98件中 21 - 30件表示
  • 森大助

    森大助から見た井上康生井上康生

    柔道は8歳の時に始めた。北都中学から旭川大高校に進むと、3年の時にインターハイ軽重量級と全日本ジュニアの95kg級でそれぞれ3位となった。1997年に天理大学へ進学すると、全日本学生柔道優勝大会では1年生から4年連続で3位、学生体重別団体では3年生から2年連続3位になるなど団体戦では一定の活躍を示したが、個人戦では際立った活躍が見られなかった。2001年には北海道警察所属となり、全国警察柔道選手権大会100kg級で優勝した。2003年の全日本選手権では準決勝で世界チャンピオンである綜合警備保障の井上康生と対戦すると、先に谷落で技ありと小外刈で有効を取るなど大きくリードする健闘を見せたが、その後背負投で逆転負けを喫したものの、3位入賞を果たした。アジア選手権では無差別で優勝を飾った。講道館杯決勝では平成管財の市ノ渡秀一を破って優勝を果たした。2004年の全日本選手権では準決勝で昨年に続いて井上と対戦するが、横四方固で敗れるも2年連続で3位となった。体重別では3位だった。全国警察柔道選手権大会ではこの年から無差別で3連覇を達成することになった。2005年の講道館杯では決勝で旭化成の高橋宏明に敗れた。森大助 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山顕志

    丸山顕志から見た井上康生井上康生

    長崎で生まれるがその後宮崎に移ると、5歳の時に後に井上康生を輩出することになる「静充館柔道場」で柔道を始めた。宮崎中学から国士舘高校に進み、3年の時には金鷲旗で2位となった。国士舘大学2年の時には新人体重別で優勝した。3年の時には正力杯と正力国際の決勝で、長年のライバルとなる東海大学の大熊政彦をそれぞれ下して優勝を果たした。1988年に大学を卒業してダイコロ所属となると、実業個人で優勝を飾った。1989年には体重別で日本体育大学教員の山本洋祐を判定で破り優勝するが、世界選手権代表には選出されなかった。1991年には講道館杯決勝で大熊に有効で勝つものの体重別決勝では大熊に判定で敗れて、またも世界選手権代表には選ばれなかった。その後、アジア選手権で優勝すると、1992年にはフランス国際、ブルガリア国際、講道館杯と立て続けに優勝した。体重別では準決勝で東海大学の中村行成に判定で敗れて3位にとどまったものの、世界2位である大熊も準決勝で敗れたこともあり、国際大会での勢いを買われてバルセロナオリンピック代表に選ばれた。しかし、バルセロナオリンピックでは準々決勝でキューバのイスラエル・エルナンデスに効果で敗れると、敗者復活戦でもベルギーのフィリップ・ラーツに合技で敗れて7位に終わった。続く嘉納杯では決勝で大熊を有効で破って優勝を飾った。その後、元プロ野球選手の金子勝美と出会い、その人間性に感化されたことがきっかけで現役を引退して、ビジネスの世界に足を踏み入れることになった。1996年には「丸山スペシャル」という会社を設立すると、1999年には「泰山学舎」という柔道場も開設した。2012年にはネットワークビジネスの「ノヴァーレ・ジャパン」社長に就任した。丸山顕志 フレッシュアイペディアより)

  • 古根川実

    古根川実から見た井上康生井上康生

    聖徳中学から東海大仰星高校へ進むと、3年の時にはインターハイ軽量級の決勝で国士舘高校3年の内柴正人に判定で敗れた。東海大学へ進学すると、1年の時にはジュニア体重別60kg級で優勝を飾った。2年の時にはチェコ国際で国際大会初優勝を飾った。3年の時には正力杯で3位だったものの、チェコ国際で2連覇すると、ハンガリー国際でも優勝を飾った。4年の時にはベルギー国際で優勝した。2001年には大阪府警の所属となった。選抜体重別では決勝で大学の先輩である神奈川県警の徳野和彦に敗れるも2位となった。大阪で開催された東アジア大会では優勝を飾った。ロシア大統領杯の団体戦でも優勝した。2002年には嘉納杯で3位になると、ドイツ国際では2位となった。スイスのバーゼルで開催されたワールドカップ国別団体戦では、初戦のブラジル戦のみの出場だったものの勝利して、優勝メンバーの一員として名を連ねることにもなった。引退後の2012年11月には、東海大学時代に同期だった監督の井上康生の指名を受けて、全日本男子代表チームのコーチに就任した。古根川実 フレッシュアイペディアより)

  • アホマイルド

    アホマイルドから見た井上康生井上康生

    小学2年生から柔道をやっており、高校で入っていた部活も柔道部。講道館柔道の段位は二段。高校2年生の時に出場したインターハイ予選の時には井上康生と対戦した経験がある。『やりすぎコージー』の『やりすぎ格闘王決定戦』に出演した時には『井上康生と鎬を削った男』と紹介された。アホマイルド フレッシュアイペディアより)

