285件中 81 - 90件表示
  • 井上陽水

    井上陽水から見たテレビ朝日

    テレビ朝日系ドラマ『深夜特急』主題歌(1996年)井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見たホリプロ

    放送後、RKBのスタッフからホリプロを紹介され、同年6月にレコーディングのため上京。「カンドレ・マンドレ」を改めてレコーディングし、同年9月1日、CBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)からアンドレ・カンドレとして同曲でデビュー。演奏は六文銭、編曲は小室等が担当したが、ほとんど注目されず、続く「ビューティフル・ワンダフル・バーズ」も、松山猛と加藤和彦から楽曲提供を受けた「花にさえ、鳥にさえ」(1970年)も不振に終わり、シングル3枚でアンドレ・カンドレとしての活動は終わることになった。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た友部正人

    2004年に放送されたテレビ番組「空想ハイウェイ」には、持田香織、三上寛、加川良、高田渡、友部正人、小室等、押尾コータロー、ジェイク・シマブクロ、山下洋輔、高田漣、菊地成孔に加え、陽水へのトリビュートアルバム『YOSUI TRIBUTE』に参加したトライセラトップス、布袋寅泰、平原綾香、小野リサ、UA、一青窈、奥田民生、忌野清志郎、DOUBLEが出演した。この顔ぶれは陽水の影響力を示すものと言える。ただしこの中の何人かとは初対面だったと思われる。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た石川セリ

    2人目の妻である石川セリとの間に一男二女がおり、長女は作詞家・歌手の依布サラサである。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見たビートルズ

    デビュー前からビートルズの熱狂的なファンである。コンサートやテレビ番組の中でしばしばビートルズの作品を歌うほか、ビートルズの影響は楽曲の随所に見られる。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た大麻

    1976年2月、離婚。同年にフォーライフからリリースした『招待状のないショー』は9週連続1位を獲得。1977年、石川セリのアルバム『気まぐれ』に「ダンスはうまく踊れない」ほか2曲を提供する。「ダンスはうまく踊れない」は、陽水の部屋に遊びに来たセリの目の前で30分ほどで作られたという。同年9月10日、大麻所持容疑で逮捕され、「自分は酒が飲めないので、くつろぐためにマリファナを吸った」と自供した。9月22日に保釈され、10月11日には懲役8か月、執行猶予2年の判決を受ける。この事件直後にリリースされたアルバム『"white"』は、オリコンチャートの3位を獲得したものの、事件以前と比較して売り上げは低迷していくことになる。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見たミリオンセラー

    1970年代には吉田拓郎と双璧をなし、フォークソング界あるいはニューミュージック界を牽引した。1973年発売のアルバム『氷の世界』は、アルバムとして日本市場で初のミリオンセラーを記録する。その後も1984年のアルバム『9.5カラット』が売り上げ100万枚、1999年のベスト・アルバム『GOLDEN BEST』は売り上げ200万枚を達成するなど、長いキャリアを通して高い人気を維持し、日本ポピュラーミュージック界の最重要人物の一人として活躍し続けている。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た連続テレビ小説

    NHK『NHK紅白歌合戦』には1度も出場経験がなく、同局の連続テレビ小説『かりん』の主題歌『カナディアン アコーデオン』を担当した1993年に熱心な紅白のオファーがあった際にも「恥ずかしいから」と断っている(VOWネタにもなった)。2006年には、「今年は出る気がない。今後の紅白の出演を検討する」と言葉を濁した。その後、2009年に出場内定報道が出るも、出場には至らなかった。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見たサッポロビール

    1996年、PUFFYのデビュー曲として歌詞を提供した「アジアの純真」がヒットする。「アジアの純真」の作曲は、以前から交流のあった奥田民生である(1994年には「月ひとしずく」(小泉今日子)を共作している)。同じく陽水作詞、民生作曲でPUFFYに提供した「渚にまつわるエトセトラ」もヒットする。続いて「井上陽水奥田民生」というアーティスト名でリリースしたシングル「ありがとう」、アルバム『ショッピング』はこれらのヒットを受けたものと言えよう。「ありがとう」はリリースされた1997年にサッポロビール・「黒ラベル」のCMに使われたことも手伝ってヒットする。「アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」は自演の作品にない元気のよさから、以後のコンサートではしばしば歌われる。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 井上陽水

    井上陽水から見た2009年

    2006年にはツアーの合間を縫って制作された4年振りの新作『LOVE COMPLEX』をリリース。2008年もツアー活動を行いつつ、『弾き語りパッション』と『BEST BALLADE』の2作を発表している。2009年にはデビュー40周年を迎え、12月には15年振りとなる日本武道館公演を行い、その模様を収録したDVD『40th Special Thanks Live in 武道館』をリリース。翌2010年には4年半振りとなるオリジナル・アルバム『魔力』をリリースしている。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

285件中 81 - 90件表示

「井上陽水」のニューストピックワード

  • LIVE EGG BUDOKAN 〜shibuya eggman 35周年大感謝祭〜