186件中 81 - 90件表示
  • HKB

    HKBから見た五稜郭公園五稜郭

    函館駅前バスターミナル - 五稜郭公園・五稜郭タワー - トラピスチヌ修道院 - 土方啄木浪漫館 - 啄木小公園 - 函館駅前バスターミナル - 湯の川温泉HKB フレッシュアイペディアより)

  • 龍 -RYO-

    龍 -RYO-から見た五稜郭五稜郭

    龍馬が暗殺された時に近江屋の前に居たためRYOに暗殺犯に疑われることになり、蝦夷地江差で座礁した五稜郭政府旗艦開陽丸でRYOと対峙する事になる。龍 -RYO- フレッシュアイペディアより)

  • 湯倉神社

    湯倉神社から見た五稜郭五稜郭

    箱館戦争のとき五稜郭を占領していた榎本武揚率いる軍は、250名の傷病兵をこの温泉で療養させたり、また榎本自らも時々浸かっていた。湯倉神社 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井鎌吉

    荒井鎌吉から見た五稜郭五稜郭

    明治2年4月20日(1869年5月31日)、箱館戦争の木古内の戦いで伊庭が重傷を負った日に箱館に到着。伊庭は五稜郭に収容されたため、彼の看護に専念する。5月、伊庭の死を見届けた後、彼の遺品を預かり、伊庭家の菩提寺の貞源寺へ届ける。荒井鎌吉 フレッシュアイペディアより)

  • 遠国奉行

    遠国奉行から見た五稜郭五稜郭

    幕末の箱館開港を機に、乙部村以北と木古内村以東の和人地と全蝦夷地(北州)が再度上知され、安政3年(1856年)再び箱館に箱館奉行が置かれる。開港地箱館における外国人の応対も担当した。定員は2 - 4名で、内1名は江戸詰となる。役高は2,000石で、役料1,500俵、在勤中の手当金700両が支給された。奉行所は、最初は前回同様宇須岸館跡に置かれたが、元治元年(1864年)奉行所を五稜郭へ移転した。遠国奉行 フレッシュアイペディアより)

  • FC函館ナチャーロ

    FC函館ナチャーロから見た五稜郭五稜郭

    エンブレムには五稜郭の形が使われている。FC函館ナチャーロ フレッシュアイペディアより)

  • 四稜郭

    四稜郭から見た五稜郭五稜郭

    五稜郭を援護する支城として、また東照宮を守護する為に北東約3キロメートル離れた丘陵上に洋式築城法により築かれた。建設を指揮したのは大鳥圭介あるいはブリュネ大尉といわれている。建設には旧幕府兵卒200人および近隣住民100人が徴用され、昼夜兼行の突貫工事で造り上げたと言われる。しかし、堡塁としては脆弱であり、立て篭もるには手狭で井戸等の設備も存在しなかった。星形要塞であるものの、実際には野戦築城に近いものである。四稜郭以外に当時造られた要塞としては川汲台場(現・函館市)や峠下台場(現・七飯町)などがある。峠下台場は漫画の吹き出しのような七稜形である。四稜郭 フレッシュアイペディアより)

  • 星恂太郎

    星恂太郎から見た五稜郭五稜郭

    箱館戦争では、恂太郎は禁酒して別人のようになり、榎本率いる蝦夷共和国陸軍の第三列士満第二大隊長として奮戦した。木古内の戦いで官軍の攻勢に抗しきれず撤退することになった際、自決することを思ったが、隊士に止められた。五稜郭で包囲されて投降を迫られた際、官軍の黒田清隆は酒樽五樽と肴の鮪五尾を送ってきたが、毒殺を恐れてこれに手を付けるものが誰もいなかった。恂太郎が、笑って樽の鏡を割って一杯飲みほして見せたので、諸将もこれに従った。星恂太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 人吉城

    人吉城から見た五稜郭五稜郭

    幕末に築かれた御館の石垣の一部には、ヨーロッパの築城技術である槹出工法(はねだしこうほう)を応用した「武者返し」と呼ばれる独特の石垣がある。この武者返しは城壁最上部に平らな石がやや突き出して積んであり、ねずみ返しのように城壁越えを阻止すると共に、割合簡単に落下させられるようになっており、城壁に張り付いた敵への攻撃にも使えるようにしている。この城壁は日本の城では他に函館の五稜郭と鶴岡城にしかない(城以外も含めればお台場にも見られる)珍しいもので、いずれも人吉城の石垣程の規模ではない。人吉城 フレッシュアイペディアより)

  • 小菅智淵

    小菅智淵から見た五稜郭五稜郭

    その後、講武所に入り、士官としての軍事教育を受け幕府陸軍の歩兵差図役、同頭取となり、慶応4年(1868年)3月13日には歩兵頭並に昇進し、同3月中には工兵隊に転属となり、工兵頭並に転出した。戊辰戦争では、幕臣として官軍に抗し、箱館戦争に至るまで各地を転戦し、五稜郭の戦いの後、捕らわれの身となった。小菅智淵 フレッシュアイペディアより)

186件中 81 - 90件表示

「五稜郭」のニューストピックワード