657件中 51 - 60件表示
  • ナチュラル・カラーズ

    ナチュラル・カラーズから見た井上陽水井上陽水

    スタジオジブリ作品のカバー・アルバムを作りたいという思いから発展して作られた作品で、本作では「風の谷のナウシカ」(映画『風の谷のナウシカ』より)、「やさしさに包まれたなら」(映画『魔女の宅急便』より)といったジブリ関連作品が歌われた。そして、最終的にはSUPER BUTTER DOG、くるり、井上陽水、はっぴいえんどといった日本のアーティストの曲も含む内容となった。はっぴいえんどのカバー「風をあつめて」は、アーンが初めて好きになった日本語の曲とのことで、映画『ロスト・イン・トランスレーション』のサウンドトラックを聴き、この曲を知ったという。日本の曲のカバーに関しては、大部分の曲は日本語詞で歌われているが、SUPER BUTTER DOGの「サヨナラCOLOR」は英語詞と日本語詞の2種類のバージョンが収録された。ナチュラル・カラーズ フレッシュアイペディアより)

  • PUFFY

    PUFFYから見た井上陽水井上陽水

    結成翌年の1996年5月13日、プロデュースと作曲を奥田、作詞を井上陽水が担当したシングル「アジアの純真」でメジャーデビューした。歌詞の内容や二人の服装などから「自然体」「脱力系」等と評されたパフォーマンスで表現した今作は、デビュー作にしてミリオンヒットとなった。デビュー後にはPV撮影の為に渡米し、アメリカ大陸を2週間かけて横断した(この模様は『これが私の生きる道』のPVおよびビデオ・フォトブック『RUN!PUFFY!RUN!』に収められている)。その後もアルバム『amiyumi』、2ndシングル『これが私の生きる道』 と相次いで奥田プロデュースの作品を発表し、この曲は翌春の選抜高等学校野球大会の入場曲に使用された。その年の音楽新人賞を総なめにした。PUFFY フレッシュアイペディアより)

  • 秋ゆく街で

    秋ゆく街でから見た井上陽水井上陽水

    当日は彼ら自身のオリジナルのほか、カヴァー曲も多数披露された。A-1「WHAT'S GOING ON」はソウル・ミュージック・マニアならではの選曲と思われる鈴木がリード・ヴォーカルをとり、A-2は当時のコンサートで必ず演奏された“外国曲メドレー”。A-3〜5は、オリジナル曲以外で構成された前半のステージで披露された赤い鳥、泉谷しげる、吉田拓郎、小椋佳、斉藤哲夫、井上陽水のカヴァー。曲の紹介には各ミュージシャンの印象などから、アマチュア時代の話。LMC出場での赤い鳥との出会いなどが織り交ぜられた。前半の最後は鈴木・小田が交代で“秋ゆく街で”をテーマに作った曲が披露され、鈴木のA-6「青春」は歌詞が一部書き換えられ、後にアルバム『SONG IS LOVE』に収録された。小田のA-7「秋ゆく街で」では演奏前に「新しい曲を歌うんですが、新しいも新しい、ホヤホヤです。昨日の夜、まだ詞が出来てなくて、メロディーと編曲は出来てたんですが、ラララで歌うわけにもいかないし。お風呂に紙と鉛筆を持って入りましてね。詞ができるまで出るのをやめようと決心して…そうして作った曲です。そのわりには、いい詞が書けました」と話していた。秋ゆく街で フレッシュアイペディアより)

  • スマッシュ!!11

    スマッシュ!!11から見た井上陽水井上陽水

    1978年(昭和53年)ごろ、スマッシュ!!11のスタッフが野球チーム「オール・スマッシュ」を結成。番組内で福岡の地元チームとの対戦を実況。コンサートで来福したミュージシャンのチームも参戦するようになり、ついには1979年(昭和54年)、松山千春率いる「松山千春スーパースターズ」側から挑戦を受け、同年6月10日に番組開始10周年記念企画として平和台球場で井上陽水率いるオール・スマッシュと対戦。結果は5対4でオール・スマッシュ側が勝利。これは「第1回夢の球宴」と称され、観客2万人を動員した。スマッシュ!!11 フレッシュアイペディアより)

  • 深夜特急

    深夜特急から見た井上陽水井上陽水

    これは、名古屋テレビ開局35周年記念番組として企画されたもので、ドキュメンタリーとドラマを複合させるという試みで、1996年から1998年にかけて一年ごとにドラマ制作と放映が行われたもので全3部作で構成される。主演は大沢たかお。主題歌は井上陽水の「積み荷のない船」。深夜特急 フレッシュアイペディアより)

  • 持田香織

    持田香織から見た井上陽水井上陽水

    2004年(平成16年)10月20日には尊敬する井上陽水によるプロデュース(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)で、シングル「いつのまにか少女は」(作詞・作曲:井上陽水)を発売した。ソロとしては11年ぶりである。オリジナルは1973年(昭和48年)3月の井上陽水「夢の中へ」のカップリング曲。トリビュート・アルバム『YOSUI TRIBUTE』にも収録されている。持田香織 フレッシュアイペディアより)

  • 九段 (井上陽水のアルバム)

    九段 (井上陽水のアルバム)から見た井上陽水井上陽水

    『九段』(くだん)は、井上陽水の16枚目のオリジナル・アルバム。九段 (井上陽水のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 友部正人

    友部正人から見た井上陽水井上陽水

    先輩を呼び捨てにして後輩には「さん」付けするなど、独特の倫理基準を持っている。この点について井上陽水は、「名前の通り、ずっと正しい人だ」と評価している。政治的には、アメリカに追従する政治家、マスコミに怒っており、「アメリカの匂いのしない所へ」という詩を書いている。詩集・エッセイ集も多く出しており、イラクでお客さんとなった時のことも記している『パリの友だち』(1991年)などがある。息子でシンガーの小野一穂とは、国歌「君が代」についての考えで対立している。正人は、歌の中で「吐き気がする」としているに対し、一穂は、twitterで「自分が目指したい歌の理想の形」としている。友部正人 フレッシュアイペディアより)

  • 月ひとしずく

    月ひとしずくから見た井上陽水井上陽水

    井上陽水・奥田民生が途中までしか作っていなかった作品に、小泉が詞を足して曲を完成させたものである。井上・奥田のユニットである井上陽水奥田民生が、アルバム『ショッピング』(1997年)でセルフカバーしている。ちなみに奥田は小泉の大ファンであった。月ひとしずく フレッシュアイペディアより)

  • クリスマス (アルバム)

    クリスマス (アルバム)から見た井上陽水井上陽水

    『クリスマス』(CHRISTMAS)は、1976年11月10日に発売された、小室等・吉田拓郎・井上陽水・泉谷しげるのスプリットアルバム。クリスマス (アルバム) フレッシュアイペディアより)

657件中 51 - 60件表示

「井上陽水」のニューストピックワード