186件中 61 - 70件表示
  • 維新の嵐

    維新の嵐から見た五稜郭五稜郭

    マップを移動する際に、有名な名所等を通過すると、グラフィックが表示された。五稜郭、松島、鶴ヶ城、日光東照宮、矢切の渡し、日本橋、江戸の花火(8/15限定)、富士山、佐渡金山、名古屋城、神宮(伊勢神宮)、那智の滝、法隆寺、京都、五山の送り火(8/15限定)、大坂、琵琶湖、天橋立、鳥取砂丘、出雲大社、厳島神社、秋吉台、鳴門の渦潮、金刀比羅宮、桂浜、グラバー邸、阿蘇山、桜島の28枚。維新の嵐 フレッシュアイペディアより)

  • 鳳凰丸

    鳳凰丸から見た五稜郭五稜郭

    戊辰戦争時には「太江丸」とともに仙台藩に輸送船として貸し出され、榎本武揚率いる旧幕府海軍脱走艦隊が同地へ寄港した際に返却された。榎本艦隊に輸送船として加入した「鳳凰丸」は1868年12月1日(明治元年10月18日)に宮古湾を出航し、12月3日に僚艦7隻とともに蝦夷地(北海道)鷲ノ木へ到着、乗船した部隊を上陸させた。その後の箱館戦争を生き延び、五稜郭陥落後の1869年7月15日(明治2年旧暦6月7日)に室蘭駐屯の開拓方305名(乗員含む)を乗せて砂原村へ赴き、新政府軍に投降した。鳳凰丸 フレッシュアイペディアより)

  • Aiba函館港町

    Aiba函館港町から見た五稜郭五稜郭

    函館競馬場とは五稜郭をはさんで正反対の位置にあり、両施設を行き来するには時間がかかる。Aiba函館港町 フレッシュアイペディアより)

  • 陰陽大戦記

    陰陽大戦記から見た五稜郭五稜郭

    明治維新前後に活躍した闘神士の会津藩士。刻渡りの鏡で明治元年の会津にやってきたヤクモと出会い共闘、ランゲツを撃退する。明治二年、函館五稜郭でヤクモとコゲンタに再会し、ともに逆式ランゲツと戦う。闘神機や神操機ではなく闘神符で式神を降神させる。陰陽大戦記 フレッシュアイペディアより)

  • 函館中央郵便局

    函館中央郵便局から見た五稜郭五稜郭

    図柄は五稜郭の外枠に(変形印)函館山遠望とハリストス教会。局名表記は「函館中央」。函館中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 田村銀之助

    田村銀之助から見た五稜郭五稜郭

    旧幕府軍が仙台で榎本武揚艦隊と合流すると、共に蝦夷地へ渡った。箱館政権(蝦夷共和国)では、陸軍奉行並土方歳三に所属する榎本総裁附きの小姓となり、また陸軍隊隊長春日左衛門の養子となる。箱館戦争中も非戦闘員として扱われ、通訳の田島応親よりフランス語を学ぶ。明治2年(1869年)5月11日に土方歳三、12日に春日左衛門がそれぞれ戦死すると、総裁榎本武揚や陸軍奉行大鳥圭介らに本営五稜郭からの脱出を勧められるが、断固として拒否した。田村銀之助 フレッシュアイペディアより)

  • 歳三〜新撰組箱館戦記〜

    歳三〜新撰組箱館戦記〜から見た五稜郭五稜郭

    新政府軍による局長近藤勇の斬首の知らせを聞いた土方は、近藤の復讐のため、秋田戦争で戦っている庄内藩に新撰組を伴い加勢しようとしたが、榎本武揚から蝦夷地に徳川家の理想郷を築くという目的を聞いて賛同し、海路で蝦夷地に行く。函館の五稜郭を占領し、函館仮政府独立の嘆願書を新政府に提出するが一蹴される。年が明けて1869年4月に黒田了介ら新政府軍が攻撃を始め、最後の戦いである函館戦争が始まる。歳三〜新撰組箱館戦記〜 フレッシュアイペディアより)

  • フランス軍事顧問団 (1867-1868)

    フランス軍事顧問団 (1867-1868)から見た五稜郭五稜郭

    明治2年4月9日(1868年5月20日)、新政府軍は北海道に上陸、5月11日(6月20日)五稜郭に立て籠もる箱館政権軍に対し、明治新政府軍の総攻撃が開始され、五稜郭は陥落、5月18日(6月27日)総裁・榎本武揚らは新政府軍に投降する。ブリュネらフランス人らは、榎本の勧めに従い、総攻撃前の5月1日(6月10日)に箱館港に停泊中のフランス船に逃れた。フランス軍事顧問団 (1867-1868) フレッシュアイペディアより)

  • 文化財保存計画協会

    文化財保存計画協会から見た五稜郭五稜郭

    国指定特別史跡 五稜郭跡内箱館奉行所庁舎復元整備(平成18年度)所在地:北海道函館市文化財保存計画協会 フレッシュアイペディアより)

  • 戸井町

    戸井町から見た五稜郭五稜郭

    明治2年5月18日(グレゴリオ暦1869年6月27日)に五稜郭の開城で箱館戦争(戊辰戦争)が終結すると、同年8月15日(1869年9月20日)には北海道にも大宝律令にならった国郡里制が施行、渡島国茅部郡・亀田郡を含む11国86郡が置かれ、戸井村はこの際に置かれた茅部郡の所属となった。1879年(明治12年)には郡区町村編制法が施行され、茅部郡・亀田郡ともにこんにちまで続く行政区画として新たに茅部郡・亀田郡となった。この年、西部の小安村と東部の戸井村の間に「戸井村外一村戸長役場」が置かれている。1881年(明治14年)、戸井村・小安村の所属は茅部郡から亀田郡に変更された。戸井町 フレッシュアイペディアより)

186件中 61 - 70件表示

「五稜郭」のニューストピックワード