657件中 21 - 30件表示
  • 夏の終りのハーモニー/俺はシャウト!

    夏の終りのハーモニー/俺はシャウト!から見た井上陽水井上陽水

    「夏の終りのハーモニー/俺はシャウト!」(なつのおわりのハーモニー/おれはシャウト!)は、1986年9月25日に発売された、井上陽水と安全地帯のデュエットで発売したシングル。安全地帯としては12thシングルとなる。夏の終りのハーモニー/俺はシャウト! フレッシュアイペディアより)

  • フォークソング

    フォークソングから見た井上陽水井上陽水

    1969年 ‐ はしだのりひことシューベルツの「風」、ビリーバンバンの「白いブランコ」がヒット。/ 東京新宿駅西口に現れたフォークゲリラに機動隊が動員され、ガス弾で弾圧される。/ アンドレ・カンドレ(井上陽水)がデビュー。/ 高石友也がさよならコンサート。フォークソング フレッシュアイペディアより)

  • 城南海

    城南海から見た井上陽水井上陽水

    少年時代(作詞:井上陽水/作曲:井上陽水/平井夏美/編曲:ただすけ)(井上陽水のカバー。)城南海 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見た井上陽水井上陽水

    2004年(平成16年)10月20日には尊敬する井上陽水によるプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)で、シングル「いつのまにか少女は」(作詞・作曲:井上陽水)を発売した。ソロとしては11年ぶりである。オリジナルは1973年(昭和48年)3月の井上陽水「夢の中へ」のカップリング曲。トリビュート・アルバム『YOSUI TRIBUTE』にも収録されている。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • いつのまにか少女は

    いつのまにか少女はから見た井上陽水井上陽水

    「いつのまにか少女は」(いつのまにかしょうじょは)は、井上陽水が作詞・作曲した歌。1973年の映画『放課後』の主演の栗田ひろみを意識して作られた曲で、井上が自ら歌った。ただし、主題歌は「夢の中へ」になり、この曲は挿入歌となった。同年3月に発売された「夢の中へ」のシングルにもカップリング曲として収録された。いつのまにか少女は フレッシュアイペディアより)

  • 浅い夢

    浅い夢から見た井上陽水井上陽水

    井上陽水は、本アルバムを聴いた感想として、1曲目(浅い夢)から来生の人柄に触れ、また、姉弟の調和に驚きを、レコーディングスタッフには熱意を、そして何より「生きていたのがとてもうれしく感じられた」と述べている。浅い夢 フレッシュアイペディアより)

  • 大野進

    大野進から見た井上陽水井上陽水

    大野 進(おおの すすむ、1944年6月29日 - 2010年9月21日)は、日本のレコーディング・エンジニア。(社)日本音楽スタジオ協会・相談役、日本ミキサー協会・顧問などを歴任した。日本で初めてミリオンセールスを記録した井上陽水のアルバム「氷の世界」などで知られる。大野進 フレッシュアイペディアより)

  • 松山猛

    松山猛から見た井上陽水井上陽水

    さらに、アグネス・チャンなどの歌謡曲から竹内まりや、オフコース、井上陽水といったニュー・ミュージックのミュージシャンやテレビ・コマーシャルの曲の作詞も手掛ける。松山猛 フレッシュアイペディアより)

  • FLYING KIDS NOW! 〜THE NEW BEST OF FLYING KIDS〜

    FLYING KIDS NOW! 〜THE NEW BEST OF FLYING KIDS〜から見た井上陽水井上陽水

    作詞・作曲:井上陽水、編曲:FLYING KIDSFLYING KIDS NOW! 〜THE NEW BEST OF FLYING KIDS〜 フレッシュアイペディアより)

  • 花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム)

    花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム)から見た井上陽水井上陽水

    全曲作詞は、プロデューサーの松本隆が担当している。作曲陣は筒美京平、井上陽水、中田喜直、細野晴臣(順不同)といった豪華なメンバーである。特に注目すべきは、「夏の思い出」「雪の降るまちを」「めだかの学校」「ちいさい秋みつけた」等の童謡や唱歌で有名な中田喜直で、このアルバムには「寒椿、咲いた」と「かぐやの里」の2曲を提供している。花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム) フレッシュアイペディアより)

657件中 21 - 30件表示

「井上陽水」のニューストピックワード