523件中 41 - 50件表示
  • 深夜特急

    深夜特急から見た井上陽水井上陽水

    これは、名古屋テレビ開局35周年記念番組として企画されたもので、ドキュメンタリーとドラマを複合させるという試みで、1996年から1998年にかけて一年ごとにドラマ制作と放映が行われたもので全3部作で構成される。主演は大沢たかお。主題歌は井上陽水の「積み荷のない船」。深夜特急 フレッシュアイペディアより)

  • アジアの純真

    アジアの純真から見た井上陽水井上陽水

    1997年には、この曲をそれぞれ作詞、作曲した井上陽水、奥田民生は井上陽水奥田民生名義でセルフカバーしている(アルバム『ショッピング』に収録)。アジアの純真 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見た井上陽水井上陽水

    2004年(平成16年)10月20日には尊敬する井上陽水によるプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)で、シングル「いつのまにか少女は」(作詞・作曲:井上陽水)を発売した。ソロとしては11年ぶりである。オリジナルは1973年(昭和48年)3月の井上陽水「夢の中へ」のカップリング曲。トリビュート・アルバム『YOSUI TRIBUTE』にも収録されている。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫哲也

    筑紫哲也から見た井上陽水井上陽水

    2003年(平成15年)4月10日に福岡ドームで井上陽水・武田鉄矢らが中心となって開催されたコンサート「ドリームライブ in 福岡ドーム」のオープニングで「多事争論」の収録を行ったが、その時カメラマンを務めたのは南こうせつだった。しかし「福岡ドーム」と言うべきところを間違って「東京ドーム」と言ってしまい、南こうせつからそれを指摘されていた。筑紫哲也 フレッシュアイペディアより)

  • KNOCK ON MY DOOR (アルバム)

    KNOCK ON MY DOOR (アルバム)から見た井上陽水井上陽水

    吉田建プロデュースによる作品。サエキけんぞう、NOBODY、井上陽水他、多才なアーティストをむかえて制作された。KNOCK ON MY DOOR (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • Dear Friends II

    Dear Friends IIから見た井上陽水井上陽水

    作詞: 井上陽水、作曲: 井上陽水・平井夏美、編曲: 西脇辰弥Dear Friends II フレッシュアイペディアより)

  • Dear Friends IV

    Dear Friends IVから見た井上陽水井上陽水

    作詞・作曲: 井上陽水、編曲: 古川昌義Dear Friends IV フレッシュアイペディアより)

  • 田中裕二 (ミュージシャン)

    田中裕二 (ミュージシャン)から見た井上陽水井上陽水

    1981年、安全地帯は井上陽水のコンサートツアーのバックバンドに抜擢され、上京する。田中裕二 (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • 今堀恒雄

    今堀恒雄から見た井上陽水井上陽水

    1974年、12歳のときにギターを始め、バート・ヤンシュなどのブリティッシュ・トラッドに傾倒する。1975年、東京音楽アカデミー(クラシックギターの通信教育)の1年コースを受講。1986年、音楽学校メーザー・ハウスで菊地成孔と出会い、「ティポグラフィカ」を結成。1989年、山下洋輔のツアーでアフリカに行き、民族性から生まれるリズムの「訛り」に触れ、自身にも特有の言い回しがあることを確信し「訛り・揺らぎ」を特徴とする独自の作曲法を確立する。1991年から1995年まで清水一登の「おU」に参加。1997年、ティポグラフィカ解散。ソロプロジェクト「ウンベルティポ」を始める。1999年より井上陽水のツアーに参加。2004年、ベースにナスノミツル、ドラムスに佐野康夫を迎え「ウンベルティポ・トリオ」のライブを始める。今堀恒雄 フレッシュアイペディアより)

  • 六土開正

    六土開正から見た井上陽水井上陽水

    1981年、安全地帯は井上陽水のコンサートツアーのバックバンドに抜擢され、上京する。六土開正 フレッシュアイペディアより)

523件中 41 - 50件表示

「井上陽水」のニューストピックワード