147件中 11 - 20件表示
  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た井口資仁井口資仁

    臼杵高校を経て明治大学に入学。明大野球部時代は「3番・遊撃手」として活躍し、の第20回日米大学野球選手権大会、の第22回日米大学野球選手権大会おいては小久保裕紀や井口資仁らとともに全日本メンバーにも選ばれる。リーグ通算67試合出場、248打数68安打、打率.274、8本塁打、31打点。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 根本陸夫

    根本陸夫から見た井口資仁井口資仁

    ダイエー在任期間、吉武真太郎・小久保裕紀・渡辺秀一・城島健司・藤井将雄・斉藤和巳・佐久本昌広・井口忠仁・松中信彦・柴原洋・倉野信次・永井智浩・篠原貴行・星野順治などをドラフトで獲得し、ダイエー初優勝および現在に至る地元人気の土台を築いた。また、松永浩美・廣田浩章・武田一浩・田村藤夫・長冨浩志・西村龍次・山崎慎太郎など他球団で活躍したベテラン選手を補強している。また、西武時代同様ケビン・ライマー、根本陸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 金森栄治

    金森栄治から見た井口資仁井口資仁

    2015年春からは、大学生時代に教職課程を履修していたため同校の教員として保健体育の実技と授業を受け持っている 。2017年春、任期満了に伴い退任、4月より秋田のノースアジア大学野球部コーチに就任した。井口資仁が監督を務めるロッテの一軍打撃コーチに復活した。金森栄治 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見た井口資仁井口資仁

    在籍しているNPB球団に自ら頼んで自由契約の公示をしてもらうか(斎藤隆、大家友和、井口資仁)、NPB球団に契約を更新されずに(いわゆる戦力外通告・解雇)自由契約公示され(野村貴仁、桑田真澄、村田透)、MLB球団と交渉したり、トライアウトを受けるなどしてメジャー球団との契約を目指すという方法がある。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木大地 (野球)

    鈴木大地 (野球)から見た井口資仁井口資仁

    、4月18日の対北海道日本ハムファイターズ戦、19日および20日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、パ・リーグタイ記録の3試合連続の適時三塁打を放ち、プロ入り初のお立ち台にも上った。またこの3づくしの記録を記念して本拠地QVCマリンフィールド内の売店において、3種類の味噌、3枚のチャーシューと3枚の海苔を添えた「大地の恵み味噌ラーメン」、「大地カクテル」が発売され。開幕から26試合に出場し失策ゼロと安定した守備をみせ、4月25日の対西武ライオンズ戦からはポジションを二塁手から遊撃手に変更し(遊撃手だった根元俊一を二塁手へ、二塁手の井口資仁を一塁手へそれぞれコンバート)、その後は内野の要として遊撃手に定着。5月28日の対福岡ソフトバンクホークス戦では、プロ入り初の中継ぎ登板で2イニングを無失点に抑えていた藤岡貴裕を援護する勝ち越し適時三塁打を打ち、「東洋大の同級生藤岡がいい投球をしていたので、自分だけ何もしない訳にはいかないです。いいヒットが打てました」と喜んだ。交流戦までは打率3割以上をマークし好調だった前半から一転、7月には35打席連続無安打という大不振も経験した。前半の活躍が認められ監督推薦枠でオールスターゲームに選出された。第2戦で9番セカンドで先発出場すると、第一打席で小川泰弘から左中間に二塁打を打ち初安打を記録した。鈴木大地 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 柴原洋

    柴原洋から見た井口資仁井口資仁

    また、2012年3月4日、オープン戦後に引退セレモニーを実施。かつてのチームメイトである鳥越裕介コーチやロッテの井口資仁も加え最後の打席に立った。結果は井口の逸脱でランニングホームラン。最後に「このユニフォームを着れるようにしっかり勉強して帰ってきたいと思います」と締めくくった。柴原洋 フレッシュアイペディアより)

  • 野球の背番号

    野球の背番号から見た井口資仁井口資仁

    2017年9月24日 井口資仁の引退登板となるロッテ-日本ハム戦において、千葉ロッテマリーンズの全選手が井口の背番号である6を付けて試合を行った野球の背番号 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た井口資仁井口資仁

    、2年ぶりに4番に入るなど、シーズン序盤は一塁手でスタメン出場することもあったが、井口資仁の一塁へのコンバートや、G.G.佐藤、クレイグ・ブラゼルの加入により、前年を下回る78試合の出場にとどまった。本塁打は0本、打率・打点も前年を下回ったが、9月は月間打率.429と好調で、9月30日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、球団最多11度目のサヨナラ打となる犠飛を放ち試合を決めた。また、8月2日の対オリックス・バファローズ戦で放った安打で通算1828安打となり、堀幸一の安打数を抜いて球団歴代3位となった。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年の千葉ロッテマリーンズ

    2018年の千葉ロッテマリーンズから見た井口資仁井口資仁

    この年の千葉ロッテマリーンズは、井口資仁監督の1年目のシーズンである。2018年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本プロ野球

    2017年の日本プロ野球から見た井口資仁井口資仁

    千葉ロッテマリーンズの井口資仁が通算250本塁打、史上60人目。2017年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

147件中 11 - 20件表示

「井口資仁」のニューストピックワード