104件中 21 - 30件表示
  • 五十嵐章人

    五十嵐章人から見た井口資仁井口資仁

    に金銭トレードで大阪近鉄バファローズに移籍。同年4月21日の対福岡ダイエーホークス戦に8番・二塁手として先発出場。星野順治から右中間に1号ツーラン本塁打を放ち、プロ野球史上6人目の全打順本塁打を達成した。なお、五十嵐はわずか通算26本塁打で記録を達成しているが、これは全打順本塁打を記録した選手で最少である(次に少ないのは後藤光尊の72本(2011年記録達成時点)で、それ以外の7人(古屋英夫、松永浩美、田中幸雄、堀幸一、小川博文、井口資仁、吉村裕基)は100本塁打以上を達成している)。また、これが五十嵐の現役生活において最後の本塁打となった。五十嵐章人 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田聖人

    柳田聖人から見た井口資仁井口資仁

    、遊撃手には鳥越、二塁には井口忠仁が定着したため一軍出場はなく、球団から戦力外通告を受け、同年限りで現役引退。柳田聖人 フレッシュアイペディアより)

  • ハワイ・ウィンターリーグ

    ハワイ・ウィンターリーグから見た井口資仁井口資仁

    かつて、1993?97年にかけて「ハワイアン・ウィンターリーグ」として開催されたことがある。これは日本、アメリカ、韓国の3カ国のプロ野球組織が連携して11?1月にかけて4チームが参加してリーグ戦を開催した。日本からは鈴木一朗(後のイチロー)、新庄剛志、桧山進次郎、井口資仁、城島健司、アメリカからはジェイソン・ジアンビ、デレク・リーらが参戦し、のちに日本球界・アメリカ球界の中心選手として活躍するきっかけを掴んだ。1998年度以後は財政上の理由で休止されていた。ハワイ・ウィンターリーグ フレッシュアイペディアより)

  • アトランタオリンピック野球日本代表

    アトランタオリンピック野球日本代表から見た井口資仁井口資仁

    日本代表チームからは松中信彦、谷佳知、福留孝介、今岡誠、井口忠仁らの選手がプロ入りしている。アトランタオリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • ホルベルト・カブレラ

    ホルベルト・カブレラから見た井口資仁井口資仁

    2005年には福岡ソフトバンクホークスに入団。井口資仁が退団し、二塁を守れる選手の獲得が急務となっていたソフトバンクだが、昨季わずか6失策のカブレラに期待を寄せていた。しかし、送球にやや難があるためや打撃への専念などでシーズン途中からほとんど外野手での出場だった。シーズンを通してコンスタントに成績を残し、3割近い打率をマーク。また、米大リーグでのポストシーズン出場の経験を生かし、シーズンでは8本塁打ながらプレーオフでは2本塁打を放つ活躍をした。ホルベルト・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・バーリー

    マーク・バーリーから見た井口資仁井口資仁

    球速は遅いものの、多彩な変化球を低めに集めて打たせて取る、典型的な技巧派左腕。バーリーの投球について、元チームメイトの井口資仁は「バーリーの時は、しっかり打たれたゴロじゃなくて、打ち損じた打球がよく飛んでくる気がする」と語っている。持ち球は、85 - 89mph(約136.8 - 143.2km/h)の沈む速球に、打者の手元で鋭く曲がるスライダー、大きく曲がるカーブ、それにチェンジアップなど。制球が良いため「("精密機械" と呼ばれる制球を武器に通算300勝を挙げた)グレッグ・マダックスに最も近い投手」と呼ばれることもある。イチローは「左バッターのアウトコースいっぱいのところへボール1個分のコントロールができる」と評価している。マーク・バーリー フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ポドセドニック

    スコット・ポドセドニックから見た井口資仁井口資仁

    その年のオフ、リード・オフ・マンの候補を探していたホワイトソックスにカルロス・リー外野手との交換トレードで移籍。は1番打者として同じく新加入した2番打者の井口資仁とともにオジー・ギーエン監督の目指す機動力野球の重要なキーマンとなった。スコット・ポドセドニック フレッシュアイペディアより)

  • 寺村輝夫

    寺村輝夫から見た井口資仁井口資仁

    1972年に次男が友達や近所の大人とソフトボールチームを作ったが、寺村や長男も参加、寺村は監督も務める。ただし勝つためのチームではなかったため、弱かったとのこと。このチームには井口資仁が所属していたことがあり、寺村は生前「井口君は俺が育てた」と語っていた。日常だけで書かれた、寺村にしては珍しい作品『ミリ子は負けない』『ミリ子は泣かない』のテーマになっている野球チームは、この時の体験から来たとされる。寺村輝夫 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハード打線

    ダイハード打線から見た井口資仁井口資仁

    2003年シーズン直前、長年4番を務めていた小久保裕紀が右膝靭帯を断裂し、全治1年の大怪我で離脱をしたことが思わぬ効果を呼ぶ。5番を打っていた松中信彦が4番となり、走力を備えた井口資仁がその前を打ち、城島健司が5番、2番を打っていた中距離打者ペドロ・バルデスが6番に下がる事で理想的なジグザグ打線が完成する。村松有人と川?宗則が1、2番に固定され、3番井口と共にいずれも30盗塁(村松が32盗塁、川崎が30盗塁、井口が42盗塁)を達成しパ・リーグの上位を独占するなど、理想的な上位打線が出来上がる。その結果3?6番の井口、松中、城島、バルデスは揃って100打点以上を記録し、プロ野球史上初の100打点カルテットを形成。この4人に加えて村松と柴原洋が打率3割を超えたことで、プロ野球史上初めて一チームから6人の3割打者を出した。ダイハード打線 フレッシュアイペディアより)

  • 浜名千広

    浜名千広から見た井口資仁井口資仁

    1997年、「20世紀最後の大型内野手」と呼ばれた井口忠仁が入団。浜名は二塁手にコンバートされ、柳田聖人らとの併用で内野陣を支えた。1999年には選手会長に就任し、ダイエー初のリーグ優勝・日本シリーズ制覇に貢献した。しかし以降は持病のヘルニアのためにポジションを鳥越裕介に譲り、長らく二軍生活が続いた。浜名千広 フレッシュアイペディアより)

104件中 21 - 30件表示

「井口資仁」のニューストピックワード