657件中 31 - 40件表示
  • 今堀恒雄

    今堀恒雄から見た井上陽水井上陽水

    1974年、12歳のときにギターを始め、バート・ヤンシュなどのブリティッシュ・トラッドに傾倒する。1975年、東京音楽アカデミー(クラシックギターの通信教育)の1年コースを受講。1986年、音楽学校メーザー・ハウスで菊地成孔と出会い、「ティポグラフィカ」を結成。1989年、山下洋輔のツアーでアフリカに行き、民族性から生まれるリズムの「訛り」に触れ、自身にも特有の言い回しがあることを確信し「訛り・揺らぎ」を特徴とする独自の作曲法を確立する。1991年から1995年まで清水一登の「おU」に参加。1997年、ティポグラフィカ解散。ソロプロジェクト「ウンベルティポ」を始める。1999年より井上陽水のツアーに参加。2004年、ベースにナスノミツル、ドラムスに佐野康夫を迎え「ウンベルティポ・トリオ」のライブを始める。今堀恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • YOSUI TRIBUTE

    YOSUI TRIBUTEから見た井上陽水井上陽水

    『YOSUI TRIBUTE』(ヨウスイ・トリビュート)は、井上陽水のトリビュート・アルバムである。2004年11月10日にリリースされた。YOSUI TRIBUTE フレッシュアイペディアより)

  • 小林万里子 (シンガーソングライター)

    小林万里子 (シンガーソングライター)から見た井上陽水井上陽水

    1970年代後半のニューミュージック全盛期に、フォーライフレコードよりシングル「朝起きたら」でデビュー。ラジオの深夜番組でとりあげられ、有線放送で大ヒット。井上陽水プロデュースのシングルとアルバムをリリース。一時引退するが、桂枝雀主演の芝居に作・演出の早坂暁の指名で出演して復活。復刻盤CDがリリースされ、現在もライブ中心に活動。小林万里子 (シンガーソングライター) フレッシュアイペディアより)

  • 夏の感情 (アルバム)

    夏の感情 (アルバム)から見た井上陽水井上陽水

    A面は2曲目と5曲目を除き、有馬三恵子・筒美京平コンビによるオリジナル楽曲(それも上掲の2枚のシングル)。A面の残り2曲とB面(M-7〜12)は恒例の洋楽ポップスのカヴァーでなく、邦楽のフォークソングのカヴァーが収録されている(このうちA面の残り2曲は筒美作品)。当時、大活躍していた男性シンガーソングライターの曲も採り上げている(よしだたくろう、井上陽水、チューリップ)。夏の感情 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 歌姫 (中森明菜のアルバム)

    歌姫 (中森明菜のアルバム)から見た井上陽水井上陽水

    『歌姫』は、中森にとって初のカバー・アルバム作品となった。このアルバムは1994年3月24日にCD (MVCD-12)とCT (MVTD-6)の2形態で同時発売された。本作のエグゼクティブ・プロデュースとプロデュースは、スタジオ・アルバム『UNBALANCE+BALANCE』に続き飯田久彦と川原伸司、中森が務めた。このアルバムのキャッチ・フレーズは「好きな歌だけ歌っていたい…」である。本作のために、数百曲の候補から8か月かけて9曲に絞り込み、1960年代から1970年代の楽曲を中心に選曲された。千住明率いる総勢50名からなるフル・オーケストラでの同時録音で収録され、ストリングス・アレンジが起用された。このアルバムのディスクジャケットのデザインでは駄菓子を取り入れた。この理由について中森は、穏やかで、幼少の頃を思い起させる気持ちを表現するためと説明している。また、このジャケットに書かれた"歌姫"の題字は、井上陽水が手掛けた。歌姫 (中森明菜のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • Dear Friends IV

    Dear Friends IVから見た井上陽水井上陽水

    作詞・作曲: 井上陽水、編曲: 古川昌義Dear Friends IV フレッシュアイペディアより)

  • ランデ・ヴー (ジェーン・バーキンのアルバム)

    ランデ・ヴー (ジェーン・バーキンのアルバム)から見た井上陽水井上陽水

    様々な国の大物歌手とのデュエット・ソングを収録している。本作には英語詞の楽曲も5曲含まれている。「カナリー・カナリー」は井上陽水のアルバム『LION & PELICAN』(1982年)収録曲「カナリア」の英語ヴァージョンで、バーキンが英語で歌い、井上がオリジナルの日本語詞を朗読している。初回限定盤および日本盤には、ボーナス・トラック2曲が追加収録されている。ランデ・ヴー (ジェーン・バーキンのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 白い雲のように 猿岩石

    GOLDEN☆BEST 白い雲のように 猿岩石から見た井上陽水井上陽水

    作詞:井上陽水、作曲:玉置浩二、編曲:西川進GOLDEN☆BEST 白い雲のように 猿岩石 フレッシュアイペディアより)

  • 田中裕二 (ミュージシャン)

    田中裕二 (ミュージシャン)から見た井上陽水井上陽水

    1981年、安全地帯は井上陽水のコンサートツアーのバックバンドに抜擢され、上京する。田中裕二 (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • Collection "B" 1993〜2007

    Collection "B" 1993〜2007から見た井上陽水井上陽水

    作詞・作曲: 井上陽水、編曲: 斉藤和義 & Grand Fu×kCollection "B" 1993〜2007 フレッシュアイペディアより)

657件中 31 - 40件表示

「井上陽水」のニューストピックワード