51件中 31 - 40件表示
  • 綜合警備保障

    綜合警備保障から見た井上康生井上康生

    井上康生 - シドニーオリンピック柔道競技(100kg級)金メダル綜合警備保障 フレッシュアイペディアより)

  • モブルド・ミラリエフ

    モブルド・ミラリエフから見た井上康生井上康生

    2003年の世界選手権無差別では準決勝でエストニアのインドレク・ペルテルソンに指導2で敗れたものの、100kg級の選手ながら3位となった。翌年のアテネオリンピック100kg級では2回戦で敗れたが、敗者復活戦で井上康生を大内返で破ったものの、その後の3位決定戦で敗れて5位に終わった。2008年の北京オリンピックでは準決勝でモンゴルのナイダン・ツブシンバヤルに有効で敗れたものの、3位決定戦には勝って銅メダルを獲得した。モブルド・ミラリエフ フレッシュアイペディアより)

  • 塚田真希

    塚田真希から見た井上康生井上康生

    井上康生や吉田沙保里とともに所属会社のCMに出演していたことでも知られる。塚田真希 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回NHK紅白歌合戦

    第51回NHK紅白歌合戦から見た井上康生井上康生

    井上康生(柔道選手。シドニーオリンピック柔道男子100kg級金メダル)第51回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • デニス・ファンデルヘースト

    デニス・ファンデルヘーストから見た井上康生井上康生

    1997年の世界選手権無差別で3位となった。1999年のヨーロッパ選手権無差別ではフランスのダビド・ドゥイエに払巻込で一本勝ちしたものの、結果として3位に終わった。続く世界選手権無差別では、2回戦で篠原信一に内股すかしで敗れたが、その後持ち直して3位となった。2000年のシドニーオリンピックでは初戦でロシアのタメルラン・トメノフに敗れた。翌年の世界選手権では無差別で3位となった。2003年の世界選手権では決勝で棟田康幸に指導3で敗れて2位に終わった。翌年のアテネオリンピックでは銅メダルを獲得した。この時一緒に出場した弟は、100kg級の準々決勝で井上康生に背負投で一本勝ちしながら結果として5位に終わり、兄弟でのメダル獲得はならなかった。2005年の世界選手権無差別の決勝では、それまで分のよくなかったトメノフに体落で一本勝ちを成し遂げて、30歳にして世界チャンピオンとなった。2008年の北京オリンピックでは初戦でトメノフに敗れた。その後引退して、現在はDJとして活躍している。デニス・ファンデルヘースト フレッシュアイペディアより)

  • アリエル・ゼエビ

    アリエル・ゼエビから見た井上康生井上康生

    1999年の世界選手権では準決勝で井上康生と対戦することになったが、ケガで棄権して5位となった。2000年のシドニーオリンピックでは準々決勝で井上に内股で敗れて5位だった。2001年の世界選手権では100kg級は2回戦で敗れたものの、無差別では決勝まで進むが、ロシアのアレクサンドル・ミハイリンに出足払で敗れて2位にとどまった。2004年のアテネオリンピックでは銅メダルを獲得した。2008年の北京オリンピックでは2回戦で敗れた。2012年のヨーロッパ選手権では35歳で優勝して今大会最年長チャンピオンになり、イスラエル選手団の旗手にも選ばれたが、試合では初戦で敗れたアリエル・ゼエビ フレッシュアイペディアより)

  • 吉村和郎

    吉村和郎から見た井上康生井上康生

    今回の惨敗を受けてなお、「1期より2期やらせた方がいい」「誰も負けようと思ってやっていない。たまたま、こういう結果になった」「男女の両監督は五輪1大会しか務めていないし、残すのが前提」などと、男子監督の篠原信一と女子監督の園田隆二の続投を支持する発言を機会あるごとに強調し続けてきたが、結果的に篠原が辞意を固めたことで、男子の監督は井上康生が務めることになった。一方、続投となった園田は2012年12月にロンドンオリンピック代表を含む15名の強化選手にその暴力体質をJOCに告発されると、それが公になった2013年2月には監督を辞任するに至った。吉村和郎 フレッシュアイペディアより)

  • みらいのつくりかた

    みらいのつくりかたから見た井上康生井上康生

    井上康生(2012年11月28日、柔道)みらいのつくりかた フレッシュアイペディアより)

  • 谷亮子

    谷亮子から見た井上康生井上康生

    勝って当然というプレッシャーの中で、長年、モチベーションを維持して頂点に立ち続ける精神力も桁外れであり、井上康生は「どういう精神構造なのかな。ゆっくり話を聞きたい。真剣にそう思う」と評している。谷亮子 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・ギル

    ニコラス・ギルから見た井上康生井上康生

    1992年のバルセロナオリンピック86kg級では、準々決勝で世界チャンピオンの岡田弘隆を掬投の技ありで破るなどして銅メダルを獲得した。1993年には地元のカナダで開催された世界選手権で決勝まで進むも、中村佳央に内股で一本負けして2位に終わった。1995年の世界選手権では3位となったが、翌年のアトランタオリンピックでは7位に終わった。その後階級を100kg級に上げて、1999年の世界選手権では3位になった。2000年のシドニーオリンピックでは決勝で世界チャンピオンの井上康生に内股で一本負けするも2位となった。2004年のアテネオリンピックでは初戦で敗れた。ニコラス・ギル フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「井上康生」のニューストピックワード