86件中 71 - 80件表示
  • 井出有治

    井出有治から見た日産・SRエンジン

    全日本GT選手権・GT300クラス(NISMO #15 ザナビィARTAシルビア/シルビア S15 SR20DET)(シリーズ2位・3勝)井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見た日産・RB26DETT

    全日本GT選手権・GT500クラス<Rd.1 スポット参戦>(NISMO #2 カストロール・ニスモGT-R/スカイラインGT-R BNR34 RB26DETT井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見た全日本GT選手権

    全日本GT選手権ではホシノインパルよりカルソニックスカイラインで参戦し、ブノワ・トレルイエとのコンビで2勝をあげた。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たフォーミュラ・ドリーム

    全日本F3では成績は安定していたものの、特に際立った成績が残せなかったため、1999年に一旦格下のフォーミュラ・ドリームに参戦し、松浦孝亮や柳田真孝らと争ってシリーズチャンピオンを獲得した。このフォーミュラ・ドリーム参戦は井出にとっては大きな賭けであった。シーズン前、井出のレース活動資金援助をした鈴木亜久里から「チャンピオンを獲れなかったら引退」と言われていた。そしてシリーズチャンピオンになり鈴木亜久里からの信頼を得たことが後のF1参戦やARTAからのフォーミュラ・ニッポンとSUPER GTの参戦につながった。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たアロウズ

    さらに後に明らかになったところでは、井出がドライブしていたシャシーとモンタニーのそれとは別の物(シャシーナンバーが異なる。)で、井出が使用していたものはメルボルンの空港で観光用に展示されていた雨晒しのアロウズのマシンがベースとなっていたこと、また自分専用のドライバーズシートの製作がグランプリに間に合わず、4年前の2002年にアロウズのマシンをドライブしていたハインツ=ハラルド・フレンツェンのシートに詰め物をして乗っており、自分のドライビングポジションが取れなかったこと、ギアボックスの7速が使えずトップスピードが伸びなかったこと、サスペンションの基本設計が古いためタイヤのグリップを十分に引き出せなかったこと、当時の設計のままで空力付加物を追加していたことにより、バックミラーが視界不良であったことなどが判明している。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たサンマリノグランプリ

    開幕戦バーレーンGPでF1デビューを果たしたが、新規参入チームで満足なテストも実施していなく、かつ自身のマシンであるSA05がまともに走る代物ではない劣悪な状態である(詳しくは後述)ことから、フリー走行時よりトラブルが発生してクルマを止めるシーンが見られ、決勝では35周でリタイアとなった。第2戦マレーシアGPもメカニカルトラブルでリタイアした。第3戦オーストラリアGPでは初の完走(13位)を記録したが、第4戦サンマリノGPで、1周目にMF1のクリスチャン・アルバースと接触し、アルバースのマシンは横転しリタイアとなった。その接触によるダメージもあり、再びリタイアとなった。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見た浦和市

    井出 有治(いで ゆうじ、1975年1月21日 - )は、埼玉県浦和市(現さいたま市)出身のレーシングドライバー、元F1ドライバー。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たメルボルン

    さらに後に明らかになったところでは、井出がドライブしていたシャシーとモンタニーのそれとは別の物(シャシーナンバーが異なる。)で、井出が使用していたものはメルボルンの空港で観光用に展示されていた雨晒しのアロウズのマシンがベースとなっていたこと、また自分専用のドライバーズシートの製作がグランプリに間に合わず、4年前の2002年にアロウズのマシンをドライブしていたハインツ=ハラルド・フレンツェンのシートに詰め物をして乗っており、自分のドライビングポジションが取れなかったこと、ギアボックスの7速が使えずトップスピードが伸びなかったこと、サスペンションの基本設計が古いためタイヤのグリップを十分に引き出せなかったこと、当時の設計のままで空力付加物を追加していたことにより、バックミラーが視界不良であったことなどが判明している。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見た韓国

    2014年は韓国のECSTA RACINGに加入し、SUPERRACE CHAMPIONSHIP・スーパー6000クラスに参戦。ドライバーズランキング5位、チームランキング3位という結果に終わった。井出有治 フレッシュアイペディアより)

  • 井出有治

    井出有治から見たKRAFT

    本人はレーシングドライバーとしての活動継続の道を模索していたものの、結局スポンサー確保などが難航し現役復帰が難しくなったことから、2013年2月に「レーシングドライバーとしてではなく、「第二の人生として」考えていた事業を進めていく」として、「引退」という表現こそ否定したものの事実上第一線を退く考えを明らかにした。ところが同年4月にはSUPER GT・GT300クラスに参戦するBonds Racingが折目遼に代わって井出をドライバーに起用することを発表し、一転して現役復帰した。ただ復帰戦を最後にそのBonds Racingが活動を休止したため、2013年のレース参戦はこの1戦のみとなった。井出有治 フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示