前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示
  • 2005年のメジャーリーグベースボール

    2005年のメジャーリーグベースボールから見た井口資仁井口資仁

    1月25日 - 前福岡ダイエーホークスの井口資仁のメジャーリーグ・シカゴ・ホワイトソックスへの移籍が決定。2005年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た井口資仁井口資仁

    前年に行われたアトランタオリンピックの野球日本代表で大活躍した井口資仁・松中信彦がドラフトで入団。3年目の城島健司が開幕から正捕手として起用された。前年終盤からマスクをかぶりこの年正捕手になった城島は規定打席到達、3割二桁本塁打を放ち、それまで正捕手だった吉永が指名打者で3割29本塁打を放ち、小久保が打点王を獲得するが、井口がオープン戦で故障。復帰初戦初本塁打が満塁ホームランを放ち鮮烈なデビューを飾るがそのあとはプロの洗礼を浴びる。松中も金属バットから木製バットへの対応が遅れ戦力にならず、投手陣も前年の勝ち頭武田が好投しても全く勝てず、工藤以外計算できる投手が不在であった。最終的には日本ハムと同率の4位、20年連続のBクラスに終わった。連続4位以下の記録は近鉄の1950年からまでの19年連続を更新する日本プロ野球ワースト記録となった。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た井口資仁井口資仁

    先発投手陣が揃って不調に陥り、さらに開幕直後に捕手の里崎智也・橋本将・田中雅彦が同時期に故障し、前半戦は一時期最下位に沈んだ。後半戦は不調の先発陣をリリーフ陣が支え、打撃陣がチームを牽引し勝率を5割以上としたが、首位西武と4.5ゲーム、3位の日本ハムと0.5ゲーム差の4位となっている。チーム防御率はリーグ最低となった。野手陣に故障者が多く、復活を期待されていたズレータの不振や今江の骨折による長期離脱なども重なり、チーム打率は前年より上昇したものの打撃力は安定しなかった。投打がうまくかみ合わず、大量得点しても大量失点してしまうという試合が多かった。12月21日、球団はバレンタインと5年目以後の監督契約は結ばず、4年目の2009年シーズン限りとする旨を発表。オフに井口資仁を獲得。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た井口資仁井口資仁

    ''は6年ぶり4度目の開幕投手を務め、8回1失点7奪三振で勝利投手となった。しかし、またもや左肘の不調で4月11日に抹消。当初は「大事ではない。1回(先発を)飛ばすだけ。安心してください」と監督の工藤公康が述べるなど軽症を強調していたものの、結局5月22日に「肘頭骨棘切除術」を行い、長期離脱を余儀なくされたが、8月11日の広島東洋カープとの2軍戦で実戦に復帰した。8月27日に福岡ヤフオク!ドームで行われた対千葉ロッテマリーンズ戦において、井口資仁から史上51人目の1500奪三振を記録。6回2安打無失点、9奪三振の圧巻の内容で3勝目を挙げた。シーズンは8試合の登板にとどまったが、負け無しの4勝を挙げ、チームの2年振りのリーグ優勝に貢献した。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た井口資仁井口資仁

    1月20日 - フィラデルフィア・フィリーズからFAになっていた井口資仁がロッテと契約。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た井口資仁井口資仁

    4月4日 - ロッテの井口資仁が対オリックス戦でNPB史上256人目の通算1000安打2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た井口資仁井口資仁

    1回表、阪神はダイエー先発の斉藤から先頭の今岡誠が中前打を放ち、桧山進次郎が四球で続き不安定な立ち上がりを見せる斉藤を攻めたが、広澤克実が三振に倒れ先取点はならず。2回裏、ダイエーがペドロ・バルデスの四球とフリオ・ズレータの安打で先制のチャンスを迎え、村松有人のタイムリーで1点を先制する。3回裏川?宗則の内野安打と井口資仁の二塁打で追加点のチャンスを作るも、松中信彦のサードライナーの時に川崎が塁を飛び出してしまいダブルプレーで無得点。2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のメジャーリーグベースボール

    2007年のメジャーリーグベースボールから見た井口資仁井口資仁

    7月27日 - (現地時間)シカゴ・ホワイトソックスの井口資仁内野手がフィラデルフィア・フィリーズに移籍することとなり、両球団から発表された。2007年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見た井口資仁井口資仁

    日本人選手では、2004年から高津臣吾が加入し、シアトル・マリナーズのイチローやニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜らとの対決が注目された。ホワイトソックスは、高津をストッパーに起用し、高津もその期待に応えた。2005年には井口資仁が入団し、2番打者としてチームの88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。2012年から福留孝介が加入した。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • 李杜軒

    李杜軒から見た井口資仁井口資仁

    プロ入り前は背筋力230kgを活かした高校通算53本塁打、打率.525のパワフルな打撃が持ち味だった。遠投は110メートル、50メートル走のタイムは6秒3だった。ドラフト指名当時、小川一夫スカウト部長からは「ハンドワークが非常に柔らかい選手。右にも左にも打てる」「長打力や体の強さは井口資仁に匹敵する能力を持っている」と評価されていた。李杜軒 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示

「井口資仁」のニューストピックワード