109件中 21 - 30件表示
  • 五稜郭

    五稜郭から見た厩舎

    五稜郭内には、奉行所庁舎のほか、用人や近習の長屋、、仮牢など計26棟が建てられた。建材は津軽・南部・出羽など、瓦は能登・越後など、釘や畳は江戸というように各地から運ばれた資材が用いられた。なお、建材は能代などで予め加工し、現場では組立だけとすることで、経費節減に努めていた。五稜郭 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭

    五稜郭から見た函館区

    1913年(大正2年)、函館区長・北守政直が陸軍大臣に、五稜郭を公園として無償貸与して欲しいとの請願を行った。陸軍から、使用許可時点の状態を変更することは認めない、最小限の便益施設の設置や新たな樹木の植栽は全て函館要塞司令部の許可が必要である、かつ借用期間中の土地建物等の保存責任と費用負担は函館区が負う、などの条件付きで使用許可が出され、翌年五稜郭公園(ごりょうかく こうえん)として一般開放された。また、函館毎日新聞が発行1万号を記念して、1913年から10年かけて数千本のソメイヨシノを植樹した。この桜は現在も約1,600本が残っており、北海道内有数の花見の名所となっている。五稜郭 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭

    五稜郭から見た箱館

    五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期に江戸幕府により蝦夷地の箱館(現在の北海道函館市)郊外に建造された稜堡式の城郭である。同時期に築城された長野県佐久市の龍岡城も稜堡式城郭であり「五稜郭」と呼ばれるが、単に「五稜郭」といえば函館の城郭とする場合も多い。五稜郭 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭

    五稜郭から見た中川嘉兵衛

    一般市民は立入禁止となっていたが、中川嘉兵衛が陸軍の許可を得て、1871年から五稜郭の氷を切り出し「函館氷」として売り出している。五稜郭 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭

    五稜郭から見た函館バス

    函館バス「五稜郭公園入口」 - 徒歩7分、「中央図書館前」下車すぐ(裏門から入場)五稜郭 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭

    五稜郭から見た大阪バス

    北海道バス(函館特急ニュースター号)「五稜郭公園前」- 徒歩15分五稜郭 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭

    五稜郭から見た道南いさりび鉄道

    函館本線・道南いさりび鉄道の五稜郭駅からは2キロメートル程度離れている。五稜郭 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭

    五稜郭から見たクルップ

    五稜郭に配備されていたものではないが、箱館戦争で使用された大砲が2門、郭内に展示されている。1門は、旧幕府軍が箱館占領中に構築した築島台場に備え付けられた砲(英・ブラッケリー社製)で、もう1門は明治2年5月11日の箱館湾海戦で沈没した新政府軍の軍艦・朝陽の砲(独・クルップ社製)である。五稜郭 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭

    五稜郭から見た土塁

    1856年(安政3年)11月、組頭・河津祐邦、調役並・鈴木孫四郎、下役元締・山口顕之進、諸術教授役・武田斐三郎らを台場並亀田役所土塁普請掛に任命し、1857年(安政4年)7月に五稜郭の築造を開始。建物については、1856年(安政5年)から郭外北側に役宅を建設、1861年(文久元年)に奉行所庁舎建設を開始した。施工は土木工事を松川弁之助、石垣工事を井上喜三郎、奉行所の建築を江戸在住の小普請方鍛冶方石方請負人中川伝蔵が請け負った。当初は、まず掘割と土塁工事、続いて建物工事、最後に石垣工事を行う計画だったが、この地は地盤が脆弱で冬季の凍結・融解により掘割の壁面が崩落したため、急遽石垣工事を先行させた。五稜郭 フレッシュアイペディアより)

  • 五稜郭

    五稜郭から見た函館山

    五稜郭は箱館開港時に函館山の麓に置かれた箱館奉行所の移転先として築造された。しかし、1866年(慶応2年)の完成からわずか2年後に幕府が崩壊、短期間箱館府が使用した後、箱館戦争で旧幕府軍に占領され、その本拠となった。明治に入ると郭内の建物は1棟を除いて解体され、陸軍の練兵場として使用された。その後、1914年(大正3年)から五稜郭公園として一般開放され、以来、函館市民の憩いの場とともに函館を代表する観光地となっている。五稜郭 フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「五稜郭」のニューストピックワード