86件中 11 - 20件表示
  • 井出有治

    井出有治から見た日産・スカイライン

    全日本GT選手権ではホシノインパルよりカルソニックスカイラインで参戦し、ブノワ・トレルイエとのコンビで2勝をあげた。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たM-TEC

    2010年は、古巣のARTAからSUPER GTにラルフ・ファーマンとのコンビで参戦した他、MOTUL TEAM 無限からフォーミュラ・ニッポンに復帰した。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見た折目遼

    本人はレーシングドライバーとしての活動継続の道を模索していたものの、結局スポンサー確保などが難航し現役復帰が難しくなったことから、2013年2月に「レーシングドライバーとしてではなく、「第二の人生として」考えていた事業を進めていく」として、「引退」という表現こそ否定したものの事実上第一線を退く考えを明らかにした。ところが同年4月にはSUPER GT・GT300クラスに参戦するBonds Racingが折目遼に代わって井出をドライバーに起用することを発表し、一転して現役復帰した。ただ復帰戦を最後にそのBonds Racingが活動を休止したため、2013年のレース参戦はこの1戦のみとなった。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見た細川慎弥

    2008年は、ARTAのドライバーとして引き続きフォーミュラ・ニッポンにフル参戦し、加えてSUPER GTにチーム国光から細川慎弥とのコンビでフル参戦した。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見た松田次生

    2003年にセルモより念願のフォーミュラ・ニッポンに参戦を開始し、予選順位では揮わなかったが決勝では安定したペースで走行し、ゴール時には上位に食い込む走りで、最終ランキングではチームメイトの松田次生よりも上位になり、関係者の注目を集めた。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たハインツ=ハラルド・フレンツェン

    さらに後に明らかになったところでは、井出がドライブしていたシャシーとモンタニーのそれとは別の物(シャシーナンバーが異なる。)で、井出が使用していたものはメルボルンの空港で観光用に展示されていた雨晒しのアロウズのマシンがベースとなっていたこと、また自分専用のドライバーズシートの製作がグランプリに間に合わず、4年前の2002年にアロウズのマシンをドライブしていたハインツ=ハラルド・フレンツェンのシートに詰め物をして乗っており、自分のドライビングポジションが取れなかったこと、ギアボックスの7速が使えずトップスピードが伸びなかったこと、サスペンションの基本設計が古いためタイヤのグリップを十分に引き出せなかったこと、当時の設計のままで空力付加物を追加していたことにより、バックミラーが視界不良であったことなどが判明している。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見た阪口良平

    2017年は、SUPER GT・GT300クラスへEIcars BENTLEY TTO(アイカーズ・ベントレー・テラモト・テクニカル・オフィス)から、阪口良平とのコンビで参戦することが発表された。マシンはベントレー・コンチネンタルGT3。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たフランク・モンタニー

    ヨーロッパGP前にFIA側から、「テストドライバーとしてF1の経験を積ませるべきである」という助言があり、これをチームが受け入れたため、フランク・モンタニーにシートを譲った。その後5月10日に、FIAから井出のスーパーライセンスを取り消す旨の通告があったことがチームから発表された。これにより、井出が再びライセンスを手にするためには、F1に参戦している全チームの同意が必要となることから、シリーズへの出場が事実上不可能となった。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たラルフ・ファーマン

    一方SUPER GTには、第6戦・鈴鹿1000kmに伊藤大輔、ラルフ・ファーマンのパートナーとしてサードドライバーとして出場した。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たペリー・マッカーシー

    ちなみにF1のシーズン途中にスーパーライセンスの剥奪処分を受けたのは、2018年現在本件の井出のケースが唯一の例である。この件に関しては、事前のテスト走行不足などからマシンへの習熟もままならずにレースに参戦せざるを得なかったことに加え、マシン自体の性能が佐藤琢磨のマシンと比べても更に低く、速い遅い以前に動かすのが精一杯な劣悪な状態だったことも背景にある。このような劣悪なマシンを与えられたことから、チームは佐藤を走らせることだけを最重点に置き、井出は2カーエントリー必須というレギュレーションを満たすためだけの「当て馬」であり、そして日本人コンビでのフルエントリー(予定)という話題作りのために利用したに過ぎず、井出の実力を評価して参戦を決めたわけではなかった。このような待遇を受けた例は、ペリー・マッカーシーなどが挙げられる。そもそもスーパーアグリというチーム自体が、ホンダF1が解雇せざるを得なくなってしまった佐藤の受け皿として設立されたチームであったので、佐藤のためのチームであったことが、井出の冷遇を決定づけていた。井出有治 フレッシュアイペディアより)

86件中 11 - 20件表示