2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示
  • クレイグ・ブラゼル

    クレイグ・ブラゼルから見た井口資仁井口資仁

    8月以降の急降下によって最終的に.234となった打率が再契約の最大の障害であったとされているが、1年目にして27本塁打を記録しており、当時千葉ロッテマリーンズの監督だったボビー・バレンタインからは、シーズン中から「外国人3人(フリオ・ズレータ、ベニー・アグバヤニ、ホセ・オーティズ)を足しても、本塁打数がブラゼルに及ばない」と高く評価され、オフにロッテが獲得に興味を示したが、井口資仁が入団したことで実現には至らなかった。クレイグ・ブラゼル フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ジンター

    アラン・ジンターから見た井口資仁井口資仁

    5月14日のオリックス戦で日本プロ野球史上6人目の「初試合満塁本塁打」を打つ(他には駒田徳広や井口資仁などが記録)など来日当初はそこそこに打っており一時期は4番も打っていたが、日本の投手に慣れられるには時間はかからなかった。なぜか日本ハム戦には強く、7月初めの3連戦では3試合とも本塁打を打っているが、全体としてはジリジリと打率は下がっていき、2割割れが近付いてきた8月中旬に2軍に落ちると、そのまま1軍に上がることなく解雇された。アラン・ジンター フレッシュアイペディアより)

  • 村田修一

    村田修一から見た井口資仁井口資仁

    日本大学経済学部進学後、「投手としては松坂(大輔)には勝てない」と考え野手へ転向した。大野隆治(元福岡ソフトバンクホークス)とは高校・大学ともに同僚で、特に高校時代はバッテリーを組んでいた。大学時代は3年秋に、井口資仁と並ぶ1シーズン8本塁打を記録し、通算20本塁打(歴代2位タイ)を放つなど、東都大学リーグ屈指の強打者だった。リーグ通算104試合出場、打率.275・20本塁打・70打点、ベストナイン4回。村田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た井口資仁井口資仁

    井口資仁の入団で出番が減少し、井口や西岡の負傷離脱時も結果を残すことが出来ず打率.174に終わり、西岡離脱の穴を埋めた早坂圭介やこの年初めて3割を記録した塀内久雄に多少遅れをとってしまった。守備面でもイップスを発症し安定した送球ができなくなり、克服のための苦難が始まった。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見た井口資仁井口資仁

    東農大第二高から東都の青山学院大学に進学。大学では同期の井口忠仁、澤崎俊和、倉野信次、1学年下の高須洋介らと共に黄金時代を築く。ベストナイン受賞2回。清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • ティモニエル・ペレス

    ティモニエル・ペレスから見た井口資仁井口資仁

    日本球界復帰の可能性について、「広島に戻るならコーチで。あそこの練習はしんど過ぎるから」と笑わせる。広島時代の同僚フェリックス・ペルドモ同様日本語が得意で、メジャー入り後の日本のテレビのインタビューにも、なかなか流暢な日本語を話していた。新庄剛志や井口資仁とチームメートだったときは、日本語で「元気?」「ぼちぼちやな」などと会話することもあったという。ティモニエル・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • 金森栄治

    金森栄治から見た井口資仁井口資仁

    ダイエーのスコアラーとしてはフリオ・ズレータを発掘。スコアラーという肩書きではあったが、王貞治監督から打撃補佐的な役割を依頼され、金森はしばしばグラウンドに出ては選手の練習を手伝った。2003年春季キャンプでは、城島健司や井口資仁にアドバイスすることも多く、その後2人の打撃開眼に大きな役割を果たした。なお、城島とはその後も強い師弟関係で結ばれ、城島が出場した日米野球や佐世保自主トレなどにも金森は必ず姿を見せている。岡田については自著で「すこぶるつきの好人物」と評する。金森栄治 フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオンリング

    チャンピオンリングから見た井口資仁井口資仁

    日本人選手では1998年ニューヨーク・ヤンキースに所属していたときに伊良部秀輝が獲得したのが初めてである。伊良部は翌1999年にも獲得しているが98年、99年ともに出場機会はなし。2005年のワールドシリーズを制覇したシカゴ・ホワイトソックスの井口資仁、高津臣吾も獲得している。2006年にはセントルイス・カージナルス所属の田口壮、2007年にはボストン・レッドソックス所属の松坂大輔、岡島秀樹も獲得。2008年には田口壮が、所属するフィラデルフィア・フィリーズのワールドシリーズ制覇により自身2個目のチャンピオンリングを獲得した。2009年にはニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜が獲得、この時日本人初のワールドシリーズMVPも同時に獲得している。このうち松坂は2009年4月現在後述のWBCと両方のチャンピオンリングを持つ唯一の選手でもある。チャンピオンリング フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た井口資仁井口資仁

    実況:吉田伸男(CX)、解説:高木豊(CX)・池田親興(TNC)、ゲスト解説:井口資仁(千葉ロッテマリーンズ)リポーター:田久保尚英(TNC、ソフトバンクサイド)・森脇淳(THK、中日サイド、監督・ヒーローインタビュー兼務)2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 松井稼頭央

    松井稼頭央から見た井口忠仁井口資仁

    1997年の『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦』に出演。膝の怪我をしていた高木大成の代役での出場だった。DASH、SHOT-GUN-TOUCHといったスピード系の種目でNo.1を獲得し、総合でもNo.1を獲得。SHOT-GUN-TOUCHでは、当時世界新記録となる12m70cmを成功させ、その後12m80cm、12m90cm、更に13m00cmも成功させ、史上初の13m台の成功者となった。1998年大会では再びDASHでNo.1となり、総合では3位となる。1999年大会ではBEACH FLAGSでNo.1に輝く。POWER FORCEでは1998年のJリーグMVPに輝いた中山雅史とのMVP対決が実現し、見事に勝利した。その後決勝まで進出するが、高田延彦に敗れ、2位に終わる。その他THIRTY3位に輝くなどの活躍をみせ、残り2種目残して暫定1位であったが、残り2種目欠場し、総合8位に終わる(計4種目欠場)。2000年大会ではWORK OUT GUYS(総合ポイントには加算されないSP競技)ではケイン・コスギと同組になり、丸太切りで僅かにケインに出遅れるもトラック引き前には僅かにリード。しかしトラックのロープを身にかけるのにやや時間を要し、最終的にケインに後れを取った。タイムは暫定1位だった井口忠仁のタイムを上回り、ケインに次ぐ暫定2位の好タイムだった。最終的にフランシスコ・フィリォ、ケイン、ニコラス・ペタスに次ぐ第4位のタイムだった。WORK OUT GUYS以外では最終2種目のみの出場となったため、総合No.1争いには絡まなかったものの、前回参加しなかったパワー系種目、THE GALLON THROWで当時歴代2位となる6m00cmを記録し、No.1に輝いた。2001年以降は出場していない。松井稼頭央 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示

「井口資仁」のニューストピックワード