523件中 51 - 60件表示
  • 山木秀夫

    山木秀夫から見た井上陽水井上陽水

    飯島真理、一世風靡セピア、井上陽水、今井美樹、岩崎良美、うしろ髪ひかれ隊、尾崎亜美、大塚愛、風見慎吾、川本真琴、辛島美登里、KAN、工藤静香、小泉今日子、近藤真彦、吉川晃司、コブクロ、酒井法子、JUJU、谷村有美、CHAGE&ASKA、Chara、TM NETWORK、中島みゆき、角松敏生、THE ALFEE、榊原郁恵、椎名林檎(椎名林檎×斎藤ネコ)、スガシカオ、高中正義、高橋洋子、DIMENSION、電気グルーヴ、徳永英明、とんねるず、中西保志、新田恵利、原田知世、Bank Band、光GENJI、B'z、一青窈、氷室京介、平原綾香、福山雅治、藤井フミヤ、古内東子、BREAKERZ、布袋寅泰、BONNIE PINK、本田美奈子、前川清、真心ブラザーズ、松田樹利亜、松田聖子、松任谷由実、松本伊代、松本梨香、美空ひばり、泰葉、山崎まさよし、吉田美奈子、渡辺美里など。山木秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 松本 隆

    松本隆から見た井上陽水井上陽水

    地上の楽園 (作曲:井上陽水松本隆 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た井上陽水井上陽水

    演歌歌手と呼ばれることを嫌い、流行歌手として、固定観念に捉われず様々なジャンルの作品を歌うことを信条としている。一般的に形式を重んじ急激な変化を好まない演歌界においては森のようなスタイルは稀少である。楽曲提供者には岡本おさみ、吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆、井上陽水、谷村新司、シャ乱Qメンバー、須藤晃、長渕剛、細野晴臣、松山千春、BORO、坂井泉水、小室哲哉といった多彩な顔ぶれが名を連ねる。演歌嫌いを公言して憚らなかった淡谷のり子からもその音楽性を賞賛された。森はこうした自身の多彩な活動について「僕が歌ってきたのは演歌ではなく流行歌です」と説明している。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • フォークソング

    フォークソングから見た井上陽水井上陽水

    1969年 ‐ はしだのりひことシューベルツの「風」、ビリーバンバンの「白いブランコ」がヒット。 / 東京新宿駅西口に現れたフォークゲリラに機動隊が動員され、ガス弾で弾圧される。 / アンドレ・カンドレ(井上陽水)がデビュー。 / 高石友也がさよならコンサート。フォークソング フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見た井上陽水井上陽水

    2004年(平成16年)10月20日には尊敬する井上陽水によるプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)で、シングル「いつのまにか少女は」(作詞・作曲:井上陽水)を発売した。ソロとしては11年ぶりである。オリジナルは1973年(昭和48年)3月の井上陽水「夢の中へ」のカップリング曲。トリビュート・アルバム『YOSUI TRIBUTE』にも収録されている。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • FLYING KIDS NOW! 〜THE NEW BEST OF FLYING KIDS〜

    FLYING KIDS NOW! 〜THE NEW BEST OF FLYING KIDS〜から見た井上陽水井上陽水

    作詞・作曲:井上陽水、編曲:FLYING KIDSFLYING KIDS NOW! 〜THE NEW BEST OF FLYING KIDS〜 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずのみなさんのおかげです

    とんねるずのみなさんのおかげですから見た井上陽水井上陽水

    井上陽水物語 - 貧乏アパートに暮らす井上陽水ととんねるず扮する若者が音楽でメジャーデビューを目指す物語。しかしなぜか出演したのは演芸場らしい舞台で、3人お揃いで音楽漫談をするというものだった。大御所である井上に対しとんねるずが容赦なくハリセンを叩くシーンが非常に印象的であり、後年の名場面集でも上位にランクインされる作品のひとつ。とんねるずのみなさんのおかげです フレッシュアイペディアより)

  • 玉置浩二

    玉置浩二から見た井上陽水井上陽水

    1973年、ロックバンド『安全地帯』結成。1981年、井上陽水のバックバンドとして上京する。玉置浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 夜のヒットスタジオ

    夜のヒットスタジオから見た井上陽水井上陽水

    この時期には、1977年に中島みゆき、アリス、五輪真弓、1979年には浜田省吾、1980年には吉田拓郎、YMO、1981年には井上陽水、1983年には長渕剛などこれまでテレビ出演に消極的姿勢を採ってきたフォーク系・ニューミュージック系の一流ミュージシャンが次々と初出演した。また、松坂慶子、小林旭、松田優作、三浦友和、舘ひろし、田中裕子など多くの俳優が頻繁に歌手として出演し、前橋汀子、中村紘子などの海外でも活躍する歌手以外のアーティストも出演。1980年代に入ってからはシーナ・イーストン、フリオ・イグレシアス、ポリス、オリビア・ニュートンジョン、ジョン・デンバー、U2などの海外アーティストを登場させる一方で、戸川純、シーナ&ザ・ロケッツ、VOW WOW、LOUDNESS、THE MODSといった異色・新手のバンド・ミュージシャンに対しても門戸を広げるなど、「広いジャンルの歌を楽しめる番組」「普段テレビで見ることができないアーティストを見られる番組」という番組イメージを確立していった。夜のヒットスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見た井上陽水井上陽水

    アルバム『はじめてのやのあきこ』にて槇原敬之・小田和正・YUKI・井上陽水・忌野清志郎・上原ひろみと共演。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

523件中 51 - 60件表示

「井上陽水」のニューストピックワード

  • LIVE EGG BUDOKAN 〜shibuya eggman 35周年大感謝祭〜