156件中 31 - 40件表示
  • 永井氏

    永井氏から見た五稜郭五稜郭

    また、幕末に高名な永井玄蕃頭尚志とは旗本家からの出身。将軍・徳川慶喜に付き従い活躍した。1868年に大政奉還が行われた後は榎本武揚と共に蝦夷国箱館の五稜郭に移り、新政府軍に抗戦したが、翌年降伏。明治政府のもとで開拓使御用係、左院小議官、元老院権大書記官などを務めた。永井氏 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭公園前駅

    五稜郭公園前駅から見た五稜郭五稜郭

    五稜郭公園(徒歩約15分)五稜郭公園前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 滝沢聖峰

    滝沢聖峰から見た五稜郭五稜郭

    幕末、新政府軍に対抗し蝦夷地で戦う、旧幕府遊撃隊佐々木清四郎と伝習歩兵早川伝次。陥落目前の五稜郭を脱走した二人は、偶然入手した新撰組副長土方歳三の遺骸の埋葬地図を巡り、薩摩藩脱走軍取り締まり方古賀武四郎の追跡をかわして道内を彷徨する。滝沢聖峰 フレッシュアイペディアより)

  • ザモシチ

    ザモシチから見た五稜郭五稜郭

    ザモシチは、1580年に、ポーランド・リトアニア共和国を構成するポーランド王国の宰相(大法官)にして、の最高司令官でもあったヤン・ザモイスキが建設した町である。西ヨーロッパ・北ヨーロッパと黒海を結ぶ結節点にあり、ヨーロッパ各地にバロック建築が流行し始めた時代に、イタリア・パドゥア出身の建築家であるベルナルド・モランドが建築を指示した後期ルネサンス建築が完璧な姿で残っている。ザモシチは、町時代が大砲が使われ始めた時代を背景に、函館市の五稜郭に似た死角のない要塞都市でもあった。ザモシチ フレッシュアイペディアより)

  • 金光與一郎

    金光與一郎から見た五稜郭五稜郭

    明治2年(1869年)4月12日、イギリス船ヤンシイ号で新政府軍の一員として江差へ上陸し新武隊雀部八郎(監軍)の指揮のもと木古内方面に進軍。木古内、矢不来、七重浜と転戦しながら五稜郭正面に布陣(箱館戦争)。旧幕府軍降伏後の同年5月24日に引揚命令が下ったことにより、洋船富士山丸で引揚。同年6月1日品川沖に着陣。同年6月2日、江戸屋敷へ帰陣し藩主章政より労いの酒肴を賜る。金光與一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 元町公園

    元町公園から見た五稜郭五稜郭

    元町公園(もとまちこうえん)は北海道函館市元町にある都市公園である。明治時代から昭和25年(1950年)まで北海道または道南行政を担っていた箱館奉行所(五稜郭移設前)や開拓使が置かれていた函館山北東麓の基坂を上りきった高台に位置する。園内には函館写真歴史館(旧北海道庁函館支庁庁舎)と旧開拓使函館支庁書籍庫の建造物が保存されており、また眼下に函館港を一望できることから、観光名所にもなっている。元町公園 フレッシュアイペディアより)

  • 蟠竜丸

    蟠竜丸から見た五稜郭五稜郭

    明治2年(1869年)3月25日の宮古湾海戦では、暴風雨に遭い、僚艦とはぐれたため参戦には至らなかったが、箱館湾海戦では弁天台場や座礁させて砲台となった回天丸に援護されながら、一艦で新政府軍艦隊に応戦した。同年5月11日の箱館総攻撃の際には新政府軍艦朝陽丸の火薬庫に砲撃を命中させ、朝陽丸は大爆発を起こして轟沈。旧幕府軍の士気を一気に向上させた。しかし間もなく新政府軍の集中砲火を浴び、蟠竜丸は弁天台場まで退いたが、浅瀬に乗り上げてしまったため、乗組員は船体へ放火後、七重浜へ上陸、本陣五稜郭へ撤退した。蟠竜丸の火災は帆柱を炎上させるのみで船体には殆ど引火せずそのうち帆柱が折れ、バランスを崩して横転し、火災は鎮火してしまった。蟠竜丸 フレッシュアイペディアより)

  • 鳳凰丸

    鳳凰丸から見た五稜郭五稜郭

    戊辰戦争時には「太江丸」とともに仙台藩に輸送船として貸し出され、榎本武揚率いる旧幕府海軍脱走艦隊が同地へ寄港した際に返却された。榎本艦隊に輸送船として加入した「鳳凰丸」は1868年12月1日(明治元年10月18日)に宮古湾を出航し、12月3日に僚艦7隻とともに蝦夷地(北海道)鷲ノ木へ到着、乗船した部隊を上陸させた。その後の箱館戦争を生き延び、五稜郭陥落後の1869年7月15日(明治2年旧暦6月7日)に室蘭駐屯の開拓方305名(乗員含む)を乗せて砂原村へ赴き、新政府軍に投降した。鳳凰丸 フレッシュアイペディアより)

  • 碧血碑

    碧血碑から見た五稜郭五稜郭

    箱館戦争で賊軍とされた旧幕府軍は、戊辰戦争終結後もすぐには遺体の埋葬が許されなかった。これを哀れに思った箱館の侠客柳川熊吉は遺体を回収して実行寺に埋葬した。日蓮宗の実行寺の住職・日隆だけが熊吉に賛同したため、日隆と共に、幕軍兵士の遺体収容・埋葬を行った。遺体収容をしているうち、近隣の住民や熊吉の子分達が手伝うようになり、数日間で町中に放置されていた約800体もの幕軍戦死者の遺体を葬ることができた(柳川熊吉は安政3年(1856年)に江戸から箱館へ渡り、請負(人材派遣)業を営み、五稜郭築造工事の際には労働者の供給に貢献した人物。榎本武揚ら幕臣とも交流を持っていた)。碧血碑 フレッシュアイペディアより)

  • 函館氷

    函館氷から見た五稜郭五稜郭

    五稜郭の濠へは亀田川から箱館龜田五稜郭御上水にて常に水が供給されていて飲むのに適していた。1869年(明治2年)、中川嘉兵衛が視察、有望と判断し、1870年(明治3年)に開拓使より濠1万7,000坪、7年間の使用権を獲得、翌1871年(明治4年)結氷670トンを切り出しに成功し、イギリス、アメリカといった外国商船を利用し、横浜経由で東京永代橋の開拓使倉庫を貯氷庫にし、京浜市場で販売したのが始まりである。従来のアメリカのボストンからの輸入氷「ボストン氷」に対し品質面、価格面ですぐれており函館の特産品、宮内省御用達になったが、その裏では新池の開削費、運賃、販売競争、自然条件が重なり経営的には厳しかった。1890年(明治23年)に五稜郭外壕貸与規則が変更されて競争入札になったのをきっかけに亀田郡神山村に製氷池を設け、1891年(明治24年)、内国勧業博覧会で竜紋の賞牌を受け、「竜紋氷」とも知られるようにもなった。1896年(明治29年)に北原鉦太郎に事業を譲った。函館氷 フレッシュアイペディアより)

156件中 31 - 40件表示