186件中 41 - 50件表示
  • 田島圭蔵

    田島圭蔵から見た五稜郭五稜郭

    明治2年(1869年)5月、箱館総攻撃が決定的な局面を迎えると征討軍軍監を任ぜられる。黒田清隆参謀の命を受けて13日、14日と弁天台場や五稜郭へ降伏勧告を出した。弁天台場は15日に降伏を決定。しかし総裁榎本武揚は五稜郭の降伏を拒否したため攻撃を続行。18日に五稜郭もやむなく降伏する。田島圭蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 板橋刑場

    板橋刑場から見た五稜郭五稜郭

    慶応4年(1868年)、新選組の局長である近藤勇が平尾宿脇本陣で20日間留置された後、板橋宿の入り口にあった平尾一里塚近くの馬捨場(現在の北区滝野川)で斬首された。首塚はないが、板橋駅滝野川口(東口)に供養碑が立てられている。なお、供養碑では「近藤勇宜昌(こんどういさみよしまさ)」となっているが、正しくは「昌宜」である。右側面には戦死者四十名、左側面には病死者、切腹、変死、隊規違反で処刑された人六十四名の名前が刻まれている。塔の左には無縁仏があり、右隣には慶応4年に作られた近藤勇の墓が、そして塔の建立者・永倉新八の墓もある。但し、塔については松本良順が建てたとする説も存在する。また、五稜郭で戦死した土方歳三の供養碑がある。板橋刑場 フレッシュアイペディアより)

  • 松平太郎

    松平太郎から見た五稜郭五稜郭

    6月7日の五稜郭開城後、榎本らと東京に護送され、榎本や大鳥らと同様、東京辰ノ口糾問所に禁固。明治5年(1872年)に釈放され、明治政府に開拓使御用係・開拓使五等出仕に任ぜられて箱館在勤を命じられたが、翌年には辞した。松平太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 滝川具綏

    滝川具綏から見た五稜郭五稜郭

    同年5月、五稜郭の開城により降伏した。家督は弟の規矩次郎が継いだ。滝川具綏 フレッシュアイペディアより)

  • 函館市北洋資料館

    函館市北洋資料館から見た五稜郭五稜郭

    所在地は北海道立函館美術館・五稜郭及び五稜郭タワーに近く、施設は函館市芸術ホール「ハーモニー五稜郭」と隣接している。最寄の市電停留所は「五稜郭公園前」。函館市北洋資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 函館市芸術ホール

    函館市芸術ホールから見た五稜郭五稜郭

    函館市北洋資料館が併設されているほか、近隣に北海道立函館美術館・五稜郭・五稜郭タワーが位置する。ホールには函館市芸術ホール管弦楽団が付属し、毎年メモリアル・コンサート等が開催されている。ほかに、施設には屋外にオープンギャラリーが付帯、舞台裏を見学することが可能な「バックステージ・ツアー」を含めた函館舞台塾なども開かれている。函館市芸術ホール フレッシュアイペディアより)

  • 武田斐三郎

    武田斐三郎から見た五稜郭五稜郭

    緒方洪庵や佐久間象山らから洋学などを学び、箱館戦争の舞台として知られる洋式城郭「五稜郭」を設計・建設した。明治7年(1874年)3月、陸軍大佐。武田斐三郎 フレッシュアイペディアより)

  • メタルマックス3

    メタルマックス3から見た五稜郭五稜郭

    当初の想定では備蓄された物資は100年間はもつとされていたが、施設の破損や老朽化によって欠乏をきたしたため、予定よりも早く門を開ける結果となった。町の形状は五稜郭がモデル。メタルマックス3 フレッシュアイペディアより)

  • 熱海貞爾

    熱海貞爾から見た五稜郭五稜郭

    戊辰戦争においては星恂太郎率いる仙台藩額兵隊の副長となり、慶応4年(1868年)9月12日の仙台藩降伏に従わず、9月15日に出陣し10月12日に折ノ浜(現・石巻市折浜)より榎本艦隊の開陽艦に乗艦し、箱館へわたった。箱館、松前、江差の攻略戦に参加し、箱館政権の樹立を迎えると五稜郭陸軍週番所専務となった。熱海貞爾 フレッシュアイペディアより)

  • 堀真五郎

    堀真五郎から見た五稜郭五稜郭

    戊辰戦争時には徴士内国事務局判事、次いで箱館府兵事取扱役に就任した。1868年(明治元年)10月に榎本武揚率いる旧幕府軍が蝦夷地へ上陸を開始すると侵攻を阻止するため防戦したが敵わず、箱館府知事清水谷公考と共に25日五稜郭を脱して青森へ逃れる。東京に箱館の事情を報告した後、役を罷免されるが翌1869年1月に復職。しかし結局青森在駐軍の事務係とされてしまい、その後の箱館戦争には参戦しなかった。戦後6月に箱館へ戻り、降伏人などを取り締まる。堀真五郎 フレッシュアイペディアより)

186件中 41 - 50件表示

「五稜郭」のニューストピックワード