147件中 91 - 100件表示
  • 今岡誠

    今岡誠から見た井口資仁井口資仁

    2017年10月31日に、千葉ロッテマリーンズへ二軍監督として復帰することが球団オフィシャルサイトで発表された。この年からロッテの監督に就任した井口資仁(今岡とは同学年で、かつてロッテで3年間チームメイトだった他、東都大学リーグやアトランタオリンピック(先述)で共にプレーした経験を持つ)の意向によるもので、今岡はオフィシャルサイト内で、「井口監督の方針の下、チームの力になれるよう精一杯、頑張ります。今岡誠 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の福岡ダイエーホークス

    1999年の福岡ダイエーホークスから見た井口資仁井口資仁

    4月11日の近鉄戦(大阪ドーム)から4連敗し4勝7敗の借金3となるが、これが同シーズン最多の借金となり、逆に4月16日のオリックス戦(グリーンスタジアム神戸)から4連勝、特に4連勝目となる4月21日の近鉄戦(福岡ドーム)では、延長10回裏、井口資仁のサヨナラヒットで勝利、このシーズン、ホークスは実に12試合ものサヨナラゲームを記録(リーグタイ記録)するが、これがシーズン最初のサヨナラゲームとなる。1999年の福岡ダイエーホークス フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た井口資仁井口資仁

    ''には、ウエスタン・リーグ公式戦で打率.367をマーク。最終規定打席をわずかに下回ったが、リーグの規定によって首位打者と認定された。9月には、正二塁手・井口資仁の戦線離脱に伴って、二塁手として一軍公式戦に出場。シーズン終了後に開催の第15回IBAFインターコンチネンタルカップにも、日本代表のメンバーとして出場した。川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • ティモ・ペレス

    ティモ・ペレスから見た井口資仁井口資仁

    日本球界復帰の可能性について、「広島に戻るならコーチで。あそこの練習はしんど過ぎるから」と笑わせる。広島時代の同僚フェリックス・ペルドモ同様日本語が得意で、メジャー入り後の日本のテレビのインタビューにも、なかなか流暢な日本語を話していた。新庄剛志や井口資仁とチームメートだったときは、日本語で「元気?」「ぼちぼちやな」などと会話することもあったという。また、田口壮の書籍にも外国人の姿をした日本人「ぺれすさん」として紹介されており、書籍でも数回登場している。ティモ・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • 大石達也 (野球)

    大石達也 (野球)から見た井口資仁井口資仁

    は涌井秀章の先発復帰もあって抑えに回るも序盤から不安定な投球が続き、代わって広島から移籍したデニス・サファテが抑えに定着、以降は主に敗戦処理での登板が主となった。シーズン終盤では再び抑えを務めるが不調が続き、涌井にその座を譲る事となった。また、8月22日のロッテ戦では、3回裏に井口資仁、鈴木大地に1イニング2本の満塁本塁打を浴びている(史上4人目。ただし、1本目は登板前に小石博孝が満塁にしていた走者を帰したものであるため、失点・自責点ともに5)。大石達也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た井口資仁井口資仁

    井口資仁の入団で出番が減少し、井口や西岡の負傷離脱時も結果を残すことが出来ず打率.174に終わり、西岡離脱の穴を埋めた早坂圭介やこの年初めて3割を記録した塀内久雄に多少遅れをとってしまった。守備面でもイップスを発症し安定した送球ができなくなり、克服のための苦難が始まった。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 高須洋介

    高須洋介から見た井口資仁井口資仁

    その後青山学院大学に進学。1年次から二塁手でレギュラー。3年間、1学年上の井口忠仁と二遊間を組む。井口卒業後は遊撃手、三塁手も務める。井口の他、1学年上には、澤崎俊和、清水将海、倉野信次らがおり、各大会で優勝を収め黄金時代を築いた。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • ごちそうライフ

    ごちそうライフから見た井口資仁井口資仁

    2013年1月5日放送:おせち料理の余った食材でカレーうどんを作った。この回のみ、ゲストとしてチバテレの地元千葉県を本拠地とする千葉ロッテマリーンズの井口資仁を迎えた。ごちそうライフ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た井口資仁井口資仁

    1996年はアトランタオリンピックが行われた年で、井口忠仁、今岡誠、谷佳知、松中信彦ら銀メダルに貢献したメンバーが上位で指名された。他にも小笠原道大、和田一浩、岩村明憲、森野将彦、小坂誠、柴原洋、礒部公一など後にチームの主力打者に成長するメンバーが指名され、特に打者の人材は当たり年のドラフト会議であった。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • 中野栄一

    中野栄一から見た井口資仁井口資仁

    大学当時、井口忠仁(現・資仁)、澤崎俊和、清水将海らを擁する青山学院大学に勝利し、大学選手権に出場。東都大学1部リーグ通算60試合出場、203打数49安打、打率.241、4本塁打、28打点。ベストナイン1回。2部リーグ通算12試合出場、41打数18安打、打率.439、4本塁打、19打点。1996年、中日ドラゴンズよりドラフト4位で指名される。中野栄一 フレッシュアイペディアより)

147件中 91 - 100件表示

「井口資仁」のニューストピックワード