前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示
  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た井口資仁井口資仁

    9月26日 - シカゴ・ホワイトソックスの井口資仁内野手が日米通算1000本安打を達成。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た井口資仁井口資仁

    、前年に行われたアトランタオリンピックの野球日本代表で大活躍した井口資仁・松中信彦がドラフトで入団。3年目の城島健司が開幕から正捕手として起用され、周囲の期待は高かった。城島は規定打席到達、3割二桁本塁打を放ち、それまで正捕手だった吉永が指名打者で3割29本塁打を放ち、小久保が打点王を獲得するが、井口がオープン戦で故障。復帰初戦初本塁打が満塁ホームランを放ち鮮烈なデビューを飾るがそのあとはプロの洗礼を浴びる。松中も金属バットから木製バットへの対応が遅れ戦力にならず、投手陣も去年の勝ち頭武田が好投しても全く勝てず、工藤以外計算できる投手不在で、投打にわたり帯に短し襷に長しとなり日本ハムと同率の4位に終わり(しかし前年度(1996年)の順位が日本ハムの2位に対しダイエーは同率最下位だったため、扱いは5位)、20年連続Bクラスでかつ4位以下。連続4位以下の記録は近鉄の1950年からまでの19年連続を更新する日本プロ野球ワースト記録となった。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見た井口資仁井口資仁

    1月20日 - メジャーリーグ・フィリーズからFAになっていた井口資仁がロッテと契約。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 根本陸夫

    根本陸夫から見た井口資仁井口資仁

    ダイエー在任期間、吉武真太郎・小久保裕紀・渡辺秀一・城島健司・藤井将雄・斉藤和巳・佐久本昌広・井口忠仁・松中信彦・柴原洋・倉野信次・永井智浩・篠原貴行・星野順治などをドラフトで獲得し、ダイエー初優勝および現在に至る地元人気の土台を築いた。また、松永浩美・廣田浩章・武田一浩・田村藤夫・長冨浩志・西村龍次・山崎慎太郎など他球団で活躍したベテラン選手を補強している。また、西武時代同様ケビン・ライマー、ケビン・ミッチェルなどの現役大リーガー選手の獲得に尽力した。根本陸夫 フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・ホワイトソックス

    シカゴ・ホワイトソックスから見た井口資仁井口資仁

    日本人選手では、2004年から高津臣吾が加入し、シアトル・マリナーズのイチローやニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜らとの対決が注目された。ホワイトソックスは、高津をストッパーに起用し、高津もその期待に応えた。2005年には井口資仁が入団し、2番打者としてチームの88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。2012年から福留孝介が加入した。シカゴ・ホワイトソックス フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た井口資仁井口資仁

    7月27日 - (現地時間)ホワイトソックスの井口資仁内野手がフィリーズに移籍することとなり、両球団から発表された。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た井口資仁井口資仁

    在籍しているNPB球団に自ら頼んで自由契約の公示をしてもらうか(斎藤隆、大家友和、井口資仁)、NPB球団に契約を更新されずに(いわゆる戦力外通告・解雇)自由契約の公示をしてもらい(野村貴仁、桑田真澄)、MLB球団と交渉したり、トライアウトを受けるなどしてメジャー球団との契約を目指すという方法がある。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 國學院大學久我山中学高等学校

    國學院大學久我山中学高等学校から見た井口資仁井口資仁

    元メジャーリーガーで、千葉ロッテマリーンズの井口資仁などを輩出している。國學院大學久我山中学高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 松中信彦

    松中信彦から見た井口資仁井口資仁

    、打率.334(リーグ3位)、36本塁打(リーグ7位)、122打点(リーグ5位)と打撃3部門全てで自己最高の成績を記録。タイトルこそ獲得できなかったものの、圧倒的な存在感を示した。この年は松中に加え小久保が44本(リーグ4位)、城島健司が31本(リーグ9位)、井口資仁が30本(リーグ12位)放ち、パ・リーグ史上初の30本カルテットを達成(日本人打者のみの30本カルテットはプロ野球史上初)し、チーム本塁打も203本とチーム記録を更新。松中信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本シリーズ

    2003年の日本シリーズから見た井口資仁井口資仁

    1回表、阪神はダイエー先発の斉藤から先頭の今岡誠が中前打を放ち、桧山進次郎が四球で続き不安定な立ち上がりを見せる斉藤を攻めたが、広澤克実が三振に倒れ先取点はならず。2回裏、ダイエーがペドロ・バルデスの四球とフリオ・ズレータの安打で先制のチャンスを迎え、村松有人のタイムリーで1点を先制する。3回裏川?宗則の内野安打と井口資仁の二塁打で追加点のチャンスを作るも、松中信彦のサードライナーの時に川崎が塁を飛び出してしまいダブルプレーで無得点。2003年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示

「井口資仁」のニューストピックワード