261件中 51 - 60件表示
  • 井上陽水

    井上陽水から見た来生たかお

    来生たかおのアルバム。「ゆるやかに愛が…」にコーラスで参加している。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見たトライセラトップス

    2004年に放送されたテレビ番組「空想ハイウェイ」には、持田香織、三上寛、加川良、高田渡、友部正人、小室等、押尾コータロー、ジェイク・シマブクロ、山下洋輔、高田漣、菊地成孔に加え、陽水へのトリビュートアルバム『YOSUI TRIBUTE』に参加したトライセラトップス、布袋寅泰、平原綾香、小野リサ、UA、一青窈、奥田民生、忌野清志郎、DOUBLEが出演した。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た筑紫哲也

    1976年2月、離婚。同年にフォーライフからリリースした『招待状のないショー』は9週連続1位を獲得。1977年、石川のアルバム『気まぐれ』に「ダンスはうまく踊れない」ほか2曲を提供する。「ダンスはうまく踊れない」は、陽水の部屋に遊びに来たセリの目の前で30分ほどで作られたという。同年9月10日、大麻所持容疑で逮捕され、「自分は酒が飲めないので、くつろぐためにマリファナを吸った」と自供した。9月22日に保釈され、10月11日には懲役8か月、執行猶予2年の判決を受ける。この逮捕に関して筑紫哲也が、マリファナは日本では違法であるが、これと絡めて井上陽水の歌まで否定する一部の意見は間違っていると発言し、援護を行っている。なお筑紫がキャスターを務めた『筑紫哲也 NEWS23』は、放送開始時のエンディングテーマを井上が担当していた。筑紫は番組を持つことになったとき、『傘がない』の「テレビではわが国の将来の問題を 誰かが深刻な顔をしてしゃべってる」というくだりが頭に浮かんだ、と回想している。この事件直後にリリースされたアルバム『"white"』は、オリコンチャートの3位を獲得したものの、。『NEWS23』において、井上の曲は1997年9月までの8年間にわたって使われていた。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た加藤和彦

    放送後、RKBのスタッフからホリプロを紹介され、同年6月にレコーディングのため上京。「カンドレ・マンドレ」を改めてレコーディングし、同年9月1日、CBSソニー(現・ソニー・ミュージックレコーズ)からアンドレ・カンドレとして同曲でデビュー。演奏は六文銭、編曲は小室等が担当したが、ほとんど注目されず、続く「ビューティフル・ワンダフル・バーズ」も、松山猛と加藤和彦から楽曲提供を受けた「花にさえ、鳥にさえ」(1970年)も不振に終わり、シングル3枚でアンドレ・カンドレとしての活動は終わることになった。以後、ポリドール移籍までの約一年間、本人も語ろうとしない空白の一年が存在する。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た高橋真梨子�舘真梨子

    曲をカバーした歌手には、「夢の中へ」の斉藤由貴、TRICERATOPS、「心もよう」の中森明菜、南沙織、「氷の世界」の筋肉少女帯、工藤静香、「傘がない」の中森明菜、斉藤和義、「東へ西へ」の本木雅弘、中村あゆみ、「神無月にかこまれて」の香坂みゆき、「Make-up Shadow」の上原多香子、「いつのまにか少女は」の持田香織、「ジェラシー」の高橋真梨子、「結詞」の高橋真梨子、中村あゆみ、「夏の終わりのハーモニー」の中村あゆみ、MOOMIN、「最後のニュース」の奥田民生、「カナリア」に英語の歌詞を付けて歌ったジェーン・バーキン、「桜三月散歩道」をカヴァーしたキンモクセイなどがいる。本職の歌手でないところでは、お笑い芸人の友近が「Tokyo」を、THE IDOLM@STER RADIOにおいて今井麻美・たかはし智秋が「少年時代」をカバーしている。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た藤子不二雄A

    翌1990年から1991年にかけて、映画『少年時代』の主題歌として作られた「少年時代」(作曲は平井夏美との共作)がヒットする。リリース直後はそれほどでもなかったが、ソニーのビデオカメラ「ハンディカム・CCD-TR105」のCMに使われてから売り上げを伸ばした。シングル「少年時代」はロングセラーとなった。当初は藤子不二雄Aの作詞という話であったが、出来上がってみると藤子の歌詞はまったく使われていなかった。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見たジェイク・シマブクロ

    2004年に放送されたテレビ番組「空想ハイウェイ」には、持田香織、三上寛、加川良、高田渡、友部正人、小室等、押尾コータロー、ジェイク・シマブクロ、山下洋輔、高田漣、菊地成孔に加え、陽水へのトリビュートアルバム『YOSUI TRIBUTE』に参加したトライセラトップス、布袋寅泰、平原綾香、小野リサ、UA、一青窈、奥田民生、忌野清志郎、DOUBLEが出演した。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た布袋寅泰

    2004年に放送されたテレビ番組「空想ハイウェイ」には、持田香織、三上寛、加川良、高田渡、友部正人、小室等、押尾コータロー、ジェイク・シマブクロ、山下洋輔、高田漣、菊地成孔に加え、陽水へのトリビュートアルバム『YOSUI TRIBUTE』に参加したトライセラトップス、布袋寅泰、平原綾香、小野リサ、UA、一青窈、奥田民生、忌野清志郎、DOUBLEが出演した。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た玉置浩二

    「ワインレッドの心」 - 作詞:井上陽水/作曲:玉置浩二井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た依布サラサ

    2人目の妻・石川セリとの間に1男2女を儲ける。長女は作詞家・歌手の依布サラサである。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

261件中 51 - 60件表示

「井上陽水」のニューストピックワード