657件中 81 - 90件表示
  • 森進一

    森進一から見た井上陽水井上陽水

    先述の通り、演歌歌手と呼ばれることを嫌い、流行歌手として、固定観念に捉われず様々なジャンルの作品を歌うことを信条としている。一般的に形式を重んじ急激な変化を好まない演歌界においては森のようなスタイルは稀少である。森への楽曲提供者には岡本おさみ、吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆、井上陽水、谷村新司、シャ乱Qメンバー、須藤晃、長渕剛、細野晴臣、松山千春、BORO、坂井泉水(ZARD)、小室哲哉といった多彩な顔ぶれが名を連ねる。演歌嫌いを公言して憚らなかった淡谷のり子からもその音楽性を賞賛された。森はこうした自身の多彩な活動について「僕が歌ってきたのは演歌ではなく流行歌です」と説明している。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 顕子

    矢野顕子から見た井上陽水井上陽水

    アルバム『はじめてのやのあきこ』にて槇原敬之・小田和正・YUKI・井上陽水・忌野清志郎・上原ひろみと共演。矢野顕子 フレッシュアイペディアより)

  • 日産・セフィーロ

    日産・セフィーロから見た井上陽水井上陽水

    しかしながら、直接的なライバル車であるトヨタ・マークII/チェイサー/クレスタの販売攻勢や、斬新で尚且つ奇抜なフロントフェイスの好みが分かれた事などもあり、大きな話題性の割に人気が低迷気味になり、1990年9月、最初のマイナーチェンジで中期型になったのを機に、前期型で設定されていたセミオーダーメード方式の「セフィーロ・コーディネーション」が廃止され、保守層を対象としヘッドランプをオーソドックスなフォグランプ内蔵異型角型2灯式ハロゲンタイプに改めたNA車専用の「Nシリーズ」なども追加された。R32型スカイラインGT-R(GTS-4)に搭載の4WDアテーサE-TSシステムを移植しRB20DETと組み合わせた、国内向けセフィーロでは最初で最後の4WDモデル「アテーサクルージング」(後期ではSE-4)の追加も試みられた。CM出演者は井上陽水から仲谷昇に変更。日産・セフィーロ フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎豊

    尾崎豊から見た井上陽水井上陽水

    ジャクソン・ブラウン、ブルース・スプリングスティーン、ビリー・ジョエル、浜田省吾、佐野元春、井上陽水、アナーキー、甲斐バンド、さだまさしなどから強い影響を受けている。尾崎豊 フレッシュアイペディアより)

  • あゝ我が良き友よ

    あゝ我が良き友よから見た井上陽水井上陽水

    大ヒットになった吉田拓郎作の我が良き友よを筆頭に、加藤和彦、井上陽水、日高富明、遠藤賢司、大滝詠一、細野晴臣、りりィなどが曲提供したアルバムあゝ我が良き友よ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤準

    佐藤準から見た井上陽水井上陽水

    その後、作曲家、アレンジャーとして活動し、おニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」、井上陽水「Make-up Shadow」、CHAGE and ASKA「モーニングムーン」、今井美樹「PIECE OF MY WISH」などの作品を手掛けている。佐藤準 フレッシュアイペディアより)

  • 妖怪大戦争 (2005年の映画)

    妖怪大戦争 (2005年の映画)から見た井上陽水井上陽水

    主題歌は井上陽水と、同映画で妖怪ぬらりひょんとしても出演している忌野清志郎。サントラCDと主題歌&挿入歌のCDは同年7月27日に発売。妖怪大戦争 (2005年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • Dear Friends II

    Dear Friends IIから見た井上陽水井上陽水

    作詞: 井上陽水、作曲: 井上陽水・平井夏美、編曲: 西脇辰弥Dear Friends II フレッシュアイペディアより)

  • 武沢豊

    武沢豊から見た井上陽水井上陽水

    1981年、井上陽水のコンサートツアーのバックバンドに安全地帯が抜擢され、上京する。武沢豊 フレッシュアイペディアより)

  • アジアの純真

    アジアの純真から見た井上陽水井上陽水

    1997年には、この曲をそれぞれ作詞、作曲した井上陽水、奥田民生は井上陽水奥田民生名義でセルフカバーしている(アルバム『ショッピング』に収録)。アジアの純真 フレッシュアイペディアより)

657件中 81 - 90件表示

「井上陽水」のニューストピックワード