523件中 21 - 30件表示
  • デーモン・オーケンのラジオ巌流島

    デーモン・オーケンのラジオ巌流島から見た井上陽水井上陽水

    タイトルコールは閣下が「デーモン」、大槻が「オーケンの」と言ったあとに揃って「ラジオ巌流島」と言っていたが、放送によっては「井上陽水・奥田民生の?」などと言ってみたり、「叩き斬ってやる」と言った大槻がそのまま「デーモン」と言ってしまったことがある。デーモン・オーケンのラジオ巌流島 フレッシュアイペディアより)

  • ランデ・ヴー (ジェーン・バーキンのアルバム)

    ランデ・ヴー (ジェーン・バーキンのアルバム)から見た井上陽水井上陽水

    様々な国の大物歌手とのデュエット・ソングを収録している。本作には英語詞の楽曲も5曲含まれている。「カナリー・カナリー」は井上陽水のアルバム『LION & PELICAN』(1982年)収録曲「カナリア」の英語ヴァージョンで、バーキンが英語で歌い、井上がオリジナルの日本語詞を朗読している。初回限定盤および日本盤には、ボーナス・トラック2曲が追加収録されている。ランデ・ヴー (ジェーン・バーキンのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 矢野誠 (ミュージシャン)

    矢野誠 (ミュージシャン)から見た井上陽水井上陽水

    あがた森魚、矢野顕子、吉田美奈子、ムーンライダーズ、石川セリ、井上陽水、岡林信康、喜納昌吉などの大御所をはじめ、ユニコーンの奥田民生、THE BOOMの宮沢和史、サニーデイ・サービス等、100名以上のアレンジ・プロデュースを手がけてきた。また、無名の頃の大貫妙子を紹介し、シュガー・ベイブ結成のきっかけをつくるなど、シーンの発展に一役二役買っており、大ヒット曲「花」(喜納昌吉)の制作者としてNHKドキュメンタリーにも出演している。矢野誠 (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • 恋の予感

    恋の予感から見た井上陽水井上陽水

    作詞した井上陽水も同年リリースしたアルバム『9.5カラット』で本曲をセルフカバーしている。恋の予感 フレッシュアイペディアより)

  • Collection "B" 1993〜2007

    Collection "B" 1993〜2007から見た井上陽水井上陽水

    作詞・作曲: 井上陽水、編曲: 斉藤和義 & Grand Fu×kCollection "B" 1993〜2007 フレッシュアイペディアより)

  • ワインレッドの心

    ワインレッドの心から見た井上陽水井上陽水

    作詞を行った井上陽水が後に自身のアルバム『9.5カラット』にてセルフカバーをしている。自身のコンサート及び音楽番組などで披露する際には、発売当初からキーを半音下げて披露している。ワインレッドの心 フレッシュアイペディアより)

  • いつのまにか少女は

    いつのまにか少女はから見た井上陽水井上陽水

    「いつのまにか少女は」(いつのまにかしょうじょは)は、井上陽水が作詞・作曲した歌。1973年の映画『放課後』の主演の栗田ひろみを意識して作られた曲で、井上が自ら歌った。ただし、主題歌は「夢の中へ」になり、この曲は挿入歌となった。同年3月に発売された「夢の中へ」のシングルにもカップリング曲として収録された。いつのまにか少女は フレッシュアイペディアより)

  • YOSUI TRIBUTE

    YOSUI TRIBUTEから見た井上陽水井上陽水

    『YOSUI TRIBUTE』(ヨウスイ・トリビュート)は、井上陽水のトリビュート・アルバムである。2004年11月10日リリース。YOSUI TRIBUTE フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 白い雲のように 猿岩石

    GOLDEN☆BEST 白い雲のように 猿岩石から見た井上陽水井上陽水

    作詞:井上陽水、作曲:玉置浩二、編曲:西川進GOLDEN☆BEST 白い雲のように 猿岩石 フレッシュアイペディアより)

  • 月ひとしずく

    月ひとしずくから見た井上陽水井上陽水

    井上陽水・奥田民生が途中までしか作っていなかった作品に、小泉が詞を足して曲を完成させたものである。井上・奥田のユニットである井上陽水奥田民生が、アルバム『ショッピング』(1997年)でセルフカバーしている。ちなみに奥田は小泉の大ファンであった。月ひとしずく フレッシュアイペディアより)

523件中 21 - 30件表示

「井上陽水」のニューストピックワード