾宿脇本陣で20日間留置された後、板橋宿の入り口にあった平尾一里塚近くの板橋刑場(現在の北区滝野川)で斬首された。首塚はないが、板橋駅滝野川口(東口)に供養碑が立てられている。なお、供養碑では「近藤勇宜昌(こんどういさみよしまさ)」となっているが、正しくは「昌宜」である。右側面には戦死者四十名、左側面には病死者、切腹、変死、隊規違反で処刑された人六十四名の名前が刻まれている。塔の左には無縁仏があり、右隣には慶応4年に作られた近藤勇の墓が、そして塔の建立者・永倉新八の墓もある。但し、塔については松本良順が建てたとする説も存在する。また、五稜郭で戦死した土方歳三の供養碑がある。板橋刑場 フレッシュアイペディアより)

  • 新帝都物語

    新帝都物語から見た五稜郭五稜郭

    田村幸四郎(たむら こうしろう) - 幕府旗本。好事家集団「耽奇会(たんきかい)」の書記を務める。平田篤胤と旧知の仲であった屋代弘賢の弟子。墨家の兵法を駆使して五稜郭を襲う加藤に対抗する。新帝都物語 フレッシュアイペディアより)

  • 湯倉神社

    湯倉神社から見た五稜郭五稜郭

    箱館戦争のとき五稜郭を占領していた榎本武揚率いる軍は、250名の傷病兵をこの温泉で療養させたり、また榎元自らも時々浸かっていた。湯倉神社 フレッシュアイペディアより)

156件中 21 - 30件表示

「五稜郭」のニューストピックワード

  • 好ましい首相

  • ADIDAS HIMARAYA TENNIS FESTIVAL 2016 TOKYO FINAL

  • ティビィシィ・スキヤツト