285件中 91 - 100件表示
  • 井上陽水

    井上陽水から見た今井麻美

    曲をカバーした歌手には、「夢の中へ」の斉藤由貴、TRICERATOPS、「心もよう」の中森明菜、南沙織、「氷の世界」の筋肉少女帯、工藤静香、「傘がない」の中森明菜、斉藤和義、「東へ西へ」の本木雅弘、中村あゆみ、「神無月にかこまれて」の香坂みゆき、「Make-up Shadow」の上原多香子、「いつのまにか少女は」の持田香織、「ジェラシー」の高橋真梨子、「結詞」の高橋真梨子、中村あゆみ、「夏の終わりのハーモニー」の中村あゆみ、MOOMIN、「最後のニュース」の奥田民生、「カナリア」に英語の歌詞を付けて歌ったジェーン・バーキン、「桜三月散歩道」をカヴァーしたキンモクセイなどがいる(本職の歌手でないところでは、お笑い芸人の友近が「Tokyo」を、アイドルマスターレディオにおいて今井麻美・たかはし智秋が「少年時代」をカバーしている)井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見たえのきどいちろう

    井上陽水 全発言(1994年、えのきどいちろう編集、福武書店)ISBN 4828817360井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た三上寛

    2004年に放送されたテレビ番組「空想ハイウェイ」には、持田香織、三上寛、加川良、高田渡、友部正人、小室等、押尾コータロー、ジェイク・シマブクロ、山下洋輔、高田漣、菊地成孔に加え、陽水へのトリビュートアルバム『YOSUI TRIBUTE』に参加したトライセラトップス、布袋寅泰、平原綾香、小野リサ、UA、一青窈、奥田民生、忌野清志郎、DOUBLEが出演した。この顔ぶれは陽水の影響力を示すものと言える。ただしこの中の何人かとは初対面だったと思われる。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見たたかはし智秋

    曲をカバーした歌手には、「夢の中へ」の斉藤由貴、TRICERATOPS、「心もよう」の中森明菜、南沙織、「氷の世界」の筋肉少女帯、工藤静香、「傘がない」の中森明菜、斉藤和義、「東へ西へ」の本木雅弘、中村あゆみ、「神無月にかこまれて」の香坂みゆき、「Make-up Shadow」の上原多香子、「いつのまにか少女は」の持田香織、「ジェラシー」の高橋真梨子、「結詞」の高橋真梨子、中村あゆみ、「夏の終わりのハーモニー」の中村あゆみ、MOOMIN、「最後のニュース」の奥田民生、「カナリア」に英語の歌詞を付けて歌ったジェーン・バーキン、「桜三月散歩道」をカヴァーしたキンモクセイなどがいる(本職の歌手でないところでは、お笑い芸人の友近が「Tokyo」を、アイドルマスターレディオにおいて今井麻美・たかはし智秋が「少年時代」をカバーしている)井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た小島正雄

    1963年、中学3年の時に小島正雄のラジオ番組で紹介された「プリーズ・プリーズ・ミー」に衝撃を受け、以降ビートルズに熱中する。高校時代はビートルズ狂いと周りから呼ばれるほどになり、数人の仲間と一日中歌いまくり、休日には(当時出始めの)オープンリールのテープレコーダーでその歌を録音するなど、ビートルズ漬けの生活を送っていた。1966年前後に、はじめて歌を作る。この歌は当時付き合っていた女の子を歌ったもので、ごく短く、題名もついていないが、デビュー後にはコンサートでときおり歌われている。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た日本放送協会

    NHK『NHK紅白歌合戦』には1度も出場経験がなく、同局の連続テレビ小説『かりん』の主題歌『カナディアン アコーデオン』を担当した1993年に熱心な紅白のオファーがあった際にも「恥ずかしいから」と断っている(VOWネタにもなった)。2006年には、「今年は出る気がない。今後の紅白の出演を検討する」と言葉を濁した。その後、2009年に出場内定報道が出るも、出場には至らなかった。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見たキリンビバレッジ

    キリンビバレッジ聞茶CMソング(2001年)井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見たペギー葉山ペギー葉山

    「星のフラメンコ」は西郷輝彦の、「ドミノ」はペギー葉山の、「旅人よ」は加山雄三のカバー。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た菊地成孔

    2004年に放送されたテレビ番組「空想ハイウェイ」には、持田香織、三上寛、加川良、高田渡、友部正人、小室等、押尾コータロー、ジェイク・シマブクロ、山下洋輔、高田漣、菊地成孔に加え、陽水へのトリビュートアルバム『YOSUI TRIBUTE』に参加したトライセラトップス、布袋寅泰、平原綾香、小野リサ、UA、一青窈、奥田民生、忌野清志郎、DOUBLEが出演した。この顔ぶれは陽水の影響力を示すものと言える。ただしこの中の何人かとは初対面だったと思われる。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た来生えつこ

    「夢さぐり」 - 作詞:来生えつこ/作曲:井上陽水井上陽水 フレッシュアイペディアより)

285件中 91 - 100件表示

「井上陽水」のニューストピックワード