186件中 31 - 40件表示
  • 衝鋒隊

    衝鋒隊から見た五稜郭五稜郭

    1868年(慶応4年)3月に新潟に入ると新発田藩に一千両を供出させ、これを軍資金として寺泊、与板藩、高田藩に進み、北西方面から江戸を奪還すべく信州国境を越えて飯山城下に進軍した。ここで松代藩、飯山藩、また信州の天領を預かる中野陣屋駐在の尾張藩と交戦になり、高田藩の裏切りにあって壊滅、兵の三分の一を失い、新潟へ逃げ帰った。その後、小千谷で再結集し北越戦争を戦ったが、会津藩が降伏すると他の旧幕府軍同様、仙台から箱館へ向かい、1869年(明治2年)5月、榎本武揚を筆頭とする五稜郭の旧幕府軍の降伏、それに先立つ古屋の戦死により解散した。衝鋒隊 フレッシュアイペディアより)

  • ハコダテ観光ガイド イカール星人襲来中

    ハコダテ観光ガイド イカール星人襲来中から見た五稜郭五稜郭

    五稜郭を改造して作られた万能城塞型戦艦。空中の他、宇宙空間でも活動可能であり、普段はホログラムで偽装された通常の五稜郭の地下に格納されている。宇宙人から提供された技術が使用されているらしく、宇宙開港時行われた異星人との密約が開発の発端となっているらしい。武装は艦首(?)ドリル型衝角とビーム砲。ハコダテ観光ガイド イカール星人襲来中 フレッシュアイペディアより)

  • 奥殿藩

    奥殿藩から見た五稜郭五稜郭

    信濃国への藩庁移転後、この藩は田野口藩と呼ばれる。西洋の築城術に関心を寄せていた乗謨は、新しい陣屋を稜堡式城郭(星形要塞)とすることを計画、元治元年(1863年)より田野口村で築城を開始した。田野口陣屋(龍岡城)は、函館の五稜郭とともに日本に2例のみの星形要塞である。慶応3年(1867年)4月には城郭内の御殿が竣工したが、城郭としては未完成のまま明治維新を迎えたという。奥殿藩 フレッシュアイペディアより)

  • 黒沢正吉

    黒沢正吉から見た五稜郭五稜郭

    戊辰戦争時、新政府軍側について箱館府常備隊小隊司令官を命じられ、明治元年(1868年)10月に榎本武揚率いる旧幕府軍が蝦夷地へ上陸を開始すると、箱館進軍を食い止めるため出動。村々で戦端が開かれ、箱館戦争が始まる。防戦に敗れた黒沢は五稜郭へ撤退。箱館府知事清水谷公考とともに同月25日に箱館を脱出して青森へ渡った。黒沢正吉 フレッシュアイペディアより)

  • 岩橋教章

    岩橋教章から見た五稜郭五稜郭

    慶応4年(1868年)旧幕府軍に加わり開陽丸で江戸を脱出、砲手頭として箱館戦争に従軍した。明治2年(1869年)2月五稜郭が開城になると謹慎を命じられたが、翌年4月禁錮御免となり、5月には静岡学校付属絵図方に任じられる。ところが同月、明治政府から兵部省出府を命じられ、海軍操練所(のちの海軍兵学校)に十三等の製図掛として出仕した。静岡では師の洞庭と再開し、後にその子重次を海軍兵学校に推薦し、洞庭を東京に迎えたという。なお、海軍兵学校の職員名簿には狩野姓が複数見られ、橋本雅邦も教章の推薦で海軍兵学校に出仕したとも言われる。岩橋教章 フレッシュアイペディアより)

  • 新帝都物語

    新帝都物語から見た五稜郭五稜郭

    田村幸四郎(たむら こうしろう) - 幕府旗本。好事家集団「耽奇会(たんきかい)」の書記を務める。平田篤胤と旧知の仲であった屋代弘賢の弟子。墨家の兵法を駆使して五稜郭を襲う加藤に対抗する。新帝都物語 フレッシュアイペディアより)

  • 中野梧一

    中野梧一から見た五稜郭五稜郭

    慶応4年(明治元年・1868年)の戊辰戦争では抗戦継続派であり、江戸開城後に江戸を脱走し旧幕府軍・彰義隊に身を投じる。途中乗船していた美賀保丸が銚子沖で遭難し、九死に一生を得た。その後に同じく美賀保丸乗船者であった伊庭八郎ら共に新政府軍の追撃を振り切ることに成功し、仙台にて榎本武揚の艦隊と合流。翌明治2年(1869年)の箱館戦争に参戦し5月に五稜郭にて官軍に降伏。榎本らと共に東京に護送され投獄された。中野梧一 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭公園

    五稜郭公園から見た五稜郭五稜郭

    五稜郭公園 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚霍之丞

    大塚霍之丞から見た五稜郭五稜郭

    箱館戦争時は榎本の秘書を務めた。五稜郭陥落に際して榎本が自害しようとするとそれを止めたという。大塚霍之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 木村知夫

    木村知夫から見た五稜郭五稜郭

    コミック日本の名城(実業之日本社)熊本城、五稜郭等を担当。木村知夫 フレッシュアイペディアより)

186件中 31 - 40件表示

「五稜郭」のニューストピックワード