104件中 31 - 40件表示
  • 大田卓司

    大田卓司から見た井口資仁井口資仁

    1990年〜1995年は福岡ダイエーホークス打撃コーチを6年間務め、小久保裕紀らを育てた。1996年からは、数年間同球団の編成部に所属。スカウトとして井口資仁、松中信彦らの入団に尽力した。その後、西日本スポーツ評論家、中華職業棒球聯盟、La・New高熊の監督を務めた後は再び西日本スポーツ評論家を務めた。2007年は韓国プロ野球・SKワイバーンズの打撃コーチ、2008年は東京ヤクルトスワローズの一軍打撃コーチに就任したが、首痛を患い4月20日より土橋勝征二軍打撃コーチと入れ替わって二軍の担当となった。2009年からそのまま二軍打撃コーチに就任。2010年5月17日に一軍の打撃不振解消のため、一軍担当に昇格することを要請されたが、体調不良を理由に固辞した(その後一軍には5月23日に伊勢孝夫打撃アドバイザーが加入、8月1日から一二軍巡回打撃コーチに正式就任)。同年退団。大田卓司 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回IBAFワールドカップ日本代表

    第34回IBAFワールドカップ日本代表から見た井口資仁井口資仁

    前年のシドニーオリンピック野球日本代表からプロ野球選手も代表入りするようになり、かつ今大会はペナントレース終了後であったことから、各球団から主に若手選手1名を供出することで比較的にスムーズに各球団の了承が得られた。さらに後藤監督は国際試合の経験が豊富なプロ選手として高橋由伸と井口資仁をも選出した。また、特筆すべきは歴代の日本代表チームとして史上初めて現役高校生の寺原隼人が選出された。第34回IBAFワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ウリーベ

    フアン・ウリーベから見た井口資仁井口資仁

    は、前年オフに右腕エース、ジョン・ガーランドとのトレードで、メジャー屈指の好守の遊撃手であるオーランド・カブレラが加入。その煽りを受け、前年の井口資仁の放出以来、空席となっていた二塁手へコンバートされた。しかし、開幕から不振に陥ったのと故障、またアレクセイ・ラミレスの台頭もあり、内野のユーティリティへと格下げとなった。だが、後半戦からは、故障したジョー・クリーディの代わりに三塁を守るなど、一塁以外の内野をこなしてチームに貢献した。フアン・ウリーベ フレッシュアイペディアより)

  • 三好匠

    三好匠から見た井口資仁井口資仁

    高校時代は140キロ台の速球と右打者にはスライダー、左打者にはチェンジアップを有効に使ったコンビネーションを武器に投手として活躍したが、甲子園で本塁打を放ったように当時から野手としての評価は高く、高校通算打率.354、23本塁打の左右に打ち分けるバッティング技術と、50メートル5.8秒の俊足を誇る。理想のバッターとして、井口資仁のような右方向に長打を打てるバッターを挙げている三好匠 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉勢敏弘

    嘉勢敏弘から見た井口資仁井口資仁

    に初の一軍昇格。入団3年目の、春季キャンプの紅白戦で仰木彬監督から登板を命じられ、イチロー、大島公一、トロイ・ニールらを打ちとる。このことがきっかけとなり、外野手兼投手の二刀流に挑戦することになる。対外試合での初登板は3月3日のダイエー・ホークスとのオープン戦。9回2死で外野から走ってマウンドに上がり、井口資仁を抑えた。シーズン開幕後も外野手登録のまま2試合に登板。初登板の日本ハムファイターズで現役晩年の落合博満に本塁打を打たれたが、落合は「野手から打っても全然うれしくないよ」とコメントした。、は投手としての出場はなく、に外野手登録のまま再び登板しプロ初勝利を挙げると、シーズン終了まで投手に専念した。、投手に登録を変更し、左の中継ぎとしてリーグ最多の70試合に登板。は1試合の登板にとどまり、同年オフに戦力外通告を受けて現役引退。嘉勢敏弘 フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球8

    実況パワフルプロ野球8から見た井口資仁井口資仁

    福岡ダイエーホークスのシナリオで、秋山幸二が三塁に、井口資仁が一塁にいる。秋山は打順が6番で、井口が3番。なのでどちらかが誤りだと思われる。実況パワフルプロ野球8 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のスポーツ

    1974年のスポーツから見た井口資仁井口資仁

    12月4日 - 井口資仁(東京都、野球)1974年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木章仁

    鈴木章仁から見た井口忠仁井口資仁

    法政大学へ進学し1995年(大学3年時)に大学選手権優勝。第24回日米大学野球選手権大会日本代表に選抜され、その後ユニバーシアード福岡大会日本代表で銅メダル獲得。この年の大学日本代表メンバーには、井口忠仁、今岡誠がいた。1996年度(大学4年)には主将をつとめる。鈴木章仁 フレッシュアイペディアより)

  • 高木大成

    高木大成から見た井口資仁井口資仁

    両親が福岡県出身で、西鉄ライオンズを引き継いだ西武ライオンズの本拠地西武球場に高木をよく連れて行っていたことからファンとなる。小学2年からリトルリーグで野球を始め、この頃から東京六大学でプレーすることを考えていた。リトルリーグでは投手と捕手を務めていたが、捕手として試合を組み立てることに面白さを感じていたという。桐蔭学園高校では厳しい指導を受けた土屋恵三郎監督から「自分が出会った中で一番の捕手」、横浜商業高校の古屋文雄監督からは「神奈川ナンバー1捕手」との評価を得ていた。2年時には、1学年下の国学院久我山の井口忠仁からライバル視されており、関東を代表するスラッガーに成長していた。なお、3年時のチームメイトには、2年生に左翼手の副島孔太、1年生に右翼手の高橋由伸がいた。高木大成 フレッシュアイペディアより)

  • 石川晃

    石川晃から見た井口資仁井口資仁

    その後は福岡ダイエーホークスのスカウトに転身。根本陸夫管理部長の信任が厚く、小久保裕紀・松中信彦・井口資仁ら、アマチュアの大物選手の獲得に敏腕ぶりを発揮した。石川晃 フレッシュアイペディアより)

104件中 31 - 40件表示

「井口資仁」のニューストピックワード