523件中 81 - 90件表示
  • Life is beautiful (DOUBLEのアルバム)

    Life is beautiful (DOUBLEのアルバム)から見た井上陽水井上陽水

    『YOSUI TRIBUTE』 - 井上陽水のトリビュートアルバムLife is beautiful (DOUBLEのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 小松優一の優しさ流星群

    小松優一の優しさ流星群から見た井上陽水井上陽水

    9月7日:「少年時代」(井上陽水)、「カブトムシ」(aiko)、「風の始まり」小松優一の優しさ流星群 フレッシュアイペディアより)

  • サファイア・ブルー

    サファイア・ブルーから見た井上陽水井上陽水

    作詞:松本隆/作曲:井上陽水/編曲:大村雅朗サファイア・ブルー フレッシュアイペディアより)

  • 歌姫 〜センチメンタル女性ヴォーカリスト〜

    歌姫 〜センチメンタル女性ヴォーカリスト〜から見た井上陽水井上陽水

    歌: 石川セリ、のちに井上陽水がセルフカヴァー、高樹澪や中森明菜らもカヴァーした。歌姫 〜センチメンタル女性ヴォーカリスト〜 フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 石川セリ

    GOLDEN☆BEST 石川セリから見た井上陽水井上陽水

    作詞・作曲: 井上陽水 、編曲: 矢野誠GOLDEN☆BEST 石川セリ フレッシュアイペディアより)

  • 赤いブランコ/Planet Tokyo

    赤いブランコ/Planet Tokyoから見た井上陽水井上陽水

    アジアの純真?English Version?(作詞:Cara Jones・井上陽水、作曲:奥田民生 )赤いブランコ/Planet Tokyo フレッシュアイペディアより)

  • 弾き語り

    弾き語りから見た井上陽水井上陽水

    広い意味では、長唄などを三味線を弾きながら歌っても、「弾き語る」という意味では当てはまるが、弾き語りはポピュラー音楽の範囲で使われる言葉である。よって、その起源を、吟遊詩人や琵琶法師などにまで遡る説もあるが、現在の弾き語りと直接的な繋がりがあるかどうかまでは明確になっていない。日本における現在につながる大衆音楽の範囲での「弾き語り」の起源および普及は、昭和40年頃から徐々に広まったフォークソングブームといわれ、1970年代初頭には、井上陽水、吉田拓郎などのシンガーソングライターがさらに若者にアピールする形で普及させたといえる。その後、1980年代後半から1990年代前半までにピークだった、アンプラグドブームをきっかけとしたものなど、小さな波が何度か訪れた(例;KAN、槙原敬之、楠瀬誠志郎)。ただし「アンプラグド」の本来のコンセプトは「エレクトリックサウンドの演奏をアコースティック楽器の演奏中心にアレンジし直す」といったことが主体であり、必ずしも「アコースティック楽器による『弾き語り』」である必要はなく、「ブーム復活のきっかけの一つ」という意味にすぎない。弾き語り フレッシュアイペディアより)

  • 冬歌

    冬歌から見た井上陽水井上陽水

    歌: 井上陽水、国内初のミリオンセラー・アルバム『氷の世界』収録曲。冬歌 フレッシュアイペディアより)

  • OK (RCサクセションのアルバム)

    OK (RCサクセションのアルバム)から見た井上陽水井上陽水

    RC不遇時代からステージで演奏されているナンバー。何度かレコーディングを試みたものの、「はめたい」という歌詞に過敏に反応したスタッフが発禁を恐れた挙句お蔵入りになっていたという曰くつきの曲。なお、同曲のコード進行を元にして井上陽水の「帰れない二人」が共作された。OK (RCサクセションのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • EMILY (清春の曲)

    EMILY (清春の曲)から見た井上陽水井上陽水

    背中まで45分(作詞・作曲:井上陽水EMILY (清春の曲) フレッシュアイペディアより)

523件中 81 - 90件表示

「井上陽水」のニューストピックワード