147件中 21 - 30件表示
  • 井口忠仁

    井口忠仁から見た井口資仁井口資仁

    井口忠仁 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球列伝 レジェンドナイン

    プロ野球列伝 レジェンドナインから見た井口資仁井口資仁

    一方で2009年はNPBでプレーした井口資仁・福盛和男などについては、アップデートでNPB在籍時代の各年度のカードが追加実装された。ホセ・オーティズ(2008年ロッテ退団、2009年途中ソフトバンク入団)などの場合はロッテ退団のため取引制限の対象になったものの、NPB復帰にともない制限が解除された。プロ野球列伝 レジェンドナイン フレッシュアイペディアより)

  • ハワイ・ウィンターリーグ

    ハワイ・ウィンターリーグから見た井口資仁井口資仁

    かつて、1993?97年にかけて「ハワイアン・ウィンターリーグ」として開催されたことがある。これは日本、アメリカ、韓国の3カ国のプロ野球組織が連携して11?1月にかけて4チームが参加してリーグ戦を開催した。日本からは鈴木一朗(後のイチロー)、新庄剛志、桧山進次郎、井口資仁、城島健司、アメリカからはジェイソン・ジアンビ、デレク・リーらが参戦し、のちに日本球界・アメリカ球界の中心選手として活躍するきっかけを掴んだ。1998年度以後は財政上の理由で休止されていた。ハワイ・ウィンターリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 第34回IBAFワールドカップ日本代表

    第34回IBAFワールドカップ日本代表から見た井口資仁井口資仁

    前年のシドニーオリンピック野球日本代表からプロ野球選手も代表入りするようになり、かつ今大会はペナントレース終了後であったことから、各球団から主に若手選手1名を供出することで比較的にスムーズに各球団の了承が得られた。さらに後藤監督は国際試合の経験が豊富なプロ選手として読売ジャイアンツから高橋由伸と福岡ダイエーホークスから井口資仁をも選出した。また、特筆すべきは歴代の日本代表チームとして史上初めて現役高校生の寺原隼人が選出された。第34回IBAFワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・ファーザー イエローリボン賞

    ベスト・ファーザー イエローリボン賞から見た井口資仁井口資仁

    西川一誠、小野寺正、鎌田實、つるの剛士、宮崎大輔、チャールズ・ベスフォード(特別賞)、野村克也、工藤公康、川相昌弘、石井一久、金子誠、加藤大輔、井口資仁、杉内俊哉、桧山進次郎、石川雅規、栗原健太、アレックス・ラミレス(プロ野球部門)ベスト・ファーザー イエローリボン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 前里史朗

    前里史朗から見た井口資仁井口資仁

    2010年、千葉ロッテマリーンズ二軍ブルペンコーチに就任。プロ野球球団には所属していたが、プロ野球選手経験なしでのコーチ就任は珍しい。井口資仁は大学時代の1年先輩にあたる。前里史朗 フレッシュアイペディアより)

  • ペドロ・バルデス

    ペドロ・バルデスから見た井口資仁井口資仁

    には打撃3部門全てで自己最高の成績をマークし、チームの日本一に貢献。3番井口資仁、4番松中信彦、5番城島健司と100打点カルテットを組んだ。ペドロ・バルデス フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ魂

    スポーツ魂から見た井口資仁井口資仁

    千葉マリンスタジアムでフェンスに激突し、大怪我を負いながらもボールを離さなかったプレー。この年は伊集院と川崎の他に井口資仁(当時シカゴ・ホワイトソックス)と水上善雄(当時テレビ東京解説者)が大賞の選考に参加した。スポーツ魂 フレッシュアイペディアより)

  • 押本健彦

    押本健彦から見た井口資仁井口資仁

    初奪三振:同上、4回裏に井口資仁から見逃し三振押本健彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の福岡ダイエーホークス

    2003年の福岡ダイエーホークスから見た井口資仁井口資仁

    4月6日 - 井口資仁がNPB史上225人目の通算100本塁打2003年の福岡ダイエーホークス フレッシュアイペディアより)

147件中 21 - 30件表示

「井口資仁」のニューストピックワード