98件中 81 - 90件表示
  • 選手強化キャンペーン

    選手強化キャンペーンから見た井上康生井上康生

    これらの制度改革により、塚原直也(体操・朝日生命保険)、井上康生(柔道・綜合警備保障)らが「自社プログラム出演選手」、谷亮子(柔道)、北島康介(競泳)らが「特別強化指定選手」として、また、高橋尚子、有森裕子(いずれも陸上競技・マラソン)らも「強化指定対象除外選手」としてCMにほぼ自由な形で出演できるようになった。選手強化キャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 原沢久喜

    原沢久喜から見た井上康生井上康生

    4月からはJRAの労務厚生課所属となった。体重別では準決勝で王子谷に有効で敗れたが、続く全日本選手権では準決勝で苦手にしていた原沢と同期のライバルである王子谷を指導3で破ると、決勝では七戸を有効で破り、今大会初優勝を飾ることになった。しかしながら今大会で優勝してなおかつ国際大会でも一定の結果を残しながら、世界選手権代表には選出されなかった。なお、全日本代表の井上康生監督から体重別と全日本選手権の両方を制しておかないと代表にはなれないとあらかじめ言われていたという。原沢久喜 フレッシュアイペディアより)

  • 海老沼匡

    海老沼匡から見た井上康生井上康生

    準決勝で東海大学3年の高市賢悟に合技で敗れるが、世界選手権代表に選出された。8月の世界選手権では決勝で地元ロシアのミハイル・プリャエフを内股で破って日本男子としては2003年の井上康生以来、史上5人目の世界選手権3連覇を達成した。世界団体決勝では地元ロシアの選手と対戦して敗れたものの、チームは3-2で優勝を飾った。12月のグランドスラム・東京では、準決勝で神港学園高校2年の阿部一二三と対戦すると、有効を先取しながら終盤に技ありを取られて逆転負けを喫すると、3位決定戦でも高市に一本負けして5位に終わった。12月22日には交際中の三井住友海上の阿部香菜と結婚した。彼女は女子63kg級で世界選手権の5位になったこともあった。リムジンを用意して東京タワーなどを回りながら、車内でプロポーズをしたという。阿部は柔道を一番に考える自分をきちんと理解してくれて、一緒にいても気を使わないところが良いと語っている。海老沼匡 フレッシュアイペディアより)

  • 王子谷剛志

    王子谷剛志から見た井上康生井上康生

    幼少の頃は柔道好きの父親によく柔道の試合を見せられていた。そのなかでも井上康生の試合に魅了されたこともあって、7歳の時にやまびこ少年柔道クラブで柔道を始めた。小学生の時は父親に払腰と大外刈を仕込まれた。東海大相模中学時代は全国大会の個人戦、団体戦で何度か上位に入るが優勝までには至らなかった。なおこの時期は、監督の林田和孝の指示で払腰ではなく大外刈の方を重点的に強化することになった。東海大相模高校2年の時には1年先輩の羽賀龍之介や橋本壮市、藤井岳などとともに活躍して、団体戦の高校3冠(全国高校選手権、金鷲旗、インターハイ)に貢献した。高校3年の時には全国大会の団体戦でいずれも国士舘高校に敗れて2位に終わるが、インターハイの個人戦100kg超級では優勝した。さらに全日本ジュニアで優勝して、世界ジュニア代表に選出されると、世界ジュニアにおいても決勝で東海大学に柔道留学している中国の王皓を有効で破り、この階級で山下泰裕以来34年ぶりの優勝を成し遂げた。王子谷剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤和哉 (柔道)

    佐藤和哉 (柔道)から見た井上康生井上康生

    静岡学園高校1年の時には全日本カデ90kg超級の準決勝で国士舘高校の田崎健祐に大外刈で敗れた。高校選手権の無差別では準決勝で東海大浦安高校のウルフ・アロンに小外掛で敗れて3位だった。高校2年の3月には全日本選手権の東海予選に出場すると、決勝リーグで2勝1敗の成績を収めて2位となり本大会への出場権を獲得した。高校生での全日本選手権出場は1996年に出場した東海大相模高校の井上康生以来17年ぶり5人目のこととなった。続く高校選手権無差別では準決勝で昨年敗れたウルフを大内返で下すと、決勝でも田崎を大外刈の技ありで破って優勝を飾った。4月の全日本選手権では初戦となる2回戦で岡山商科大学職員の菊川顕に指導3で勝利したが、3回戦では旭化成の百瀬優に大外刈の技ありで敗れたものの、高校生ながら全日本で1勝を上げることになった。8月のインターハイでは準々決勝でウルフに優勢負けして5位に終わった。9月の全日本ジュニアでは3位だった。10月の世界ジュニア個人戦では初戦で敗れたが、団体戦では3位になった。佐藤和哉 (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見た井上康生井上康生

