657件中 61 - 70件表示
  • リバーサイドホテル

    リバーサイドホテルから見た井上陽水井上陽水

    「リバーサイドホテル」は、井上陽水が1982年7月5日にリリースしたシングルである。リバーサイドホテル フレッシュアイペディアより)

  • カナディアン アコーデオン

    カナディアン アコーデオンから見た井上陽水井上陽水

    「カナディアン アコーデオン」は1993年11月3日に発売された井上陽水の34枚目のシングル。カナディアン アコーデオン フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫哲也

    筑紫哲也から見た井上陽水井上陽水

    2003年(平成15年)4月10日に福岡ドームで井上陽水・武田鉄矢らが中心となって開催されたコンサート「ドリームライブ in 福岡ドーム」のオープニングで「多事争論」の収録を行った。筑紫哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 矢萩渉

    矢萩渉から見た井上陽水井上陽水

    1981年、安全地帯は井上陽水のコンサートツアーのバックバンドに抜擢され、上京する。合宿生活では、炊事係であった。矢萩渉 フレッシュアイペディアより)

  • 心もよう

    心もようから見た井上陽水井上陽水

    「心もよう」(こころもよう)は、フォークシンガーの井上陽水が1973年9月にリリースしたシングルである。心もよう フレッシュアイペディアより)

  • いっそ セレナーデ

    いっそ セレナーデから見た井上陽水井上陽水

    「いっそセレナーデ」は、井上陽水が1984年10月24日にリリースしたシングルである。いっそ セレナーデ フレッシュアイペディアより)

  • 三田寛子

    三田寛子から見た井上陽水井上陽水

    翌1982年3月21日、CBS・ソニーより、南沙織、山口百恵など300人あまりのアイドルやアーティストを送り出した酒井政利プロデュースにて「駈けてきた処女(おとめ)」(作詞:阿木燿子、作曲:井上陽水)で歌手デビュー。同期デビューは小泉今日子、堀ちえみ、松本伊代、中森明菜、早見優、石川秀美、シブがき隊など「花の82年組」と呼ばれた面々。三田寛子 フレッシュアイペディアより)

  • はたけやま裕

    はたけやま裕から見た井上陽水井上陽水

    中学時代に友人の付き添いで入部した吹奏楽部で打楽器と出会いプロのパーカッショニストになる決意を固める。その後、国立音楽大学に進学し卒業後にプロの世界へ現在に至る。桑田佳祐、加藤登紀子、上妻宏光(津軽三味線)、古澤巌(vn)等、井上陽水、由紀さおり、様々なアーティストのサポートを務める他、2007年に初のパーカッションソロアルバムを発売してから現在までに4枚のソロ名義のアルバムをリリース。どちらかと言うと裏方的な役割の多いパーカッションをフロントにセッティングしたリーダーズライブも開催。手数王ドラマー菅沼孝三氏とのバトルLIVEや落語好きが高じて春風亭昇太をゲストに迎え落語と音楽のコラボレーションライブなど、その活動の域は音楽だけに留らない。第21期燦々ぬまづ大使。はたけやま裕 フレッシュアイペディアより)

  • タモリのオールナイトニッポン

    タモリのオールナイトニッポンから見た井上陽水井上陽水

    1991年10月16日 - 『オールナイトニッポン25周年記念』で特別番組として8年ぶりに復活。スペシャルゲストに井上陽水、藤子不二雄Aの2組が登場した。ディレクターは、オンエア当時の土屋夏彦が担当した。タモリのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 飾りじゃないのよ涙は

    飾りじゃないのよ涙はから見た井上陽水井上陽水

    「飾りじゃないのよ涙は」(かざりじゃないのよなみだは)は、日本の歌手中森明菜の楽曲。シンガーソングライター井上陽水の作詞・作曲による。この楽曲は、中森の10枚目のシングルとして、1984年11月14日にワーナー・パイオニアよりリリースされた (EP: L-1666)。続いてこの楽曲を手掛けた井上が、1984年12月21日にフォーライフ・レコードからセルフカバー・アルバム『9.5カラット』の収録曲として発表した。2002年10月23日には、井上のシングルとしてフォーライフミュージックエンタテイメントからリリースされた (12cmCD: FLCF7055)。飾りじゃないのよ涙は フレッシュアイペディアより)

657件中 61 - 70件表示

「井上陽水」のニューストピックワード