523件中 31 - 40件表示
  • 飾りじゃないのよ涙は

    飾りじゃないのよ涙はから見た井上陽水井上陽水

    「飾りじゃないのよ涙は」(かざりじゃないのよなみだは)は、日本の歌手中森明菜の楽曲と日本のシンガーソングライター井上陽水の楽曲。この楽曲は、中森の10枚目のシングルとして、1984年11月14日にワーナー・パイオニアよりリリースされた (EP: L-1666)。続いてこの楽曲を手掛けた井上が、1984年12月21日にフォーライフ・レコードからセルフカバー・アルバム『9.5カラット』の収録曲として発表した。2002年10月23日には、井上のシングルとしてフォーライフミュージックエンタテイメントからリリースされた (12cmCD: FLCF7055)。飾りじゃないのよ涙は フレッシュアイペディアより)

  • 小室等

    小室等から見た井上陽水井上陽水

    1975年に井上陽水、吉田拓郎、泉谷しげるとともに、フォーライフ・レコード社を発起し、初代社長となる。泉谷によれば多数決により満場一致で選ばれたとのこと(つまり小室自身も自分に投票した)小室等 フレッシュアイペディアより)

  • 武沢豊

    武沢豊から見た井上陽水井上陽水

    1981年、井上陽水のコンサートツアーのバックバンドに安全地帯が抜擢され、上京する。武沢豊 フレッシュアイペディアより)

  • 歌姫 (中森明菜のアルバム)

    歌姫 (中森明菜のアルバム)から見た井上陽水井上陽水

    『歌姫』は、中森にとって初のカバー・アルバム作品となった。このアルバムは1994年3月24日にCD (MVCD-12)とCT (MVTD-6)の2形態で同時発売された。本作のエグゼクティブ・プロデュースとプロデュースは、スタジオ・アルバム『UNBALANCE+BALANCE』に続き飯田久彦と川原伸司、中森が務めた。このアルバムのキャッチ・フレーズは「好きな歌だけ歌っていたい…」である。本作のために、数百曲の候補から8か月かけて9曲に絞り込み、1960年代から1970年代の楽曲を中心に選曲された。千住明率いる総勢50名からなるフル・オーケストラでの同時録音で収録され、ストリングス・アレンジが起用された。このアルバムのディスクジャケットのデザインでは駄菓子を取り入れた。この理由について中森は、穏やかで、幼少の頃を思い起させる気持ちを表現するためと説明している。また、このジャケットに書かれた"歌姫"の題字は、井上陽水が手掛けた。歌姫 (中森明菜のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 秋ゆく街で

    秋ゆく街でから見た井上陽水井上陽水

    当日は彼ら自身のオリジナルのほか、カヴァー曲も多数披露された。A-1「WHAT'S GOING ON」は鈴木がリードヴォーカルをとり、A-2は当時のコンサートで必ず演奏された“外国曲メドレー”。A-3?5は、オリジナル曲以外で構成された前半のステージで披露された赤い鳥、泉谷しげる、吉田拓郎、小椋佳、斉藤哲夫、井上陽水のカヴァー。曲の紹介には各ミュージシャンの印象などから、アマチュア時代の話。LMC出場での赤い鳥との出会いなどが織り交ぜられた。前半の最後は鈴木 ? 小田が交代で“秋ゆく街で”をテーマに作った曲が披露され、鈴木のA-6「青春」は歌詞が一部書き換えられ、後にアルバム『SONG IS LOVE』に収録された。小田のA-7「秋ゆく街で」では演奏前に「新しい曲を歌うんですが、新しいも新しい、ホヤホヤです。昨日の夜、まだ詞が出来てなくて、メロディーと編曲は出来てたんですが、ラララで歌うわけにもいかないし。お風呂に紙と鉛筆を持って入りましてね。詞ができるまで出るのをやめようと決心して……そうして作った曲です。そのわりには、いい詞が書けました」と話していた。秋ゆく街で フレッシュアイペディアより)

  • ミヤ (ムック)

    ミヤ (ムック)から見た井上陽水井上陽水

    音楽に興味を持ったきっかけは、井上陽水の「人生が二度あれば」を聴いてから。ギターは中学の頃から弾き始め、最初にコピーしたのはXの「紅」だった。高校に進学後、バンドを組んでライブ活動なども行っていたが、その中で逹瑯が組んでいたバンドと対バンを行い、その打ち上げで意気投合しムックを結成。以降はリーダーを務める。前任ベーシストHIROの脱退後、幼馴染だったYUKKEを引き入れ、現在の形となる。ミヤ (ムック) フレッシュアイペディアより)

  • 起承転結 (松山千春のアルバム)

    起承転結 (松山千春のアルバム)から見た井上陽水井上陽水

    オリコンでは1978年の『歩き続ける時』から3作連続の1位を獲得するなど、1980年の年間第1位(LP・カセット合算)に輝いた。なお、アルバムのミリオンセラー突破は井上陽水の『氷の世界』に次いで2作目であった。起承転結 (松山千春のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ステキな恋の忘れ方

    ステキな恋の忘れ方から見た井上陽水井上陽水

    楽曲提供者は井上陽水ステキな恋の忘れ方 フレッシュアイペディアより)

  • 夏の感情 (アルバム)

    夏の感情 (アルバム)から見た井上陽水井上陽水

    A面は2曲目と5曲目を除き、有馬三恵子・筒美京平コンビによるオリジナル楽曲(それも上掲の2枚のシングル)。A面の残り2曲とB面(M-7〜12)は恒例の洋楽ポップスのカヴァーでなく、邦楽のフォークソングのカヴァーが収録されている(このうちA面の残り2曲は筒美作品)。当時、大活躍していた男性シンガーソングライターの曲も採り上げている(よしだたくろう、井上陽水、チューリップ)。夏の感情 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 原田真二

    原田真二から見た井上陽水井上陽水

    1978年7月24日、デビュー1年目(9ヶ月)、10代ソロ歌手、では史上初の日本武道館公演を行う。この公演を皮切りに行ったアリーナ(体育館)ツアーも、井上陽水がやって以来のもの。この武道館ライブを中心としたステージ・ドキュメント映画「OUR SONG and all of you」も製作されている。監督はドキュメンタリー映画「キャロル」で名をあげた龍村仁である。翌1979年の武道館では、数曲、サックスプレイヤーの手を借りた以外は、原田のバンド5人だけで全ての音を出した。ギター1本弾き語りの松山千春を除くと、当時の武道館コンサートでは、最も小さい編成でやり遂げ、バンド総体としてのハイレベルのパフォーマンスも高い評価を受けた。原田真二 フレッシュアイペディアより)

523件中 31 - 40件表示

「井上陽水」のニューストピックワード