    5日 - 【柔道】 全日本柔道連盟は、男子代表チーム監督に井上康生が就任したと発表。2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • テディ・リネール

    テディ・リネールから見た井上康生井上康生

    リネールはフランスの海外県であるグアドループで生まれ、その後フランスに移って5歳の時に柔道を始めた。その他にも陸上競技、水泳、ゴルフ、バスケットボール、サッカー、スカッシュなど多くのスポーツを体験した。柔道の大会に参加できる年齢になって勝利を重ねていくうちに、他の競技をやめて柔道に専念するようになった。少年時代のリネールは日本の重量級選手の試合を沢山見て影響を受けたということもあって、日本の柔道スタイルが気に入っていたという。この当時、リネールにとって最高の柔道家は野村忠宏と井上康生だった。14歳になるとフランスの指定強化選手に選ばれ、2007年の世界選手権では憧れの存在だった井上を返し技の効果ポイントで破るなどして、男子では史上最年少となる18歳5ヶ月で優勝を果たした。テディ・リネール フレッシュアイペディアより)

  • 阿部一二三

    阿部一二三から見た井上康生井上康生

    2年になると、4月の全日本カデで2連覇を果たした。8月のインターハイでは6試合全てを一本勝ちして優勝を飾った。今大会での圧倒的な勝利に全日本代表監督の井上康生は「高校生(のレベル)を凌駕している」、代表コーチの鈴木桂治も「ちょっと半端じゃない勝ちっぷり」と称賛した。続くユースオリンピックではオール一本勝ちで優勝を成し遂げた。9月の全日本ジュニアでも優勝を遂げた。10月の世界ジュニアでは決勝で3歳年上であるロシアのエゴール・ムグドシャンと対戦すると、先に技ありと有効を取って大きくリードしながらも終盤に技ありを立て続けに取られて合技での逆転負けを喫して2位に終わった。団体戦では決勝のグルジア戦を始め、全試合に勝利してチームの優勝に貢献した。11月の講道館杯では決勝で日体大2年の西山祐貴を技ありで破り、石井慧以来10年ぶり4人目の高校生での優勝を成し遂げた(高校2年での優勝は史上初)。12月のグランドスラム・東京では準々決勝で世界選手権3位であるウクライナのゲオルグリー・ザンタラヤを技ありで破ると、準決勝では世界選手権を3連覇しているパーク24の海老沼匡と対戦して、先に有効を取られるも終盤に技ありを取り返して優勢勝ちを収める金星を挙げると、決勝でもイスラエルのゴラン・ポラックを有効で破り、男子では史上最年少となる17歳3ヶ月にしてグランドスラム大会を制覇することになった。優勝インタビューで阿部は「うれしいです。準決勝は一番やりたかった世界チャンピオンの海老沼さんに勝てて自信になりました。(きょうの柔道に点数を付けると)100点ですね」と語った。かくの如き活躍に対して阿部は、小学生時代から教わっていた気心の知れた指導者のいる地元の神港学園高校へ進学したからこそこれだけの成績を残せたと語っている。また、筋肉が硬くなってケガをしやすくなるとの理由からウェイトトレーニングは行わず、柔道に必要な筋力は普段の練習で身に付けているという。2015年2月にはグランプリ・デュッセルドルフに出場するが、3回戦で2014年のアジア大会で優勝したモンゴルのダワードルジ・トゥムルフレグに技ありで敗れた。阿部一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た井上康生井上康生

    柔道で井上康生と野村忠宏と田村亮子の全盛期でシドニーオリンピックで金メダルを獲得する。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 綜合警備保障

    綜合警備保障から見た井上康生井上康生

    井上康生 - シドニーオリンピック柔道競技(100kg級)金メダル、東海大学卒、現在は引退綜合警備保障 フレッシュアイペディアより)

98件中 81 - 90件表示

「井上康生」のニューストピックワード