127件中 71 - 80件表示
  • アスリート応援TV! ニッポン!チャ×3

    アスリート応援TV! ニッポン!チャ×3から見た井ノ原快彦井ノ原快彦

    合宿では技術面もさることながら座禅を組むと言ったメンタル面からも立て直すという徹底した過程を経て、一応のポジションを与え実際に試合に臨む。助っ人として紳助が4番打者でサード(後にリリーフピッチャー)、V6の井ノ原快彦(第1戦)と坂本昌行(第2戦)が加わる(つまり1試合で2人の助っ人)。第1戦の初回の守備につく際に、補欠の2人も誤って外野の守備についてしまうというハプニングがあったが、これは彼らにすればハプニングではなく、野球は9人で行うというルールすら知らないという証しとも言える。アスリート応援TV! ニッポン!チャ×3 フレッシュアイペディアより)

  • 短縮鉄道の夜

    短縮鉄道の夜から見た井ノ原快彦井ノ原快彦

    第12夜 - 2007年12月19日:井ノ原快彦・長野博(V6)短縮鉄道の夜 フレッシュアイペディアより)

  • 第62回NHK紅白歌合戦

    第62回NHK紅白歌合戦から見た井ノ原快彦井ノ原快彦

    『日刊サイゾー』の記事に掲載されているある芸能プロダクション関係者の発言によると、V6、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2の出演が「内定」といわれていた(さらに、同関係者は『リアルライブ』の記事における関係者と同様の理由でタッキー&翼についても出場を有力視していた)。同関係者はV6の内定理由についてメンバーの井ノ原快彦が『あさイチ』と『思い出のメロディー』の司会を担当したことから「井ノ原のおかげ」と説明し、関ジャニ∞とKis-My-Ft2については「今年事務所がイチオシ」であると言及した。なお井ノ原について、『日刊ゲンダイ』(2011年8月4日付)、『東京スポーツ』(同年8月11日付)、『J-CASTテレビウオッチ』(同年9月24日付)、『リアルライブ』(同年9月28日付)が本紅白の司会(白組司会・総合司会)の最有力候補であるとも報じていた(並びに有働由美子の司会起用の可能性も取り沙汰された。有働は井ノ原と『あさイチ』と『思い出のメロディー』で共演)。第62回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ホールドアップダウン

    ホールドアップダウンから見た井ノ原快彦井ノ原快彦

    クリスマス・イブの昼下がり。異様に目立つサンタクロースの格好で、車の中で怪しげな準備をする二人の銀行強盗、木俣兆次(井ノ原快彦)と佐川豊(三宅健)。銃を構え銀行へ乗り込み大金を奪うが、木俣はそこで一目見た赤井凛子(香椎由宇)に心を奪われる。ホールドアップダウン フレッシュアイペディアより)

  • 坪田塁

    坪田塁から見た井ノ原快彦井ノ原快彦

    井ノ原快彦の舞台『イノなき』やケイダッシュが手がけるユニット・PureBoysのステージなど、大手芸能事務所のプロダクトワークが多くなり、2008年2月、テレビ番組『クイズ!ヘキサゴンII』から派生した舞台『ヘキサな二人』(制作はケイダッシュステージ)で2002年のキティママ社活動休止以来6年振りにつるの剛士と仕事をする。坪田塁 フレッシュアイペディアより)

  • 柳澤秀夫

    柳澤秀夫から見た井ノ原快彦井ノ原快彦

    「あさイチ」の司会者である井ノ原快彦とともにスタジオトークでゲスト出演。柳澤秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • only dreaming/Catch

    only dreaming/Catchから見た井ノ原快彦井ノ原快彦

    『ミュージックステーション』でのテレビ初披露の際、リハーサルにて同じ箇所で坂本昌行が歌詞を何度も間違えるという井ノ原快彦曰く「大問題」が起こったが、生放送では無事歌いきった。only dreaming/Catch フレッシュアイペディアより)

  • フジTV警察24時

    フジTV警察24時から見た井ノ原快彦井ノ原快彦

    井ノ原快彦がジャニーズとしては異様に目が細いとして不当表示で逮捕。フジTV警察24時 フレッシュアイペディアより)

  • 日本コカ・コーラ

    日本コカ・コーラから見た井ノ原快彦井ノ原快彦

    コカ・コーラ(No Reason! キャンペーン) 東山紀之・堂本光一・井ノ原快彦・嵐・岡田准一・山下智久日本コカ・コーラ フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た井ノ原快彦井ノ原快彦

    渡辺プロダクションの全盛期が過ぎ去るのと入れ替わる様に1980年代から芸能界で大きな影響力を持つようになったジャニーズ事務所に所属する歌手の出場は、1994年・第45回 - 2008年・第59回まで、近藤真彦の返り咲き出場を例外とすればSMAP・TOKIOに限定されていた。状況に変化があったのは2009年・第60回で、この両者に加え嵐とNYC boys(NYCの前身。「こども紅白歌合戦」に出場したスノープリンス合唱団も含めると5組)が出場した。翌2010年・第61回でも、白組司会の嵐を含め4組が出場した。とはいえ、この2010年にはメンバーの井ノ原快彦が総合テレビでのレギュラー番組『あさイチ』で司会を務めていることなどから出場を有力視されていたV6が不選出という事例もあった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

127件中 71 - 80件表示

「井ノ原快彦」のニューストピックワード