657件中 11 - 20件表示
  • はじめてのやのあきこ

    はじめてのやのあきこから見た井上陽水井上陽水

    2006年に30周年を迎えた矢野顕子の入門アルバムとして、ピアノ弾き語りによるセルフカバーアルバム。井上陽水、忌野清志郎、上原ひろみ、小田和正、槇原敬之、YUKI(五十音順)が参加。井上陽水との書き下ろし新曲「架空の星座」も収録されている。はじめてのやのあきこ フレッシュアイペディアより)

  • 春の桜と優雅に語らう17の知恵

    春の桜と優雅に語らう17の知恵から見た井上陽水井上陽水

    選曲は主に、1970年代・1980年代のJ-POP、フォークソング、アイドル歌謡曲が中心。楽曲製作者に焦点を当てると、尾崎亜美や矢野顕子、松任谷由実に中島みゆきなど、個性的な女性シンガー・ソングライターの顔ぶれが並んでいる。男性でも、よしだたくろうに井上陽水とフォークソングの草分け的存在の楽曲が並べて収録されている。春の桜と優雅に語らう17の知恵 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野誠 (ミュージシャン)

    矢野誠 (ミュージシャン)から見た井上陽水井上陽水

    あがた森魚、矢野顕子、吉田美奈子、ムーンライダーズ、石川セリ、井上陽水、岡林信康、喜納昌吉などの大御所をはじめ、ユニコーンの奥田民生、THE BOOMの宮沢和史、サニーデイ・サービス等、100名以上のアレンジ・プロデュースを手がけてきた。また、無名の頃の大貫妙子を紹介し、シュガー・ベイブ結成のきっかけをつくるなど、シーンの発展に一役二役買っており、大ヒット曲「花」(喜納昌吉)の制作者としてNHKドキュメンタリーにも出演している。矢野誠 (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • ギャラリー (荻野目洋子の曲)

    ギャラリー (荻野目洋子の曲)から見た井上陽水井上陽水

    井上陽水が提供している。ギャラリー (荻野目洋子の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 渚にまつわるエトセトラ

    渚にまつわるエトセトラから見た井上陽水井上陽水

    「アジアの純真」以来となる、作詞が井上陽水、作曲が奥田民生の曲。渚にまつわるエトセトラ フレッシュアイペディアより)

  • 多賀英典

    多賀英典から見た井上陽水井上陽水

    多賀 英典(たが ひでのり、1943年3月1日 - )は、日本の音楽プロデューサー、映画プロデューサー、実業家。台湾にて出生。小椋佳や井上陽水の作品を手がけた後、独立。キティ・レコードやキティ・フィルムをグループ会社としてもつキティ・グループの創業者でもありキティ・フィルムの社長でもある。横浜市立大学卒業。多賀英典 フレッシュアイペディアより)

  • 忌野清志郎

    忌野清志郎から見た井上陽水井上陽水

    その間、清志郎は井上陽水との共作「帰れない二人」「待ちぼうけ」(共に『氷の世界』収録)、かぐや姫への作詞提供「あの唄が想い出せない」(『はじめまして』収録) などの印税で糊口を凌いだ。忌野清志郎 フレッシュアイペディアより)

  • シンガーソングライター

    シンガーソングライターから見た井上陽水井上陽水

    歌謡曲には古くからレコード会社とプロダクションの主導により職業作家の作った楽曲を歌手が歌うという厳格な分業システムがあったが、彼ら歌手にも音楽的才能があるため作曲能力があり、知名度も相まって自作曲をリリースすることが出来た。加山のケースでいえば自身の主演作『ハワイの若大将』の劇中歌に自作曲が採用されてヒットした後、自作曲を多く歌うようになった。しかし加山は作曲のみ自分で行い、作詞は職業作詞家によるものだったため、そのほとんどがラブソングであり歌謡曲と変わりがない。後に現れた「フォークシンガー」や「シンガーソングライター」が、反体制歌や非歌謡曲を志向した点や、"自分たちの言葉で歌にしていく"と、自己表現した歌詞にも特徴があった点で異なる。また音楽的ベースも加山はグループ・サウンズであり、ロック寄りで、これも後の「シンガーソングライター」がボブ・ディランやPP&Mなど、アメリカのフォークソングをベースにしたものとは異なる。加山自身「俺は俳優。歌は趣味的なもの」と話しており、この点からも、その後の「シンガーソングライター」と系統的に繋がってはいないといえる。荒木一郎は「当時では、俺だけが純粋に作詞・作曲で、しかも商業的でなかった。そのまんまだったんだ」と述べている。岡林信康や吉田拓郎、小室等、井上陽水らは、加山らを先達とは考えてはいない。小室等は「平尾さんとかそういうとか人たちは歌謡曲に積極的に寄りそう形で出てきたシンガーソングライターだったけど、ぼくらはその糸を切ってある。彼らとは違う」「あの当時のフォークソングをはじめた連中というのは、アンチ商業主義だった」等と話している。1960年代後半から現れたフォーク系シンガーソングライターの多くは、既存の歌謡曲とは、ほぼ無縁の活動から誕生した人たちである。シンガーソングライター フレッシュアイペディアより)

  • RCサクセション

    RCサクセションから見た井上陽水井上陽水

    清志郎が作詞・作曲した「指輪をはめたい」を元にして、井上陽水と「帰れない二人」を共作。もう1曲「待ちぼうけ」を共作し、この2曲が収録された陽水のアルバム『氷の世界』 (1973年) が日本音楽史上初のミリオンセラーLPとなる。RCサクセション フレッシュアイペディアより)

  • 布袋寅泰

    布袋寅泰から見た井上陽水井上陽水

    11月10日 井上陽水のトリビュート・アルバム『YOSUI TRIBUTE』で『東へ西へ』をカヴァー。布袋寅泰 フレッシュアイペディアより)

657件中 11 - 20件表示

「井上陽水」のニューストピックワード