  • 濱野千穂

    濱野千穂から見た井上康生井上康生

    小学校6年の時には全国少年柔道大会の団体戦で、軽量級の女子選手ながら田崎柔道少年団の一員として決勝まで進むと、静充館柔道場の井上康生と対戦するが袈裟固で敗れて2位にとどまった。鹿屋中学3年の時には全国中学校柔道大会48kg級で2位になった。福岡工大付属高校時代は後のシドニーオリンピック57kg級銅メダリストの日下部基栄と同級生だった。しかし、2年の時に出場した全国高校選手権では3回戦で敗れるなど大きな実績を上げることはできなかった。日下部と同じく純真女子短大に進学すると、1年の時に正力杯で3位、2年の時には優勝を飾った。その後東和大学(2011年廃校)に編入すると、3年の時には正力杯で2連覇を飾った。全国女子体重別でも3位になった。4年の時には選抜体重別で決勝まで進むも、トヨタ自動車の田村亮子に注意で敗れた。正力杯では決勝で筑波大学1年の中島英里子に敗れて3連覇はならなかった。全国女子体重別では決勝で日体大4年の北田佳世を破って優勝を果たした。福岡国際では決勝でシドニーオリンピックで優勝したばかりの田村との再戦になったが警告で敗れた。2001年のフランス国際では3位になると、大学を卒業して肥後銀行所属となった。選抜体重別決勝ではまたもや田村に総合負けで敗れた。東アジア大会では3位にとどまった。2003年には実業個人選手権で優勝を飾った。濱野千穂 フレッシュアイペディアより)

  • 七條芳美

    七條芳美から見た井上康生井上康生

    柔道は8歳の時に井上康生も所属していたことで知られる静充館で始めた。檍中学2年の時に全国中学校柔道大会の56kg超級で3位、3年の時には優勝を飾った。高校は福岡県にある福岡工大附属高校へ進むと、2年の時に全国高校選手権70kg級で2位となった。3年の時には金鷲旗の決勝で淑徳高校と対戦すると、大将戦で中沢さえを横四方固で破ってチームを優勝に導いた。インターハイ団体戦では市立柏高校に敗れて2位だった。全日本ジュニアで優勝を飾ると、世界ジュニアでは3位に入った。2001年に東海大学へ進学すると、1年の時には優勝大会で3位、全日本ジュニアでは2位だった。2年の時には優勝大会で2位となった。3年の時には優勝大会でこの年に東海大学へ入学してきた妹の晶などとともに活躍して優勝を果たした。さらに、学生体重別と講道館杯でも優勝を飾った。4年の時には優勝大会と学生体重別を連覇して2年連続学生2冠を達成した。講道館杯では淑徳大学の岡明日香に敗れて2位にとどまった。世界学生では優勝を飾った。2005年には了徳寺学園の職員になると、選抜体重別の決勝でアテネオリンピック金メダリストである三井住友海上の上野雅恵に敗れるも2位となった。2006年には実業個人選手権で優勝した。2008年からは比叡山中学の教員となった。なお、世界学生の60kg級で2連覇を達成した同じ職場の米富和郎と結婚した。七條芳美 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た井上康生井上康生

    柔道で井上康生と野村忠宏と田村亮子の全盛期でシドニーオリンピックで金メダルを獲得する。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 小斎武志

    小斎武志から見た井上康生井上康生

    福岡大学卒業後、NEXCO(東日本高速道路)柔道部に在籍。100kg級で井上康生、鈴木桂治らとしのぎを削った。小斎武志 フレッシュアイペディアより)

  • 猿渡琢海

    猿渡琢海から見た井上康生井上康生

    小学校1年の時に柔道を始めた。柳川高校ではアテネオリンピック78kg級金メダリストの阿武教子と同級生だった。2年の時にはインターハイ県予選でライバルの大牟田高校2年の高森啓吾を破って本戦に出場するも、予選リーグで敗れた。3年の時には全日本ジュニアに出場して2位となった。1995年には阿武と同じく明治大学に進んだ。2年の時には全日本学生柔道優勝大会で2位となった。正力杯では決勝で日本大学2年の上口孝太に敗れた。講道館杯でも決勝で警視庁の真喜志慶治に敗れた。4年の時には全日本学生柔道優勝大会でチームの優勝に貢献した。1999年にJRA所属となると、全日本選手権では準決勝で旭化成の篠原信一に支釣込足で技ありを取られて敗れるも、3位入賞を果たした。ユニバーシアードの無差別では3位だった。講道館杯では決勝で新日鉄の増地克之を破って優勝した。2001年にはアジア選手権で優勝を飾った。2002年の体重別では大学の後輩となる明治大学4年の棟田康幸に敗れて2位だった。全日本選手権では準決勝で綜合警備保障の井上康生に背負投で敗れるも、2度目の3位入賞を果たした。猿渡琢海 フレッシュアイペディアより)

  • グランドスラム・東京2015

    グランドスラム・東京2015から見た井上康生井上康生

    今大会における81kg級準決勝の永瀬貴規対韓国のイ・スンス戦で誤審が起こった。この試合では永瀬が指導1でリードした中盤にイに内股を仕掛けたが跨れたために、股間の下に入り込んだ左手がイの上裾を掴んだ状態から、イを掬い投げのように勢いよく投げた。しかしながら、それがポイントにならないどころか、反則負けの対象となる足取りと見なされて3位に終わり、今大会3連覇はならなかった。監督の井上康生はジュリーに対して、一連の攻撃では下半身に触れておらずルール上反則にならないと猛然と抗議した。ビデオで何度もチェックし直すと、下半身には触れていなかったことが明らかになったために、IJF主任審判委員長のフアン・カルロス・バルコスは誤審を認めて謝罪した。だが、結局判定が覆ることはなかった。井上はこの件に関して「2度とあってはならないことだし、納得できない部分があるので」IJFに意見書を提出するという。永瀬を指導する筑波大学総監督の岡田弘隆は、「主審は仕方がない。ビデオでチェックするジュリー(審判委員)の知識と理解が足りなかった。ちょっとレベルを疑います」とコメントした。グランドスラム・東京2015 フレッシュアイペディアより)

98件中 21 - 30件表示

「井上康生」のニューストピックワード