156件中 81 - 90件表示
  • 丸毛利恒

    丸毛利恒から見た五稜郭五稜郭

    鳥羽・伏見の戦いでは、慶喜の護衛として大坂城に待機。敗戦にともない江戸へ帰還して、江戸城の無血開城が決まると奥詰銃隊を脱走。彰義隊に加わって組頭格に就く。上野戦争では伝令役を務めて諸戦において奮戦する。上野戦争敗走後、海軍副総裁榎本武揚率いる旧幕府軍とともに蝦夷地へ渡り、今度は箱館戦争に身を投じる。箱館では彰義隊差図役頭取、後に五稜郭本営詰めとなる。新政府軍が蝦夷地へ上陸すると敵陣である七重浜襲撃に積極的に参加した。丸毛利恒 フレッシュアイペディアより)

  • 小出秀実

    小出秀実から見た五稜郭五稜郭

    実子がない普請役の1500石の旗本小出英永の両養子として嘉永5年(1852年)7月25日に小出氏の家督を相続、同年に小普請入り、翌嘉永6年(1853年)5月6日に小姓組に移った。昌平坂学問所に学び、講武所の銃隊調練の教導資格を獲得、文久元年(1861年)10月1日に使番、12月7日に目付に登用され、翌文久2年(1862年)9月7日に箱館奉行に任命される。箱館奉行時代、箱館奉行所の五稜郭内移転やアイヌ盗骨事件でイギリスとの談判が幕府に評価され、慶応2年(1866年)8月26日に外国奉行も兼任、10月に樺太国境画定交渉の遺露使節団の代表正使としてロシアへ派遣された。副使は後に最後の北町奉行となる石川利政であり、箱館に残った相役の杉浦梅潭は最後の箱館奉行となる。小出秀実 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚霍之丞

    大塚霍之丞から見た五稜郭五稜郭

    箱館戦争時は榎本の秘書を務めた。五稜郭陥落に際して榎本が自害しようとするとそれを止めたという。大塚霍之丞 フレッシュアイペディアより)

  • 小菅智淵

    小菅智淵から見た五稜郭五稜郭

    戊辰戦争では、幕臣として官軍に抗し、箱館戦争に至るまで各地を転戦し、五稜郭の戦いの後、捕らわれの身となった。小菅智淵 フレッシュアイペディアより)

  • 池田長裕

    池田長裕から見た五稜郭五稜郭

    天保11年(1840年)旗本池田長顕の嫡男として生まれる。万延元年(1860年)将軍家茂の小姓となる。翌2年(1861年)父長顕が急死し家督相続。慶応元年(1865年)長州征討に出陣する家茂の供をする。慶応2年(1866年)寄合となる。慶応4年(1868年)彰義隊に参加。同年4月に路線対立から頭取の渋沢成一郎が脱退すると、彰義隊頭となる。同年5月15日上野戦争に破れると船で磐城平、更に北海道の五稜郭に逃れ新政府軍に抗戦した。池田長裕 フレッシュアイペディアより)

  • 河津祐邦

    河津祐邦から見た五稜郭五稜郭

    嘉永3年(1850年)9月家督を継いで小普請入りし、同年12月に表火之番に就任。翌4年(1851年)8月に徒目付に就任。安政元年(1854年)7月28日、箱館奉行支配調役(150俵高)となって蝦夷地の開拓や五稜郭の築造に携わり、同年12月27日に箱館奉行支配組頭となり同時に御目見の身分となる。安政5年(1858年)2月27日に布衣を許され、家禄は100俵高となる。河津祐邦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東友賢

    伊東友賢から見た五稜郭五稜郭

    五稜郭の落城後に、患者を連れて脱出して上京するが、逮捕されて、謹慎閉居の身になる。1872年にジェームズ・バラによって洗礼を受けて、日本基督公会の会員になった。伊東友賢 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島虚心

    飯島虚心から見た五稜郭五稜郭

    幕臣の長男として江戸に生まれる。文久2年(1862年)頃に昌平黌に学び、文久3年(1863年)に書物御用出役として上海視察団に同行している。慶応2年(1866年)頃に騎兵差図役並に配転され、成島柳北の配下になる。慶応4年(1868年)の江戸開城にさいして榎本武揚の江戸湾脱出に同行し、回天丸に乗艦し箱館戦争に参加。明治2年(1869年)の五稜郭陥落に伴い捕虜となり、翌年に赦免された。明治5年(1872年)頃に文部省編集局に入り教科書編集に従事。この時期に大槻如電・大槻文彦・那珂通高と知り合い、「洋々社」というサークルを結成し機関誌の編集も行う。明治33年(1900年)には下谷上根岸に居住し、翌年に逝去する。享年61。法名は「清閑院霊誉虚心居士」。静岡県の最誓寺(伊東市音無町)に墓がある。飯島虚心 フレッシュアイペディアより)

  • 箱館戦争

    箱館戦争から見た五稜郭五稜郭

    蝦夷地の大部分はもともと幕府の直轄地であったが、新政府は箱館の五稜郭に箱館府を設置してこれを統治しようとしていた。旧幕府軍は大鳥圭介と土方歳三の二手に分かれて箱館へ向けて進軍するが、無用な戦闘は意図しておらず、まずは箱館府知事・清水谷公考に使者を派遣した。新政府への嘆願書をたずさえた人見勝太郎ら30名が先行するが、明治元年(1868年)10月22日、峠下で弘前藩兵などからなる箱館府軍の待ち伏せに遭い、戦端が開かれる。箱館戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 田村銀之助

    田村銀之助から見た五稜郭五稜郭

    旧幕府軍が仙台で榎本武揚艦隊と合流すると、共に蝦夷地へ渡った。箱館政権(蝦夷共和国)では、陸軍奉行並土方歳三に所属する榎本総裁附きの小姓となり、また陸軍隊隊長春日左衛門の養子となる。箱館戦争中も非戦闘員として扱われ、通訳の田島応親よりフランス語を学ぶ。明治2年(1869年)5月11日に土方歳三、12日に春日左衛門がそれぞれ戦死すると、総裁榎本武揚や陸軍奉行大鳥圭介らに本営五稜郭からの脱出を勧められるが、断固として拒否した。田村銀之助 フレッシュアイペディアより)

156件中 81 - 90件表示

「五稜郭」のニューストピックワード

  • 好ましい首相

  • ADIDAS HIMARAYA TENNIS FESTIVAL 2016 TOKYO FINAL

  • ティビィシィ・スキヤツト